イ・ミンギさんのキュンとくる「この人生は初めてだから」

ファン待望!イ・ミンギさんの5年ぶりの主演ドラマ「この人生は初めてだから(原題)」。待ってましたの王道ラブコメで、ゲラゲラ笑えて、時にじんわり泣けるいい作品です。ミンギさんは猫を愛し、他人に興味のない静かな独身主義者を、「お父さんが変(原題)」で人気急上昇のチャーミングなチョン・ソミンさんが脚本家志望のヒロインを演じています。他にも「被告人」のキム・ミンソクさん、「テバク」のキム・ガウンさん、「推理の女王」のパク・ビョンウンさん、映画『ハッピーログイン』のイ・ソムさんなど豪華キャスト!アドリブたっぷりの楽しそうな撮影風景が目に浮かぶ作品です。
イ・ミンギさんのキュンとくる「この人生は初めてだから」_1_1
●この作品に出演を決めた理由はどんなところにありますか?

ードラマの設定、キャラクター全てがとても魅力的だと思いました。ドラマの中で描こうとする内容もしっかりしていて、読んでいてパワーをもらいました。それでこの作品に参加してみたいと思いました。

●ジホ役のチョン・ソミンさんとの共演はいかがでしたか?

ー撮影初期の頃でしたが、僕とソミンさんがお互い知っている監督がいるのですが、その監督から「ソミンと共演できてうらやましい」とメールが来たんです。普通なら「後輩なんだから面倒を見てやれよ」とか「ソミンはいい子だぞ」とかそんな内容じゃないですか。なのに「うらやましい」って。「何を言ってるんだろう?」と思いました(笑)。でも実際に撮影が終わって、ソミンさんは次の作品が決まってるわけですよね。その相手役の俳優のことがうらやましいと思いました(笑)。 自分でも不思議でしたが、それくらい素晴らしい共演相手でした。

●ラブコメなので笑えるシーンがたくさんあったと思いますが、印象的なシーンは?

ージホの実家(南海)でのキスシーンの後、家へ戻って来て、翌日アルバイトへ行ったジホが、テーブルを布巾で拭きながら、その場面を思い出して頭をぶんぶん振るシーンがあるんです(12話)。とても面白かったですし、かわいかったですね。

●胸キュンシーンが多かった中で、とくに印象的なのは?

ー多いというのもちょっと恥ずかしいですね(笑)。 ひとつ選ぶとしたら、結婚式のシーンです。手をつないで、歩幅を合わせて歩いていくシーン。2人が出会ってから初めての共同作業ですよね。あのシーンの雰囲気が素敵だなと思います。

●演じたセヒは静かで独特なキャラクターでしたが、役作りで苦労なさった点はどんなところですか?

ー基本的には台本にある内容に忠実に演じました。そこに自分が考えるセヒ像も加えていきながら、監督ともたくさん話をしながら、それぞれのいいところを昇華させてセヒというキャラクターが出来あがっていったと思います。

●演じていて難しかったところはありますか?

ー最初はセヒというキャラクターを理解するまでには難しい部分もありました。セヒがどんな人物かよく考えましたし、個人的な考えなどはできるだけ排除しようと努力しました。セヒは人間関係が広い方ではありません。相手との関係性を深く考え、言動に注意して生きるのはなかなか難しいですよね。耐えて待つスタイルが理想的な大人になるための方法だと思いますが、セヒはそれが出来ていました。基本的にセヒのことを尊敬していましたし、セヒを演じている間は彼に学ぶ部分もとても多かったです。

●このドラマの見所はどんなところですか?

ー面白くていいドラマです(笑) 。最近は社会的に悩みの種になっている価値観や葛藤について軽いタッチでウィットを交え笑いながら描かれていて、見ていると癒されますし、活力を与えてくれる作品だと思います。楽しんで見ていただけると嬉しいです。

●日本のファンにメッセージをお願いいたします!

ー久しぶりにドラマでご挨拶をしますね。今年一年、幸せでいてください。このドラマが皆さんにいいエネルギーを与えられたらと思います。ぜひ見てください、よろしくお願いします。

イ・ミンギさんのキュンとくる「この人生は初めてだから」_1_2
イ・ミンギさんのキュンとくる「この人生は初めてだから」_1_3
イ・ミンギさんのキュンとくる「この人生は初めてだから」_1_6


桂まりさん●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」

What's New

  • 正統派時代劇「ヘチ」でも圧倒的な存在感のチョン・イルさんが来日!

