目のキワに”ちょこっと”添えるのが大人流!ワンポイントの鮮やか色

盛りメイクを引き立てるのが、こんな鮮やかカラー。マリソル世代は 下まぶたに、ライン代わりに使って、旬の色を楽しんで。
今年多いのがのモーブ系やスモーキーなアイカラー。ただし、まぶたを曖昧カラーにするなら、キワをちゃんと締めないとぼんやり。シャネルやヴィセの鮮やかなアイカラーもアイライン代わりに使えば、イタくならずに旬の顔になれそう。秋のキーカラーがそろうサンローランのパレットなら、その日の気分に合わせて使い分けられる。
大人が色を遊ぶならキワから、が正解!
目のキワに”ちょこっと”添えるのが大人流!ワンポイントの鮮やか色_1_1
①カーキ、コッパー、ボルドー、今年らしい色がそろうパレット。その日のファッションやメイクに合わせて、色で遊んでみよう。パレット スキャンダラスレトロ(限定)¥7,900/イヴ・サンローラン・ボーテ

②なめらかなクリームテクスチャーのシャドウはマットな質感が美しい! 下まぶたにのせると、うるんだ色っぽい目もとに。イリュージョン ドンブル 128(限定)¥3,800/シャネル

③ひと塗りでしっかり発色するシングルシャドウ。マットなネイビーはライン代わりにも。ヴィセ アヴァン シングルアイカラー 011¥800(編集部調べ)/コーセー

What's New

Read More

Feature

Ranking