定番のスタンスミス、買い換えるなら?【女のスニーカー問題】

2018年5月2日
スニーカーのことなら東京スニーカー氏に聞け! アラフォーのためのスニーカーはどれを選ぶべき?
今さら聞けない(?)ことから、ちょっとした豆知識まで今回も、女性が気になるスニーカーの素朴な疑問を東京スニーカー氏にたくさん答えてもらいました!

東京スニーカー氏

:エディター小澤匡行さん フリーのエディターとして『メンズノンノ』『ウオモ』など男性ファッション誌で幅広く活躍するアラフォー世代の編集者。噂の著書『東京スニーカー史』(立東舎)から、"東京スニーカー氏"と呼ばれるように。

Masayuki Ozawa

1/2

2/2

Q.定番スタンスミスを買い替えるなら?
A.毎年微妙に変わってます。今年のレザーはリッチです!


今や定番のスタンスミスですが、実はABC-MART流通限定モデル以外は、毎年ディテールや素材感をマイナーチェンジしています。中には「○年製がよかった!」と微差に注目するマニアもいるほど。今年はレザーの品質がアップ。ヒールのロゴも同色の型押しに変わっており、ミニマムでリッチな印象に進化しています。

2018年モデルはロゴが同色のヒールに注目。スニーカー¥14,000/アディダスグループお客様窓口(アディダス オリジナルス)
Q.トレンドのスエード。おすすめは?
A.定番のキャンパスとガゼル。似ているようで、違います!


僕にとってのスエードはアディダス オリジナルスを代表するこの2モデル。右がキャンパス、左がガゼルでそれぞれ出自はバスケットシューズと万能なトレーニングシューズ。一見似ていますが、ガゼルは甲が低くて細身のフォルム。一方でキャンパスは爪先がすっきりして丸みを帯びています。ともに著名ミュージシャンに愛されて有名になりました。音楽カルチャーとつながりの深いモデルです。

キャンパスは1983年に、ガゼルはもっと古く1968年にデビュー。ネイビーの色みも微妙に異なる。スニーカー(右)¥9,990・(左)¥9,990/アディダスグループお客様窓口(アディダス オリジナルス)
【Marisol5月号掲載】撮影/魚地武大(TENT/物) スタイリスト/秋山貴紀 文/小澤匡行

What's New

Feature

Ranking