40代の目元は、トレンドの追っかけはほどほどに。「大人の可愛げ」アイメイク

2018年3月28日
アラフォーのアイメイクはエイジングのカムフラージュが第1目的!
ついつい険のある表情になってしまうアラフォー。"大人の可愛げ"はもちたいけれど、それってイタさと紙一重どうすれば職場でもプライベートでも愛される"可愛げ"が作れるのか。ヘア&メイクアップアーティスト中野明海さんに教えていただきました!
中野明海

中野明海さん 多くの人気女優やモデル、ミュージシャンらから圧倒的支持を受けるヘア&メイクアップアーティスト。"大人の可愛い"を作り出す第一人者

自分という生き物を受け入れ、年齢も含めて楽しんでメイクすれば、自然と他人の目には〝可愛げ〞のある人に映ります!

【アイメイク編】

■「大人の可愛げ」をつくる、アイメイク3つの掟

1/3

2/3

3/3

①ハリがなくなってきたまぶたはツヤブラウンで締める


「多色使いは旬じゃないし、明るい色を単色使いするとまぶたの間延びが目立ちます。立体感と引き締めが同時にかなうツヤブラウンの単色使いが、美人度をアップ」(中野さん)

右)人気のアイグロウ ジェムが一新。レッドパールが配合されているので、まぶたがくすまず、メリハリのある陰影とおしゃれなぬれツヤが一挙両得。アイグロウ ジェム BR384¥2,700/コスメデコルテ 
左)ゴールドの光をはらみ、スタイリッシュなまなざしに。赤みブラウンが苦手な人に。ウィスパーグロスフォーアイ 20¥3,300/THREE 

②クリームシャドウだからかなう、ぬれツヤ感


「単色のツヤブラウンは、クリームシャドウが正解。アイホールにひと塗りするだけで、ぬれたようなつやめきがまぶたにハリをもたせ、立体感を演出。まなざしに大人の可愛げと知性の両方が宿ります」(中野さん)

③つけているのに気づかれないつけまつ毛で劇的変化


「自然で効果的な目ヂカラアップを狙うなら、アイラインよりつけまつ毛を使いこなすのが今どき。まばらな自まつ毛をふさふさに見せて、下がった目じりをリフトアップします」(中野さん)

中野さんプロデュースの大人のためのつけまつ毛。まるで自まつ毛のように自然な密度と長さで、似合う位置につけられる部分用まつ毛。KOBAKO  アイラッシュドレス アラカルトB¥1,400/貝印(限定品)
【Marisol 4月号2018年掲載】撮影/嶌原佑矢(人物) 久々江 満(物) ヘア&メイク/中野明海(air notes) スタイリスト/程野祐子 モデル/高垣麗子 構成・文/小田ユイコ

What's New

Feature

Ranking