     ファン待望の正統派時代劇「ヘチ(原題)」。面白いと評判の作品で、貫禄さえ感じる主演のチョン・イルさんの存在感にも圧倒されます。「名場面が毎話にある」という彼の”心の演技”にきっと引き込まれるはず。久しぶりにお会いしたイルさんは、相変わらず誰よりもスタイリッシュ!ドラマのこと、近況をたっぷりうかがいました。ちなみに“ヘチ(獬豸)”とは、善悪を見分け正義を守る伝説の動物のことです。

    韓流NEWS

    2019年6月10日

  • 進化し続ける『KCON』が大盛況!その魅力とは?

     今年5回目を迎えた日本でのKCON、”KCON 2019 JAPAN”。5月の東京幕張メッセでの3日間に歴代最大規模の8万8000人が集まり大盛況でした。この2年で10代の観客が4倍に増えるなど、このK-Cultureコンベンションは破竹の勢い。ビューティー、音楽、フード、ファッション、ドラマや映画など、3日間、292人ものアーティストやパネラー、インフルエンサーが参加しました。毎年様々な国で開催され、6月の開催地はNYのマディソンスクエアガーデンとジェイコブ K・ジャヴィッツ・コンベンション・センター!グローバルに注目されている勢いのあるイベント。未体験の方は来年ぜひ!

    韓流NEWS

    2019年6月1日

  • ライジングスター、チャン・ギヨンさんの初主演ドラマ「ここに来て抱きしめて」

    「ゴーバック夫婦」、「私のおじさん」と心に響くドラマで脚光を浴びたチャン・ギヨンさん。彼の初主演ドラマが「ここに来て抱きしめて」です。サイコパスの息子という難しい役を熱演、今月1日には韓国のゴールデングローブ賞とも言われる百想芸術大賞で、新人賞を受賞!相手役のチン・ギジュさんも、名作「ミスティ」での助演が光っていた女優さんです。「ちょっと暗いんだけど面白いから観て」と友人に勧められたのですが、グッと引き込まれるストーリーで一気観してしまいました!カリスマ俳優、ホ・ジュノさんの存在感もものすごいです。次回作の「検索ワードを入力してください:WWW(原題)」(制作が「トッケビ」や「ミスターサンシャイン」と同じ!)も期待されている彼は、身長187センチのモデル出身で、制服姿がとにかく凛々しい!「大丈夫、愛だ」や「最高の結婚」でも目を引きました。ファッションブランドの広告モデルにも抜擢される26歳のライジングスターで、8月にはファーストファンミーティングも開催予定です!

    韓流NEWS

    2019年5月13日

  • 今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」

    韓国人の友人が、「今まで観たドラマの中で最高の人生ドラマ」と絶賛していた「眩しくて(原題)」の日本初放送がいよいよ始まります。期待をはるかに上回る心に響く良くできた脚本のドラマで、「国民のお母さん」と言われる大女優キム・ヘジャさん、昨年映画『ミス・ペク(原題)』で女優賞を総なめしたハン・ジミンさん、同じく昨年時代劇映画『安市城 グレート・バトル』で新人賞を総なめしたナム・ジュヒョクさんの3人が主演。脇を固めるベテラン俳優さんたちも素晴らしく、それぞれのキャラクターが生き生きときめ細やかに描かれています。映像も美しく、主人公の家の美容室のインテリアまですべてチャーミング。年齢を問わず、今いちばん観て欲しい深みのある人生ドラマです。この作品でジュヒョクさんは、憂いのあるジュナ役を好演し一目置かれる俳優に。25歳になったばかりの若手俳優の彼が、人生を考え直すきっかけとなったこの作品を振り返り語ります。3月に出した日本初となる写真集も好評発売中で、出版記念のイベントも盛況、SNSのフォロワーは1050万人に!また、ドラマ「保健教師 アン・ウニョン(原題)」や、来年公開予定のリメイク版映画『ジョゼと虎と魚たち』の主演も決まり、快進撃が続きます。

