ベースメイクだけでも小顔に!顔がキュキュキュと引き締まる3つのポイント

2018年4月24日
小顔づくりのカギを握るのがベースメイク。高く見せたい箇所は明るく、引っ込ませたい箇所は暗く、影にして、メリハリを
ふと鏡を見て、「顔がもっさりしてる! ? 」なんて感じたことはない? ヘア&メイクアップアーティスト、小田切ヒロさんの小顔レシピがあれば、5年前のシュッとした顔が復活するから!

ヘア&メイクアップアーティスト 小田切ヒロ

「僕のとっておきの小顔レシピ、お教えしましょう!」


■光と影を操って、すっきり顔を作るポイント3つ

ファンデーションやコンシーラーで、基礎を作った上に、2種類の質の違う光と影色を組み合わせれば……!鏡の中の自分のすっきり顔にきっと驚くはず。

1.ストロビング

「目もとのゴーグルゾーンにゴールドの光をのせ、自然な立体感をプラスしつつ、透明感をアップ。いきいきした肌に仕上がります。シワを予防するには、トントンとタッピング塗りで」

1/3

2/3

3/3

【オススメitem】
右)ローズゴールドのハイライターは肌になじみ、にじみ出るような光を放つ。目もと、頰、口もとにも使える。rms マスターミクサー¥4,900/アルファネット

左)きらめき感の強い夏っぽい輝きをオン。軽やかな質感で広い範囲につけても圧迫感なし。シンクロスキン イルミネーター ピュアゴールド 40g¥3,800/資生堂
1.ゴールドのハイライトを少量指にとり、手の甲にのばして、指に薄く残ったものを使う。まず目の下にタッピングするように優しくなじませて。
2.続いて指に残ったハイライトを目の上に、よりソフトなタッチでタッピング。色を感じさせず、「なんとなくツヤが加わったな」というくらいの薄さで。

What's New

Feature

Ranking