鼓膜彼氏ソン・シギョンさん、気概を見せる

 韓流ドラマが好きならきっと耳にしたことのある、心奪われるOST(挿入歌)の数々でも知られる国民的歌手ソン・シギョンさん。バラードの皇帝、鼓膜彼氏の異名を持ち、作詞作曲も、そしてスマートで機知に富む人柄から、芸能大賞やゴールデンディスク賞授賞式、バラエティ番組のMCとしても活躍中。そんな彼が日本活動にも本腰を入れ、その気概を高めています。7月には新譜もリリース予定、日本語も堪能で、気さくで面白いシギョンさんにお話を伺いました。
鼓膜彼氏ソン・シギョンさん、気概を見せる_1_1
●日本での本格的な活動開始となった、全国7カ所での「ソン・シギョン JAPAN 1st SHOWCASE TOUR 2018〜春、君〜」を終えての感想は?

ー楽しくもあり、疲れました(笑)。韓国で全国ツアーをするときは、1週間おきか、週末だけというスケジュールで。今回はスケジュールが詰まっていて新幹線で休んでも、なかなか疲れが取れなくて(笑)。でも、日本は地方それぞれに魅力があっていいですね。どこも活気があって、その土地に自信があって、僕からみると充実している感じがするんです。日本酒もそれぞれ美味しくて。飛露喜というお酒も美味しかったです。今回は時間がなくて温泉には行けませんでしたが、万座温泉とか最高ですよね。(え!温泉保養士の私が関東一と崇める万座温泉をご存知!日本通すぎる、、、)

●多くのヒット曲をお持ちですが、シギョンさんの歌を初めて聴くならどの曲がお勧めでしょう?

ー英語で歌ったクリスマスアルバムを聴いていただきたいです。それから、「僕に来る道」、「道で」、「星から来たあなた」のOST「君のすべての瞬間」でしょうか。(ちなみにかつてわたしは「二人」という曲を偶然耳にして心留まり検索すると、その曲もシギョンさんの代表作のひとつでした。「メロディより歌詞のいい歌」、だそうです)

●「シークレット・ガーデン」、「千日の約束」、「応答せよ1994」、「星から来たあなた」、「雲が描いた月明り」、「青い海の伝説」など大ヒットしたOSTがたくさんありますが、特に記憶に残っている作品はありますか?

ー「シークレット・ガーデン」の「君は僕の春だ」です。ドラマが6話くらい放映された頃に、10話あたりで流す曲を頼まれて、急いで作ったOSTです。(韓国のドラマは週に2話放映するので、急ぎですよね)「今日流れるから」と言われた日に飲みながらテレビを観ていたんです。でも編集やプロデューサーの意向でどのくらい流れるかもわからないじゃないですか。その日は結局、ロマンティックなシーンでサビまでたっぷり流れて、超ハッピーでした!!(笑)

●韓国のエンターテイメントは、国内のみならず海外でもとても注目されていますがどう感じていますか?

ーもちろん幸せなことです。みんな不思議だと感じていると思います。アジアだけでなく、南米などでもですよね。目指してそうなったわけではなく、自分の場所で頑張って、最高のものを創ろうと努力した、文化の力じゃないですか。認められることは嬉しいと同時にプレッシャーもありますよね。

●シギョンさんの歌をカバーした歌手で、いいなと感じた方はいますか?

ーSUPER JUNIORのキュヒョンさんが僕の歌が好きで、聴くと声が合っているなあと思います。(キュヒョンさんとは「HOME」という曲でデュエットもしています)カバーしてもらうともう一度その曲が注目されるので、いいことだと思ってます(笑)。

●国内外を問わず最近よく聴いているアーティストはいますか?

ー新しいアーティストの曲など積極的に聴いたりする方ではないんです。僕はどうしても過去向き。聴いて落ち着けるのは昔の音楽なんです。スティービー・ワンダーさんとか、韓国でしたらユン・サンさん、最高です。たまにジャズも聴きます。高級料理のように、少し勉強すると理解できて、メッセージの違いが何かわかってくる。少しずつですが。

●昨年末リリースの日本1stアルバム「DRAMA」では、小田和正さん、レミオロメンさん、オリジナルラブさん、MISIAさん、玉置浩二さんの歌もカバーしてますが、日本のアーティストで一緒に仕事をしてみたい方はいますか?

ーたくさんいます。まず小田和正さんを狙っています(笑)。ご本人は狙われていることに気づいてないでしょうけど(笑)。20年作詞作曲や歌を歌って来て、立派な存在の方々が、どうして立派と言われるのかわかるようになりました。歌も勉強するともっと深く味わえるようになる。その方の一曲からも良さが伝わりますね。

●今年からレギュラーで出演しているNHK Eテレ「テレビでハングル講座」、LINE LIVE「ソン・シギョンの見えるラジオ」など日本での番組収録は、韓国と違いますか?

