映画『名もなき野良犬の輪舞(ロンド)』ビョン・ソンヒョン監督に聞く

2018年5月1日
 37歳という若手、才能溢れる『名もなき野良犬の輪舞』のビョン・ソンヒョン監督。彼の商業映画での2作目となるこの作品に出演した、ソル・ギョング、「ミセンー未生ー」のイム・シワン、キム・ヒウォン(「ゴハン行こうよ2」)ホ・ジュノ(「仮面の王 イ・ソン」)といった錚々たる演技派俳優も一目置く存在です。国内外で高く評価された映画で、フィルムノワールと聞くと、暗くて重いイメージですが、この作品は、美しく、ときに笑えて爽快、心にしみる人間ドラマでもあります。先入観なしに多くの人に観てもらいたい!フィルムノワールのイメージとはまったく異なる、シャイで静かな語り口の監督にお話を伺いました!
●この映画はスタイリッシュで磨き抜かれた、面白く、若々しいフィルムノワールと絶賛されています。映像も美しく、すべてが完璧で丁寧に作られた珠玉の作品だと思いますが、完成にどのくらい時間がかかりましたか?

ー初めての商業映画作品『マイPSパートナー』がロマンティックコメディで成果もあったので、制作会社は次作もソフトなものを期待したと思うんです。フィルムノワールを撮りたいですと言ったので反対もあり大変で。なので彼らが投資を決心するまでに時間を要したんですが、その間にシナリオ作りを進めていました。本格的に撮影に入るまで時間はかかりましたが、撮影自体には時間はかかりませんでした。

●この作品でいちばんこだわったことは?

ーフィルムノワールというと、たとえて言えばグレーで、重々しい感じですが、彩色、カラフルであること、若々しいイメージにこだわりました。それから主人公二人の感情の動きに特にこだわりましたね。

●キャスティングはスムーズでしたか?

ー順調とはいえなかったんです。主人公二人の年齢差はさほど大きい設定じゃなかったんですが、実年齢の離れるキャストになったり。でも、それを感じさせないように努力もしたし、いい結果になりました。

●邦題が原題と全然違いますがどうですか?

ー「不汗党(原題)」(意味はならず者、慈悲無き者)という題が自分でつけておきながらそんなに気に入っていなくて、この日本語題の方がむしろ趣があっていいですね。

●今後一緒に仕事をしたい、注目している俳優さんは?

ーすごくたくさんいますが、ソル・ギョングさん、イム・シワンさんとはまた一緒に仕事をしたいですね。それから、チョ・スンウさんやチョン・ドヨンさんは最優先したい俳優たちです。

●影響を受けた映画監督にはスコセッシ監督、タランティーノ監督、ジョニー・トー監督などをあげていらっしゃいますが。

ーそうですね、好きな監督はたくさんいるのですが、スコセッシ監督の作品は子供の頃からいちばん観て来ましたし、ファンとして好きな監督です。タランティーノ監督やデヴィット・フィンチャー監督も。『メッセージ』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督もいいですね。最近観た映画ではスピルバーグ監督の『ザ・ポスト(原題)』(邦題「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』)がとても良かったです。韓国では小さい映画館でしか上映されなかったんですが。

●『名もなき野良犬の輪舞』もカンヌ映画祭などで注目されましたが、韓国映画が世界で注目されることはどう感じていますか?

ー正直、よくわかりませんが、認められるのはいいことですよね。僕自身、いろいろ探して観る方ではないんですが、『アシュラ』『哭声/コクソン』など僕も好きな映画は海外でも反響があるんだなあと感じています。

●最近いちばん感動したことは?

ー今年に入ってこの作品のファンの集いが韓国であったのですが、早朝からたくさんの方が列をなしてくださって感動しました。映画自体のファンやソル・ギョングさんやイム・シワンさんのファンの方達が本当に多勢来てくださいました。

●次のプロジェクトは決まっていらっしゃいますか?

ー政治映画を予定していて、シナリオを書き終えて脚色をしているところです。

●日本にはよくいらっしゃるんですか?

ー幼い頃に両親と名古屋に来たことがあるらしいんですが、よく覚えてないので、今回が初来日です。

●大阪に寄られて東京にいらしたそうですね。大阪はいかがでしたか?

