「仮面の王 イ・ソン」で闘魂演技賞!エルさん(INFINITE)インタビュー

2018年8月17日
 俳優キム・ミョンスとしても活躍するアイドルグループINFINITEのエルさん。NHK BS プレミアムでも放送され話題となっている時代劇「仮面の王 イ・ソン」ではユ・スンホさんと共演。貧しい水売りの少年が王の影武者となる難しい役を熱演して注目されました。ちなみに、この美しい演技派二人の共通点は猫好き。2人とも(猫に仕える)執事の身なのだとか。グッと引き込まれるストーリー展開の物語と彼らの熱演を、ぜひDVDで堪能して!
「仮面の王 イ・ソン」で闘魂演技賞!エルさん(INFINITE)インタビュー_1_1
●深い感情を持ち、感情の振れ幅の大きい役に没頭されて、カットがかかっても集中が切れなかったと孤高の王子役のユ・スンホさんが感心していたそうですが、撮影中、日常との切り替えは難しくなかったですか?

ー現実の僕は何かに執着するタイプではないんですよ、欲しいならひとつだけ、シリーズで集めたりもしないし。でも演じたイソンは、カウン(キム・ソヒョンさん演じるヒロインで、聡明な良家の娘)に執着するんですよね。なので、日常との切り替えは難しくなかったです。

●この作品での演技で、MBC「2017演技大賞」で闘魂演技賞、視聴者が直接選ぶ人気賞も受賞されて、脚本が殺到しているのでは?

ーまず、この作品の中のイソンという役で、友情や心の呵責、愛する人を偲ぶキャラクターを演ずることができ、賞までいただいて感謝しています。時代劇というジャンルに初挑戦した作品で、僕の演技の幅において、もっとも大きい、これまでに出演した作品の中でいちばん大きな影響を与えてくれた作品。僕自身としてはそう思います。

●ドラマ挿入歌OSTにも参加しましたよね?

ー僕が歌ったOSTの歌詞を聞いていただくと、演じたイソンの内容がすべて盛り込まれています。『僕じゃなくてもいい(ネガ アニオド チョア)』という曲名なのですが、そこにカウンに対する僕の思いがすべて込められているので、レコーディングのときはとても感情移入して歌うことができました。OSTを歌った方はみなさんそうだと思いますが、この曲を歌ったことによって、演技について、作品やカウンについて、さらに深く考えることができる機会になったと思います。

●共演してみたい俳優、国内外の好きな映画、ドラマ、よく聴くアーティストはいらっしゃいますか。

ー坂口健太郎さんと共演したいですね。韓国のドラマが原作の日本版「シグナル」で主演されたんですよね。映画「君と100回目の恋」を観て、1日を幾度も体験するという、僕が出演したドラマ「君を守りたい〜ONE MORE TIME〜」にちょっと似ているところがあって興味深かったです。日本の映画では、「世界の中心で、愛を叫ぶ」も印象的な作品でした。よく聴くアーティストと曲は、INFINITEの新曲「Tell Me」です(笑)。

●前回のインタビューでも掃除が特技とおっしゃってましたが、瞑想や気分転換的な意味もあるのでしょうか?癒しアイテムはありますか?

ー確かに、片付ける、捨てるというのは、気分転換したり、考えをまとめたり、リセットするのに役立ってると思いますね。掃除をしながら音楽も聴いていて、ヒーリングにもなっているのかも。だから、音のあまりしない良い掃除機と良い音響機器にすごく関心があって、それが癒しアイテムです(笑)!今回のドラマ撮影では、地方に行くことが多かったんですね。聞慶(ムンギョン)、扶安(プアン)、潭陽(タミャン)など、本当にいろいろな場所をめぐったのですが、地方ごとに名物があるじゃないですか? おいしいものをたくさん食べながらストレスを解消しました(笑)。食べることがストレス解消になりました。

●俳優キム・ミンソクさんもエルさんと初対面のとき、思わず2度見したくらい美男だった、そしてご両親も美しかったとおっしゃってましたが、演技だけでなく歌も踊りもと完璧なエルさん。苦手なことはどんなことですか?

ー黒い服以外が苦手で黒しか着ないんで、そこを克服したいです(笑)!

