映画『名もなき野良犬の輪舞(ロンド)』ビョン・ソンヒョン監督に聞く

 37歳という若手、才能溢れる『名もなき野良犬の輪舞』のビョン・ソンヒョン監督。彼の商業映画での2作目となるこの作品に出演した、ソル・ギョング、「ミセンー未生ー」のイム・シワン、キム・ヒウォン(「ゴハン行こうよ2」)ホ・ジュノ(「仮面の王 イ・ソン」)といった錚々たる演技派俳優も一目置く存在です。国内外で高く評価された映画で、フィルムノワールと聞くと、暗くて重いイメージですが、この作品は、美しく、ときに笑えて爽快、心にしみる人間ドラマでもあります。先入観なしに多くの人に観てもらいたい!フィルムノワールのイメージとはまったく異なる、シャイで静かな語り口の監督にお話を伺いました!
映画『名もなき野良犬の輪舞(ロンド)』ビョン・ソンヒョン監督に聞く_1_1
●この映画はスタイリッシュで磨き抜かれた、面白く、若々しいフィルムノワールと絶賛されています。映像も美しく、すべてが完璧で丁寧に作られた珠玉の作品だと思いますが、完成にどのくらい時間がかかりましたか?

ー初めての商業映画作品『マイPSパートナー』がロマンティックコメディで成果もあったので、制作会社は次作もソフトなものを期待したと思うんです。フィルムノワールを撮りたいですと言ったので反対もあり大変で。なので彼らが投資を決心するまでに時間を要したんですが、その間にシナリオ作りを進めていました。本格的に撮影に入るまで時間はかかりましたが、撮影自体には時間はかかりませんでした。

●この作品でいちばんこだわったことは?

ーフィルムノワールというと、たとえて言えばグレーで、重々しい感じですが、彩色、カラフルであること、若々しいイメージにこだわりました。それから主人公二人の感情の動きに特にこだわりましたね。

●キャスティングはスムーズでしたか?

ー順調とはいえなかったんです。主人公二人の年齢差はさほど大きい設定じゃなかったんですが、実年齢の離れるキャストになったり。でも、それを感じさせないように努力もしたし、いい結果になりました。

●邦題が原題と全然違いますがどうですか?

ー「不汗党(原題)」(意味はならず者、慈悲無き者)という題が自分でつけておきながらそんなに気に入っていなくて、この日本語題の方がむしろ趣があっていいですね。

●今後一緒に仕事をしたい、注目している俳優さんは?

ーすごくたくさんいますが、ソル・ギョングさん、イム・シワンさんとはまた一緒に仕事をしたいですね。それから、チョ・スンウさんやチョン・ドヨンさんは最優先したい俳優たちです。

●影響を受けた映画監督にはスコセッシ監督、タランティーノ監督、ジョニー・トー監督などをあげていらっしゃいますが。

ーそうですね、好きな監督はたくさんいるのですが、スコセッシ監督の作品は子供の頃からいちばん観て来ましたし、ファンとして好きな監督です。タランティーノ監督やデヴィット・フィンチャー監督も。『メッセージ』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督もいいですね。最近観た映画ではスピルバーグ監督の『ザ・ポスト(原題)』(邦題「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』)がとても良かったです。韓国では小さい映画館でしか上映されなかったんですが。

●『名もなき野良犬の輪舞』もカンヌ映画祭などで注目されましたが、韓国映画が世界で注目されることはどう感じていますか?

ー正直、よくわかりませんが、認められるのはいいことですよね。僕自身、いろいろ探して観る方ではないんですが、『アシュラ』『哭声/コクソン』など僕も好きな映画は海外でも反響があるんだなあと感じています。

●最近いちばん感動したことは?

ー今年に入ってこの作品のファンの集いが韓国であったのですが、早朝からたくさんの方が列をなしてくださって感動しました。映画自体のファンやソル・ギョングさんやイム・シワンさんのファンの方達が本当に多勢来てくださいました。

●次のプロジェクトは決まっていらっしゃいますか?

ー政治映画を予定していて、シナリオを書き終えて脚色をしているところです。

●日本にはよくいらっしゃるんですか?

ー幼い頃に両親と名古屋に来たことがあるらしいんですが、よく覚えてないので、今回が初来日です。

●大阪に寄られて東京にいらしたそうですね。大阪はいかがでしたか?

ー食べて、飲んで、食べて、飲んで、です(笑)。

●お忙しい毎日だと思われますが癒し法は?

ーこれといった趣味を持っていないので、楽しみは友人たちとのお酒ですね(笑)。

●監督はオシャレにも興味があるようですが?