ー食べて、飲んで、食べて、飲んで、です(笑)。

●お忙しい毎日だと思われますが癒し法は?

ーこれといった趣味を持っていないので、楽しみは友人たちとのお酒ですね(笑)。

●監督はオシャレにも興味があるようですが?

ーブランドとかファッションショーとかには疎いのですが、原宿みたいなストリートファッションが好きです。服は、ちょっとお酒を引っ掛けて街を歩いている時に、気に入ったものがあれば買ったりします。

●韓国でお勧めの場所はありますか?

ーピルトンというエリアにあるピルトンミョノク(筆洞麺屋)です。平壌冷麺がお勧めです。(ミシュランにも載っている店のようです!)

●マリソル読者に映画のアピールをお願いします!

ー本作はセクシーかつ、スーツの着こなしもキマった悪い男たちの純情を描く美しく格好良い映画です。美青年も出てますのでぜひご覧ください!
『名もなき野良犬の輪舞』 監督:ビョン・ソンヒョン『マイPSパートナー』 出演:ソル・ギョング『シルミド SILMIDO』 イム・シワン『弁護人』  チョン・ヘジン『王の運命―歴史を変えた八日間―』     キム・ヒウォン『アジョシ』 イ・ギョンヨン『ベルリンファイル』 2017年/韓国映画/120分/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/PG12 (c)2017 CJ E&M CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED 5月5日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー


桂まりさん●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!

What's New

  • 社会現象となったアイドル、Wanna One旋風!

    2017年に放映され韓国で社会現象を巻き起こしたサバイバル番組「PRODUCE 101 シーズン2」。101人の中から”国民プロデューサー”による人気投票で選ばれたメンバーで昨年8月にデビューしたのが、11人組のWanna One(ワナワン)です。2018年12月までの期間限定のプロジェクトアイドルグループというのもユニーク。デビュー3週間で各チャートを席巻、15冠を達成。モンスター級のアイドルとして注目を浴び続けています。そんな彼らが初めてのファンイベントのため来日。5,000人のファンが駆けつけ、会場は熱気に包まれました!楽曲もつい口ずさんでしまうものばかりなので、ぜひ聴いて、観て!

    韓流NEWS

    2018年5月14日

  • KCON 2018に行ってみました!

     KCONとは、K-POPのみならず、ドラマ、ビューティ、食品や観光なども網羅した、多様な韓国カルチャーを体験できるコンベンション。2012年にカリフォルニアで初開催、日本でも2015年から年々親しまれてきていて、今年で4度目の開催だそう。母娘で楽しむ姿も見受けられ、活気に満ちた幕張メッセ、4月13日から3日間開催の初日に初参戦!盛りだくさんの内容でその人気に納得、目から鱗でした。今年はなんと3日間に68,000人が足を運び、記録更新の盛況ぶりだったそうです。

    韓流NEWS

    2018年4月17日

  • 最旬アイドルTRCNGが日本デビュー!10問100答!

     東京ガールズコレクションの大トリをBLACKPINKが飾るなど、女子中高生の間で大人気のKPOPアイドルたち。最近はKPOPだけでなく、母娘で韓流ドラマを楽しんでいたり、ドラマや映画のファン層も広がっているようです。日本のドラマや映画が韓国でリメイクされたり、「記憶」や「シグナル」のように韓国のドラマが日本でリメイクされたりで、オリジナルに興味を持ってもらえると嬉しいなと思っています。第三次韓流ブームとも言われるKPOP、日本デビューラッシュのアイドルのなかでも、昨年10月に韓国でデビューしたB.A.Pの弟グループTRCNGが、日本でも4月4日にデビュー・シングルを発売、話題となっています。全員2000年&2001年生まれ、子役出身のメンバーも3人いて元気いっぱい。全員がボーカル・ラップ・ダンスをこなす実力派でこれからの活躍が楽しみな若者たちです!!来日オフショットと10問100答とともに紹介いたします!

    韓流NEWS

    2018年4月4日

  • 「マッド・ドック」でブレイク!若手俳優ウ・ドファンさんに注目!