●5月から放映された新ドラマ、超エリート判事役のドラマ「ミスハンムラビ(原題)」にもこの作品での経験が生かされていると思いますか。

ー「ミスハンムラビ(原題)」は法廷ドラマなんですけど、撮影中イソンを演じたことは、この次の作品でも思い出しましたね。激昂するなど強い感情のベースを演じたことによって、より細かい演技も上手くできるようになったと思います。

●これから挑戦したいことは?

ー演技は継続してやって行きたいです。個人的に日本でソロ活動をするのも好きで、これまでに本(フォトエッセイ)やアルバムを出したりもしました。日本で演技もしてみたいですし、やってみたいことがたくさんあります。より多くの場面で僕の姿をお見せできたらと思っています!
「仮面の王 イ・ソン」で闘魂演技賞!エルさん(INFINITE)インタビュー_1_2
「仮面の王 イ・ソン」で闘魂演技賞!エルさん(INFINITE)インタビュー_1_3

エルさん(INFINITE)の直筆サイン入りインスタント写真を1名様にプレゼント!

▶ご応募はこちら

「仮面の王 イ・ソン」で闘魂演技賞!エルさん(INFINITE)インタビュー_1_4
「仮面の王 イ・ソン」DVD-BOX Ⅰ・Ⅱ発売日:2018年8月17日 BOXⅠ発売、Vol.1~5 レンタル開始          2018年9月19日 BOXⅡ発売、Vol.6~10 レンタル開始 価格:各¥19,000(本体)+税 発行:NHKエンタープライズ        販売元:ポニーキャニオン(C)2017MBC 放送情報:NHK BSプレミアムにて毎週日曜 午後9時00分放送中


桂まり●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!

What's New

  • EXOのド・ギョンスさん時代劇初主演、ドラマ「100日の郎君様」が眼福!

    EXOのD.O.ことド・ギョンスさんは、その演技力でも知られる存在。ドラマや映画でも高く評価され、ドラマ「100日の郎君様」では時代劇での初主演に挑戦、そしてもちろん大ヒット。ギョンスさんの演技は、映画『純情』でも、船の縁に腰掛けているだけでもものすごい存在感で驚愕したことがあり、この主演ドラマでもその魅力が全開。ヒロインのナム・ジヒョンさんは、「善徳女王」の子役時代から注目している女優さんで、安定の演技力でとってもチャーミング。脇を固めるベテラン俳優たちはもちろん、キム・ソノさん、キム・ジェヨンさん、ホン・ユンジェさんなど若手俳優たちも見目麗しい!そしてこのドラマの撮影は全羅道順天にある「楽安邑城(ナガンウプソン)」でも行われたのですが、ここは朝鮮時代の土城と草葺き屋根の家などが400年以上も原型のまま保存されためずらしい史跡。今も85世帯が暮らす、金銭山を望む美しいこの村に、なんと偶然ドラマ撮影中に旅の取材で訪れたため、ドラマが始まるまえから注目していた作品でもあります。映像も美しいラブコメなのでぜひ!!

    韓流NEWS

    2019年3月15日

  • 「ボーイフレンド」で2年ぶりにドラマ復帰、別格人気のパク・ボゴムさんが来日!歌手デビューも!

    爆発的にヒットした「雲が描いた月明り」で”アジアのプリンス”となったパク・ボゴムさんが、ドラマ「ボーイフレンド(原題)」で2年ぶりに待望のドラマ復帰。"アジアのボーイフレンド”となり、アジアツアーの一環で、約1年ぶりのファンイベントのために来日したボゴムさん。なんと3月20日にはシングル「Bloomin’」で日本歌手デビューも!!さいたまスーパーアリーナを沸かせ、ひとつずつ夢を叶えていく、華やかなオーラで輝くスター。壮大なファンイベントで多くのファンを魅了する、彼の人気はやはり別格でした。

    韓流NEWS

    2019年3月6日

  • 走り続けるアーティストiKONが、昨年最大のヒット曲を含むアルバム『NEW KIDS』をリリース!

     BIGBANGの系譜を継ぐiKONが、2月27日に”NEW KIDS”プロジェクトの集大成となるアルバム『NEW KIDS』をリリース。これに合わせた記者会見に行ってきました。このアルバムには、2018年韓国の年末賞レースで、ベストソング賞を総なめした「LOVE SCENARIO」、新曲「I’M OK」「KILLING ME」 「GOODBYE ROAD」の日本語バージョンを含む全21曲を収録。いちど聴いたらループにハマる、めくるめくiKONワールドに浸れる一枚となっています。ぜひ聴いてみて!!

