"あのころ"のみずみずしさよ再び! 頰染まる、絶妙血色チーク

2018年4月8日
ハラチノさんが「昔の顔に近づいてる!」と言われたのはこちらのアイテムのおかげでした♪

コスメデコルテ

クリーム ブラッシュ

夜の地下鉄の窓とか、残業明けのトイレの鏡とか、飲みすぎた翌朝の洗面所の鏡とか。それを見ることによって「あなた、老けましたね……」という非情な悲報を突きつけてくる"罪なアイテム"、って、40年も生きていると多々出てきますよね。

で、その中でも最も強い破壊力をもって自分の"経年変化"を自覚させられてしまうものといえば「過去の自分の写真」だと思うんですよ。お顔の中にある構成要素は同じなのに、何かが少しだけ、でも明らかに今と違う……ということに気づく時のあのしょぼーんな感じ。ああ、なんてしょっぱい。

なんで、できれば過去の写真は極力見ずに生きていきたいと思っているんですけど、こないだ久しぶりに某SNSを開いたら、トップ画面に「2年前のあなたはこんなでした!」とかいう写真がでーんと表示されていたんですよ! お友だちのお誕生会で撮った集合写真を誰かが過去に投稿したものみたいだったんですけど、その中の私ときたら、ほっぺをピカピカさせてものすごく楽しそうに笑っていて。たった2年前だというのに、このフレッシュな印象は何!? ああ、あのころに戻りたい、と、泣きながら写真をビリビリ破りたくなったのですが、電子画面なのでそれもできず、キー!……というようなことを、先日、友人との集まりにて、くだんの写真を披露しながら訴えてみたら、「この歳になるとみんなあるある、そういうことある!」と大変に盛り上がり。

このせつない気持ちは私だけではなかったのね、となんとなくの安心感をいただいたところで、話は変わり、最近とても気に入っているこちらのチークを皆さんにご紹介するという運びに。「こうやって指でチョンチョン、だけでちょうどよくつくんだよ」と実演したところ、「やだ! さっきの昔の写真に顔、近づいてるわ! その血色だね! やっぱ血色チークだよ! 若さのモト!」と友人のひとりが。頰を染めるように色づけるこのチークのおかげで、お顔に生まれた自然な血色が、"あのころ"のようなみずみずしさを呼び込んでくれたようです。キヒヒ、うれしいナ! 血色状に上手にチークをつけるのって実は案外むずかしいけれど、"指でチョンチョン"だけで失敗なしに"絶妙血色"を呼んでくれるこの優秀チークがあれば、今後、不意の過去写真攻撃があっても乗りきれそうです。安泰!
コスメデコルテ クリーム ブラッシュ
ムースのようなふわふわ感触と透明感ある発色で人気のアイカラー「アイグロウ ジェム」の技術を応用した新感覚ベース採用のチークカラー。粉っぽさのないしっとりテクスチャーが肌に均等に溶け込むようにのび広がり、ぴたっとフィット。指でささっとつけるだけで、肌からにじみ出るような自然な血色感とツヤ感を頰にプラスしてくれる。ハラチノが特にお気に入りの"絶妙血色カラー"の3 色は、写真上からOR250、RD450、PK852。全8 色 各¥3,500

ビューティエディター ハラチノ
キレイを育むうぬ惚れの一番の糧は断然、人からのアプローズ=ほめ言葉。マリソルのビューティエディターハラチノが、そんな言葉を採取解説!




【Marisol4月号掲載】撮影/国府 泰 取材・文/田中あか音

What's New

Feature

Ranking