ー全く違いますね。「え、そこまで!?」というくらい日本は細かい打ち合わせがあります。安全というか。過程や努力することが大事で、そこを応援しますよね。韓国は、パリパリ(早く早く)が肝心なので、車で走っていても抜かされちゃダメなんですよ(笑)。スピード感、とっさの判断を要求される。勘が大切で、それぞれが居場所を決めて求められていることをこなす、もっとタイトな感じですね。

●新たに挑戦したいことはありますか?
ー今挑戦している、日本での活動です。あ、7月に日本語検定1級を受験すると公言してしまったんですが、落ちたらカッコ悪いな(笑)。

●歌詞を理解して伝えたいと日本語も英語も習得されて堪能、勉強家とお見受けしますが?

ーそういうフリをしているだけで(笑)。長い間一緒にラジオの仕事をしていた方にも、本をたくさん読んで学ぶというより、一つだけ読んで真似やフリができるずる賢い人物、と言われたことがあります。それも才能だと(笑)。

●マリソル読者が韓国を旅するなら、どこをお勧めしますか?

ー(グルメとしても知られるシギョンさん、持ち駒が多いためかひとしきり悩む。以前お話を伺った映画監督ビョン・ソンヒョン監督のお勧めはピルトン麺屋でしたとお伝えすると)僕の父がグルメで、すごいリストを持ってるんです。ピルトン麺屋もそのリストに載っていて、僕も30年くらい通ってます。10回くらい食べないと良さがわからないかもですが、兵役中ずっと、無性に食べたいと頭に浮かんだのはここの冷麺とアメリカーノでした(しみじみ)。もし、カンジャンケジャンもお好きでしたら、カンナム駅近くのチョンネネという店もお勧めですよ。何を頼んでも美味しい貴重な店なんです。

★ソン・シギョン日本初シングル発売情報★
タイトル:「幸せならそばにある」
発売日:2018年7月4日
M-1「幸せならそばにある」 作詞:松井五郎/作曲:Sung Si Kyung/編曲:冨田恵一
M-2「鼓動は届く」 作詞:久保田洋司/作曲・編曲:岩田雅之
<各オリジナル・カラオケ収録>
初回盤【CD+ミニフォトブックレット】VIZL-1417 ¥1,667+tax
通常版【CD】VICL-37417 ¥1,204+tax


桂まりさん●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!

What's New

  • ライジングスター、チャン・ギヨンさんの初主演ドラマ「ここに来て抱きしめて」

    「ゴーバック夫婦」、「私のおじさん」と心に響くドラマで脚光を浴びたチャン・ギヨンさん。彼の初主演ドラマが「ここに来て抱きしめて」です。サイコパスの息子という難しい役を熱演、今月1日には韓国のゴールデングローブ賞とも言われる百想芸術大賞で、新人賞を受賞!相手役のチン・ギジュさんも、名作「ミスティ」での助演が光っていた女優さんです。「ちょっと暗いんだけど面白いから観て」と友人に勧められたのですが、グッと引き込まれるストーリーで一気観してしまいました!カリスマ俳優、ホ・ジュノさんの存在感もものすごいです。次回作の「検索ワードを入力してください:WWW(原題)」(制作が「トッケビ」や「ミスターサンシャイン」と同じ!)も期待されている彼は、身長187センチのモデル出身で、制服姿がとにかく凛々しい!「大丈夫、愛だ」や「最高の結婚」でも目を引きました。ファッションブランドの広告モデルにも抜擢される26歳のライジングスターで、8月にはファーストファンミーティングも開催予定です!

    韓流NEWS

    2019年5月13日

  • 今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」

    韓国人の友人が、「今まで観たドラマの中で最高の人生ドラマ」と絶賛していた「眩しくて(原題)」の日本初放送がいよいよ始まります。期待をはるかに上回る心に響く良くできた脚本のドラマで、「国民のお母さん」と言われる大女優キム・ヘジャさん、昨年映画『ミス・ペク(原題)』で女優賞を総なめしたハン・ジミンさん、同じく昨年時代劇映画『安市城 グレート・バトル』で新人賞を総なめしたナム・ジュヒョクさんの3人が主演。脇を固めるベテラン俳優さんたちも素晴らしく、それぞれのキャラクターが生き生きときめ細やかに描かれています。映像も美しく、主人公の家の美容室のインテリアまですべてチャーミング。年齢を問わず、今いちばん観て欲しい深みのある人生ドラマです。この作品でジュヒョクさんは、憂いのあるジュナ役を好演し一目置かれる俳優に。25歳になったばかりの若手俳優の彼が、人生を考え直すきっかけとなったこの作品を振り返り語ります。3月に出した日本初となる写真集も好評発売中で、出版記念のイベントも盛況、SNSのフォロワーは1050万人に!また、ドラマ「保健教師 アン・ウニョン(原題)」や、来年公開予定のリメイク版映画『ジョゼと虎と魚たち』の主演も決まり、快進撃が続きます。

