この秋、スカートをアップデートするなら、クラシカルがカギ!

スカートはINしてきれいなラインを!ひざ下長め、ウエスト位置高めのデザインを選んで。
マリソル世代のワードローブの基本は「ベーシック」。トレンドを手当たり次第に取り入れるよりは、好きなものを「ちょっと更新」していくほうが心地いい。中でも登場頻度の高いスカートは、この秋どう選ぶべき?

■ウエストリボンとダーツ使いで美シルエットを実現

美しいIラインのスカートは、手持ちトップスをインするだけで、たちまち今季らしいバランスに。
この秋、スカートをアップデートするなら、クラシカルがカギ!_1_1
ベルトつきスカート¥28,000/ザ ファクトリー(ジェーン スミス) シャツ¥20,000/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク(エーピー ストゥディオ) バッグ¥148,000・靴¥74,000/ジミー チュウ ピアス¥18,000/シェイスビー伊勢丹新宿店(シェイスビー) ストール¥62,000/アパルトモン 青山店(ジョンストンズ) ブレスレット¥14,000/マルティニーク ルコント京都(メゾン ボワネ)
(左)深いボルドーのプリーツは、体を入れても広がりすぎない長め丈。フェイクレザーの軽やかさもアラフォーにちょうどいい。
(右)サイドスリット入りのアシンメトリーなデザインで、華やかさと歩きやすさを両立させた主役級の一枚。
この秋、スカートをアップデートするなら、クラシカルがカギ!_1_2
(左)スカート¥19,000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス)
(右)スカート¥63,000/バーニーズ ニューヨーク(ユーン ホー) 
撮影/生田晶士(まきうらオフィス/人物)、木村慎(物) ヘアメイク/吉岡美幸 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ブレンダ

What's New

Read More

Feature

Ranking