    韓流NEWS

    2019年5月1日

  • 演技の神童から名優へ。ヨ・ジングさんの素顔

    8歳でデビュー、演技の神童と言われてきたヨ・ジングさん。神がかった演技力から、”ゴッドジング”の異名を持つ21歳だ。日本でも6月から放送される「王になった男(原題)」で、ひとり二役の主人公を熱演し話題に。ジングさんの代表作品と絶賛されたこの注目のドラマで、百想芸術大賞最優秀演技賞にもノミネートされ、演技派若手俳優として圧倒的な存在感を放っています。そんな彼が2年半ぶりにファンイベントで来日!「イルジメ」や「ジャイアント」から、『ファイ』『1987』など、ずっと印象的な作品を届けてくれているジングさん。素顔の彼にはどこか気品があり、太陽のように朗らかでチャーミング。日本語もだいぶわかるようで、時折話す日本語もなめらか!今回のファンミーティングではピアノの弾き語りでback numberの「ヒロイン」を披露してくれ、魅力的な美声にとても似合っていました。映像も美しく、イ・セヨンさんをはじめキャストも秀逸な「王になった男」は必見、IUさんと撮影中だという「ホテルデルーナ(原題)」も楽しみです!

    韓流NEWS

    2019年4月20日

  • 「屋根部屋」で悲願のNo.1!N.Flyingの初アルバムとツアーに期待!

     N.Flyingは、2013年10月に日本でインディーズデビュー後、2015年に韓国デビュー。デビュー曲「キガマッキョ」がヒット、翌年日本でもメジャーデビューを果たし、先輩バンド、FTISLANDやCNBLUEの次世代バンドとして注目されてきた実力派です。今年2月には「屋根部屋」で、デビュー4年目にして韓国で悲願の音源チャート1位に輝きブレイク中。5月には初となるアルバム『BROTHERHOOD』をリリース予定、6月には東京、大阪、名古屋でツアーが控えています。先輩バンドのライブの前座、昨年の単独ライブにも2度、リーダーがゲストで参加したイ・ホンギさんのファンイベントで彼らの活躍を見てきたので、チャートナンバーワンのニュースに胸が熱くなりました。元気でパワフルな魅力が炸裂の彼らの熱いライブをぜひ体感してみて!!来日した4人のトークからも仲睦まじさが伝わりました。

    韓流NEWS

    2019年4月7日

  • EXOのド・ギョンスさん時代劇初主演、ドラマ「100日の郎君様」が眼福!

    EXOのD.O.ことド・ギョンスさんは、その演技力でも知られる存在。ドラマや映画でも高く評価され、ドラマ「100日の郎君様」では時代劇での初主演に挑戦、そしてもちろん大ヒット。ギョンスさんの演技は、映画『純情』でも、船の縁に腰掛けているだけでもものすごい存在感で驚愕したことがあり、この主演ドラマでもその魅力が全開。ヒロインのナム・ジヒョンさんは、「善徳女王」の子役時代から注目している女優さんで、安定の演技力でとってもチャーミング。脇を固めるベテラン俳優たちはもちろん、キム・ソノさん、キム・ジェヨンさん、ホン・ユンジェさんなど若手俳優たちも見目麗しい!そしてこのドラマの撮影は全羅道順天にある「楽安邑城(ナガンウプソン)」でも行われたのですが、ここは朝鮮時代の土城と草葺き屋根の家などが400年以上も原型のまま保存されためずらしい史跡。今も85世帯が暮らす、金銭山を望む美しいこの村に、なんと偶然ドラマ撮影中に旅の取材で訪れたため、ドラマが始まるまえから注目していた作品でもあります。映像も美しいラブコメなのでぜひ!!

    韓流NEWS

    2019年3月15日

  • 「ボーイフレンド」で2年ぶりにドラマ復帰、別格人気のパク・ボゴムさんが来日!歌手デビューも!

    爆発的にヒットした「雲が描いた月明り」で”アジアのプリンス”となったパク・ボゴムさんが、ドラマ「ボーイフレンド(原題)」で2年ぶりに待望のドラマ復帰。"アジアのボーイフレンド”となり、アジアツアーの一環で、約1年ぶりのファンイベントのために来日したボゴムさん。なんと3月20日にはシングル「Bloomin’」で日本歌手デビューも!!さいたまスーパーアリーナを沸かせ、ひとつずつ夢を叶えていく、華やかなオーラで輝くスター。壮大なファンイベントで多くのファンを魅了する、彼の人気はやはり別格でした。

    韓流NEWS

    2019年3月6日

Read More

Feature

Ranking