ーブランドとかファッションショーとかには疎いのですが、原宿みたいなストリートファッションが好きです。服は、ちょっとお酒を引っ掛けて街を歩いている時に、気に入ったものがあれば買ったりします。

●韓国でお勧めの場所はありますか?

ーピルトンというエリアにあるピルトンミョノク(筆洞麺屋)です。平壌冷麺がお勧めです。(ミシュランにも載っている店のようです!)

●マリソル読者に映画のアピールをお願いします!

ー本作はセクシーかつ、スーツの着こなしもキマった悪い男たちの純情を描く美しく格好良い映画です。美青年も出てますのでぜひご覧ください!
映画『名もなき野良犬の輪舞(ロンド)』ビョン・ソンヒョン監督に聞く_1_3
映画『名もなき野良犬の輪舞(ロンド)』ビョン・ソンヒョン監督に聞く_1_4
映画『名もなき野良犬の輪舞(ロンド)』ビョン・ソンヒョン監督に聞く_1_5
『名もなき野良犬の輪舞』 監督:ビョン・ソンヒョン『マイPSパートナー』 出演:ソル・ギョング『シルミド SILMIDO』 イム・シワン『弁護人』  チョン・ヘジン『王の運命―歴史を変えた八日間―』     キム・ヒウォン『アジョシ』 イ・ギョンヨン『ベルリンファイル』 2017年/韓国映画/120分/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/PG12 (c)2017 CJ E&M CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED 5月5日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー


桂まりさん●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!

What's New

  • 夏の話題作、推しドラマ&映画が大渋滞!!

    気分を上げ、心を豊かにしてくれる芸術の存在にありがたさを今まで以上に感じる今日この頃。嬉しいことに、この夏も話題の韓国ドラマ、韓国映画が目白押し!ドラマは「シグナル」「ムーブ・トゥ・ヘブン:私は遺品整理士です」のイ・ジェフンさんのダークヒーローもの「模範タクシー(原題)」、「星から来たあなた」のチョン・ジヒョンさんの「キングダム アシンの物語」。映画は、実話をもとに描いた働く女性の『サムジンカンパニー1995』、韓国で観客動員820万人超えを記録したブロックバスター映画『白頭山(ペクトゥサン)大噴火』、「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」『新感染 ファイナル・エクスプレス』のコン・ユさんと「青春の記録」のパク・ボゴムさん共演の『SEOBOK/ソボク』、そして、グローバルに活躍するBLACKPINKの本国デビュー5周年を記念した初の映画『BLACKPINK THE SHOW』と熱いラインナップに注目!

    韓流NEWS

    2021年7月9日

  • 豪華、韓ドラ松花堂弁当! 魂入れ替わりラブコメ時代劇「哲仁王后(チョルインワンフ)」

    韓国ドラマ好きなら、知らない人はいない名作ドラマ量産ケーブルTV局tvN。私の韓国旅行の楽しみのひとつは、tvNがリアルタイムで観れること。そのtvNの歴代視聴率ランキングの上位を占めるのは、1位から「愛の不時着」「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」「恋のスケッチ 応答せよ1988」「ミスター・サンシャイン」と続き、5位が今回紹介する「哲仁王后(原題)」、6位が「ヴィンチェンツォ」。ランキングからも、愛すべき魂入れ替わりフュージョン・ラブコメ時代劇「哲仁王后」が、どれだけ人々を熱中させ、大ヒットしたかが伝わってきます。どのキャラクターも生き生きと魅力的で、衣装やセット、宮中料理なども麗しくときめきが止まりません!待望の日本初放送が衛星劇場でスタートします!!

    韓流NEWS

    2021年7月1日

  • 「女神降臨」でブレイクの新星、ファン・イニョプさんインタビュー

    世界100カ国でヒットしたウェブ漫画が原作というドラマ「女神降臨」。日本でも放送中で、顔の天才チャウヌさん演じる秀才イ・スホの恋のライバル、ハン・ソジュンがはまり役と話題となったのがファン・イニョプさん。魅力あふれるキャラクターに完璧にシンクロ、ソジュン派、ハン・ソジュンアリ(ハン・ソジュン病)続出で、切ないソジュンの心情を乗せたOST(ドラマ挿入歌)まで披露し、世の女子たちのハートを鷲掴みに。超新星として注目されています。イニョプさんは「ノクドゥ伝~花に降る月明かり~」でカン・テオさん演じるユルムの護衛役を経て、温かくて泣ける推しドラマ「18アゲイン」では恋に不器用な高校生役を好演。「18アゲイン」放映時20万人だったSNSのフォロワー数が、「女神降臨」の熱量で935万人超えに増えたそうです。そんな宇宙いち学生服が似合う30歳のルーキーは、現在チ・チャンウクさんと来年配信予定のNetflix「アンナラスマナラ」(「雲が描いた月明かり」「梨泰院クラス」のキム・ソンユン監督、「雲が描いた月明かり」「恋するジェネレーション」のキム・ミンジョン脚本家)の撮影中だという彼に、グッと迫ります!