    最近、注目されている4人の若手俳優のひとり、ウ・ドファンさん。彼の最新ヒットドラマ「マッド・ドック(原題)」が日本初放映!!この作品で2017年KBS演技大賞では新人賞を受賞。ドファンさんは映画『MASTER マスター』、ドラマ「君を守りたい〜SAVE ME〜」にも出演しています。俳優の父の影響で役者の道を選んだ、目玉焼きをこよなく愛する青年です。ちなみに他の実力派注目株には「師任堂(サイムダン)、色の日記」「浪漫ドクター キム・サブ」「愛の温度(原題)」のヤン・セジョンさん、「あなたが眠っている間に」「賢い監房生活(日本題:刑務所のルールブック)」のチョン・ヘインさん、「ゴー・バック夫婦(原題)」のチャン・ギヨンさんなどが名を連ねます。どの作品もお勧めなのでぜひ!

    韓流NEWS

    2018年3月23日

  • イ・ミンギさんのキュンとくる「この人生は初めてだから」

    ファン待望!イ・ミンギさんの5年ぶりの主演ドラマ「この人生は初めてだから(原題)」。待ってましたの王道ラブコメで、ゲラゲラ笑えて、時にじんわり泣けるいい作品です。ミンギさんは猫を愛し、他人に興味のない静かな独身主義者を、「お父さんが変(原題)」で人気急上昇のチャーミングなチョン・ソミンさんが脚本家志望のヒロインを演じています。他にも「被告人」のキム・ミンソクさん、「テバク」のキム・ガウンさん、「推理の女王」のパク・ビョンウンさん、映画『ハッピーログイン』のイ・ソムさんなど豪華キャスト!アドリブたっぷりの楽しそうな撮影風景が目に浮かぶ作品です。

    韓流NEWS

    2018年3月14日

  • 多芸多才なジニョンさん(B1A4)が語る「雲が描いた月明り」

     アイドルグループB1A4のリーダー、ジニョンさんは、その優しい人柄と多芸多才で知られる存在です。映画『怪しい彼女』で注目された俳優でもあり、大ヒットドラマ「雲が描いた月明り」では、主人公のライバル役を演じる俳優としてだけでなく、OSTの作詞作曲も。音楽プロデューサーとしても活躍しています。「雲が描いた月明り」のプロモーションで来日した彼の取材に伺うと、噂通りの心配りで、マリソルスタッフにアイスクリームの差し入れまで!感涙、、、。2月、4月、5月にもB1A4で来日、映画『僕の中のあいつ』が韓国で年末公開予定です!

    韓流NEWS

    2018年3月2日

  • 離婚危機のアラフォーを描く「ゴー・バック夫婦」主演チャン・ナラさん&ソン・ホジュンさんインタビュー

    「ゴー・バック夫婦(原題)」は、離婚を決意したアラフォー夫婦の、笑えて泣ける温かいドラマ。久しぶりにいいドラマに出会えた、と強く感じた作品です。3月に37歳になるとは思えない奇跡?妖精?と話題となったジンジュ役を演じた女優チャン・ナラさん(「君を憶えてる」、「運命のように君を愛してる」)と、バンド役を演じたソン・ホジュンさん(「応答せよ1994」)が主演。また、ホジュンさんの恋のライバル役を演じたチャン・ギヨンさんは、モデル出身のライジングスターです。「最高の結婚」から注目していたので、この作品の大ヒットでさらなる活躍を期待してます!ホジュンさんの親友、東方神起のユンホさんもカメオで出演。観るべし!

    韓流NEWS

    2018年2月22日

  • 「猟奇的な彼女」で役者としても活躍、イ・ジョンシンさん(CNBLUE)の魅力

      CNBLUEのベーシストとして人気のイ・ジョンシンさん。「いとしのソヨン」などヒット作ドラマでも頭角をあらわしてきた俳優でもある。最新作、時代劇ラブコメ「猟奇的な彼女」では、ヒロインに心を寄せる、王の忠臣、凄腕剣士の従事官役を見事に演じ、役者の幅を広げた。そんなジョンシンさんのこの作品、そして演技に対する思い、魅力とは?

    韓流NEWS

    2018年2月8日

Feature

Ranking