    韓流NEWS

    2019年2月27日

  • 「私の後ろにテリウス」のソン・ホジュンさんが愛される理由

    昨年東京でのファンイベントが自身初のもので、その時はとても緊張しました、と話すソン・ホジュンさん。今年も日本に来ることができてありがたく、そしてとても嬉しいといいます。共演したソ・ジソプさんが演技大賞を受賞するなど話題となったドラマ「私の後ろにテリウス(原題)」では、初の悪役を好演。さらにユ・ヨンソクさんと始めた寄付イベントを番組化した「コーヒーフレンズ」と、2月に放映されるドラマ「眩しくて(原題)」の撮影を終え、これから映画『最後の宿題(原題)』(感動的な映画だそう)が始まるのだとか。そんな忙しいスケジュールの合間を縫っての2度目のファンイベントのため来日、もちろん会は盛況でした。また、ホジュンさんは取材を終えても幾度も挨拶し、まわりの人々を癒し、幸せにしてくれる優しさに満ち溢れていました。東方神起のユンホさんの親友としても知られ、同業の友人も多い彼。「応答せよ1994」でブレイクして以来、人々を惹きつけてやまないその理由がわかった気がします!

    韓流NEWS

    2019年2月15日

  • 「鶏龍<ケリョン>仙女伝」で人気急上昇!新星俳優ソ・ジフンさんに注目

    「シグナル」でデビューした新星、ソ・ジフンさん。1997年生まれ、身長184センチの長身、爽やかなルックスの彼が、ラブコメ「鶏龍仙女伝(原題)」のヒットで人気急上昇!ドラマは、羽衣を失くし、天に上がれずにいた仙女が、その羽衣の行方を教えてくれないまま死んでしまった夫の生まれ変わりを 699 年間にわたり鶏龍(ケリョン) 山で待ち続け・・・。という韓国に伝わる童話「仙女ときこり」の後日談。ジフンさんは夫候補のひとりをチャーミングに演じています。

    韓流NEWS

    2019年2月6日

  • 大ヒットドラマで話題をさらったチョン・ヘインさん、初イベントで来日!

    2018年はチョン・ヘインさんの年だったと言っても過言ではないほど。昨年最も話題となったドラマ「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」は、”2018大韓民国コンテンツ大賞”で大統領表彰も受賞。年末のアジア最大級の音楽授賞式『MAMA』の韓国での初日にホストを務め(ちなみにレポートしたように、日本ではパク・ボゴムさん、香港ではソン・ジュンギさんがホストを務めました)、CM王となる活躍ぶり。韓国を代表する俳優として今年も活躍が期待されています。そんな彼が日本で初ファンイベントを開催、さらにこの話題のドラマのDVDも2月6日にレンタル開始、2月20日に発売です!

    韓流NEWS

    2019年1月28日

  • 映画『ゴールデンスランバー』のカン・ドンウォンさん降臨!

    1月12日公開の映画『ゴールデンスランバー』のプロモーションイベントのため、カン・ドンウォンさんが来日。この映画は、企画から関わったという、彼の想いが詰まった作品です。神々しいまでのプロポーションの良さでも知られるモデル出身演技派俳優ドンウォンさん。熱のこもった映画を観れば、新春からご利益ありそうです!

    韓流NEWS

    2019年1月8日

  • アジア最大級の音楽祭「2018 MAMA」のレッドカーペットが豪華すぎる!

    昨年に引き続き、アジア最大級の音楽祭として知られるMAMAが12月12日に日本でも開催されました。今回の日本公演の正式名称は「2018 MAMA FANS' CHOICE in JAPAN」で、韓国歌手初のアメリカ”ビルボード200”チャートで1位を記録するなどワールドワイドに旋風を巻き起こしているBTS、スーパールーキーのIZ*ONE、パワフルな歌唱力で知られるMAMAMOO、期間限定、今年いっぱいの活動のため集大成を披露したWanna One、日本でのドームツアーが決定しているTWICEらが集結。それだけでも贅沢なのに、ホストはパク・ボゴムさん、プレゼンターに旬の俳優たちが名を連ね、ドラマファンも見逃せない祭典に!レッドカーペットの盛り上がりからすでに神がかっていました!!

    韓流NEWS

    2018年12月20日

Read More

Feature

Ranking