    韓流NEWS

    2021年6月21日

  • 眼福、社会派、癒し系。話題の最新ドラマや映画が大豊作!!

    6月も話題作が続々登場して嬉しい限り!百想芸術大賞で作品賞に輝いた「怪物」は、主演のシン・ハギュンさんが、「ヴィンチェンツォ」のソン・ジュンギさんや「サイコだけど大丈夫」のキム・スヒョンさん、「悪の花」のイ・ジュンギさん、「ペントハウス」のオム・ギジュンさんという錚々たる候補者を抑えて最優秀主演男優賞も受賞したのにも納得の話題作です。また、じんわり泣けて私好みの「賢い医師生活」シーズン2も始まるなど、韓国ドラマ、韓国映画の快進撃はこの夏も続きます!!

    韓流NEWS

    2021年6月15日

  • ファン待望New Single「Emotion」リリース!チャン・グンソクさんロングインタビュー

    5月26日に、シングルとしては4年半ぶりとなる「Emotion」をリリースしたチャン・グンソクさん。子役時代からドラマや映画で活躍してきた彼は、歌手として日本デビューも果たしマルチな才能でファンを魅了してきました。昨年5月に約2年に及ぶ社会服務要員としての服務を終え、アーティストとして再始動!今年3月の配信シングル「Star」が、たちまちLINE MUSICリアルタイムチャートで1位になるなどそのカリスマぶりを発揮。しなやかに、そしてパワーアップして帰ってきた唯一無二のエンターテイナー&伝説のスター、グンソクさんにたっぷりお話をうかがいました!

    韓流NEWS

    2021年5月28日

  • 泣ける!イ・ジェフンさんの「ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です」

    「この人の作品なら何はともあれ観てみよう」と思う俳優のひとりが、「シグナル」のイ・ジェフンさん。彼は映画やドラマでおなじみの演技派俳優ですが、2016年に観た「シグナル」は作品の完成度が衝撃的で、私的ベスト10ドラマのひとつです。先月約2年ぶりに「模範タクシー(原題)」でドラマ復帰したジェフンさん。Netflixオリジナル作品「ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です」は、ファン待望の彼の最新ドラマでもあります。5月14日に配信スタートしたこの作品は、ジェフンさんと、「愛の不時着」のタン・ジュンサンさんの共演でも話題。「悪霊狩猟団カウンターズ」も痛快だったし、極上エンターテイメント「ヴィンチェンツォ」に心奪われ、全員が怪しいサスペンスの極み「ロースクール」もだいぶ面白くハマっていますが、派手さはなくとも温かい涙を誘う系のこんなドラマも必須です!!

    韓流NEWS

    2021年5月17日

  • 顔の天才、チャウヌさん(ASTRO)が語る「女神降臨」!

    次から次へと、手に余るほど麗しい俳優を世に送り出す韓流ドラマ。いま、最も注目されている美男ツートップは、完璧なスタイルで27歳には見えない童顔、声も魅力的なソン・ガンさんと、顔の天才と言われる、アイドルグループASTROの多才なチャウヌさん。二人とも漫画から飛び出てきたようなイケメンで、とくにチャウヌさんは、「推しは推し、チャウヌはチャウヌ」(韓国語でチェチェチャチャ)という新造語があるほど、誰もが認める圧倒的存在。そんな彼の、演技ドル(演技もできるアイドル)としての話題の最新ヒット作ドラマ「女神降臨(原題)」が日本でも始まります!

    韓流NEWS

    2021年4月19日

  • ソン・ジュンギさんの怪演が話題!「ヴィンチェンツォ」の沼にハマる

    「愛の不時着」「梨泰院クラス」に続くNetflixのヒットドラマとなっているのがソン・ジュンギさん主演の「ヴィンチェンツォ」。ドラマ好きの間では、2019年の名作「熱血司祭」の脚本家パク・ジェボム作家と、美しい映像とていねいな演出が印象的だった「王になった男」のキム・ヒウォン監督、制作がスタジオドラゴン、韓国放映が良作ドラマで知られるケーブル局tvNというだけで心待ちにしていた作品です。Netflixの人気ランキングトップにも輝き、韓国でも話題沸騰中。裏切り、どんでん返し、何でもありでときにじんわりさせられ、そしてテンポよくサイダーのように痛快、爆笑を誘うウィットに富んだセリフがそこここにちりばめられた、韓国ドラマの真骨頂。存分に楽しめます!

    韓流NEWS

    2021年4月13日

Read More

Feature

Ranking