この春の足もと。おしゃれプロがまず手に入れたいのは?

2018年3月21日
スタイリスト徳原&エディター須藤コンビが、いち早くこの春の「買い!」を徹底精査!
「やすやすと流行に飛びつかず、自分に似合うもの&好きなものを見極める!」をともに信条とする徳原&須藤コンビ。厳選派ゆえにシーズン前のトレンドリサーチに余念がないふたりがこの春欲しいものとは?

☆スタイリスト 徳原文子
シンプルをベースに、高感かつ女らしいスタイリングでマリソルのファッションを牽引する第一人者。リアルで説得力あるコーディネート提案に、スタッフの信頼も厚い

エディター 須藤由美
マリソルをはじめ女性誌のファッションページを担当。センスある絵作りに定評あり。 2年前の大断捨離を経て、数を相当しぼって買う派に。そのぶん、好きなものには投資



■足もとは 『シャイニー』『レース素材』 シューズをまず一足

須藤 靴フェチとしては足もとも気になる。サンダルの前なら今年、何にする?

徳原 レースやサテンなどのファブリックの靴は? シルバーをはじめシャイニーなものもおすすめだよ。

須藤 色柄ものや強めアクセが出てきた一方で、素材感や光で足もとに軽やかさをつくるのが重要なのか。

徳原 その強弱のコントロールが、この春のポイントになりそうだね。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

「シースルーのドット柄。フラットで甘すぎずヘルシー」(須藤)。靴¥30,000/SHOP Marisol(チェンバー) 
「某トップブランドのレース生地と同じだとか。イタリアのファクトリー製で履きやすさもお墨つき」(徳原)。靴¥27,000/TOMORROWLAND(トゥモローランド バイ コルソローマ) 
「ファブリックならではの鮮やかな発色が魅力」(徳原)。靴¥27,500/アマン(ペリーコ サニー) 
「旬色サンダルも見た目を裏切るロープラならトライしやすい」(須藤)。靴¥12,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ)
「定番パンプスこそ色を更新。光りすぎないシルバーで服を選びません」(徳原)。靴¥46,000/マルティニーク丸ノ内(ペリーコ)
【Marisol 2018年3月号掲載】 撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 取材・文/須藤由美

What's New

Feature

Ranking