本気で使える一足!辛口モード&ちょいトレンド派の「ベージュパンプス」

2018年4月9日
色幅が広く、コーデも選ばないベージュはデイリー靴の大本命。美色に加え、旬や歩きやすさにきく"+α"にも注目を。
バッグ

1/5

バッグ

2/5

3/5

バッグ

4/5

5/5

【ちょいトレンド派】
高級感たっぷりの赤みベージュなら、トレンドの太ヒールも大人顔。スエード素材もクラスアップに有効!


深みのあるキャメルとキリッととがったトゥのおかげで、チャンキーヒールもエレガント。サイドが浅く、横顔もきれい。( 5 )¥30,000/ベイジュ(ピッピシック)
【ちょいトレンド派】

履き口はゴムでフィット感が抜群。傷が目立ちにくいダークブラウンのヒールも優秀。(5.5)¥38,000/ゲストリスト(ルチェンティ)
【辛口モード派】
シックで落ち着きのあるグレージュは、柄や素材で遊べるというよさも。ヒールは低いほうがオシャレ見え!


夏に向けて活躍しそうな軽素材は、ユナイテッドアローズだけの別注品。(3.5)¥29,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(チェンバー)
【辛口モード派】

靴で取り入れるのはむずかしい柄。お仕事にも対応できるとなれば、パイソンが正解!  (3.5)¥49,000/エストネーション(ペリーコ)
【辛口モード派】

眉色のようなグレーブラウンも、パテントなら軽やか。濃い色ながらも中間色なので、どんな色ともなじみがいい。(5.5)¥46,000/ゲストリスト(ルチェンティ)
※( )内の数値はヒールの高さで、単位は㎝(編集部調べ)です
【Marisol 4月号掲載2018年】撮影/魚地武大(TENT/物)スタイリスト/池田めぐみ 取材・文/伊藤真知

What's New

Magazine

Instagram

Feature

Ranking

Keywords