    韓流NEWS

    2019年5月1日

  • 演技の神童から名優へ。ヨ・ジングさんの素顔

    8歳でデビュー、演技の神童と言われてきたヨ・ジングさん。神がかった演技力から、”ゴッドジング”の異名を持つ21歳だ。日本でも6月から放送される「王になった男(原題)」で、ひとり二役の主人公を熱演し話題に。ジングさんの代表作品と絶賛されたこの注目のドラマで、百想芸術大賞最優秀演技賞にもノミネートされ、演技派若手俳優として圧倒的な存在感を放っています。そんな彼が2年半ぶりにファンイベントで来日!「イルジメ」や「ジャイアント」から、『ファイ』『1987』など、ずっと印象的な作品を届けてくれているジングさん。素顔の彼にはどこか気品があり、太陽のように朗らかでチャーミング。日本語もだいぶわかるようで、時折話す日本語もなめらか!今回のファンミーティングではピアノの弾き語りでback numberの「ヒロイン」を披露してくれ、魅力的な美声にとても似合っていました。映像も美しく、イ・セヨンさんをはじめキャストも秀逸な「王になった男」は必見、IUさんと撮影中だという「ホテルデルーナ(原題)」も楽しみです!

    韓流NEWS

    2019年4月20日

  • 「屋根部屋」で悲願のNo.1!N.Flyingの初アルバムとツアーに期待!

     N.Flyingは、2013年10月に日本でインディーズデビュー後、2015年に韓国デビュー。デビュー曲「キガマッキョ」がヒット、翌年日本でもメジャーデビューを果たし、先輩バンド、FTISLANDやCNBLUEの次世代バンドとして注目されてきた実力派です。今年2月には「屋根部屋」で、デビュー4年目にして韓国で悲願の音源チャート1位に輝きブレイク中。5月には初となるアルバム『BROTHERHOOD』をリリース予定、6月には東京、大阪、名古屋でツアーが控えています。先輩バンドのライブの前座、昨年の単独ライブにも2度、リーダーがゲストで参加したイ・ホンギさんのファンイベントで彼らの活躍を見てきたので、チャートナンバーワンのニュースに胸が熱くなりました。元気でパワフルな魅力が炸裂の彼らの熱いライブをぜひ体感してみて!!来日した4人のトークからも仲睦まじさが伝わりました。

    韓流NEWS

    2019年4月7日

  • EXOのド・ギョンスさん時代劇初主演、ドラマ「100日の郎君様」が眼福!

    EXOのD.O.ことド・ギョンスさんは、その演技力でも知られる存在。ドラマや映画でも高く評価され、ドラマ「100日の郎君様」では時代劇での初主演に挑戦、そしてもちろん大ヒット。ギョンスさんの演技は、映画『純情』でも、船の縁に腰掛けているだけでもものすごい存在感で驚愕したことがあり、この主演ドラマでもその魅力が全開。ヒロインのナム・ジヒョンさんは、「善徳女王」の子役時代から注目している女優さんで、安定の演技力でとってもチャーミング。脇を固めるベテラン俳優たちはもちろん、キム・ソノさん、キム・ジェヨンさん、ホン・ユンジェさんなど若手俳優たちも見目麗しい!そしてこのドラマの撮影は全羅道順天にある「楽安邑城(ナガンウプソン)」でも行われたのですが、ここは朝鮮時代の土城と草葺き屋根の家などが400年以上も原型のまま保存されためずらしい史跡。今も85世帯が暮らす、金銭山を望む美しいこの村に、なんと偶然ドラマ撮影中に旅の取材で訪れたため、ドラマが始まるまえから注目していた作品でもあります。映像も美しいラブコメなのでぜひ!!

    韓流NEWS

    2019年3月15日

  • 「ボーイフレンド」で2年ぶりにドラマ復帰、別格人気のパク・ボゴムさんが来日!歌手デビューも!

    爆発的にヒットした「雲が描いた月明り」で”アジアのプリンス”となったパク・ボゴムさんが、ドラマ「ボーイフレンド(原題)」で2年ぶりに待望のドラマ復帰。"アジアのボーイフレンド”となり、アジアツアーの一環で、約1年ぶりのファンイベントのために来日したボゴムさん。なんと3月20日にはシングル「Bloomin’」で日本歌手デビューも!!さいたまスーパーアリーナを沸かせ、ひとつずつ夢を叶えていく、華やかなオーラで輝くスター。壮大なファンイベントで多くのファンを魅了する、彼の人気はやはり別格でした。

    韓流NEWS

    2019年3月6日

  • 走り続けるアーティストiKONが、昨年最大のヒット曲を含むアルバム『NEW KIDS』をリリース!

     BIGBANGの系譜を継ぐiKONが、2月27日に”NEW KIDS”プロジェクトの集大成となるアルバム『NEW KIDS』をリリース。これに合わせた記者会見に行ってきました。このアルバムには、2018年韓国の年末賞レースで、ベストソング賞を総なめした「LOVE SCENARIO」、新曲「I’M OK」「KILLING ME」 「GOODBYE ROAD」の日本語バージョンを含む全21曲を収録。いちど聴いたらループにハマる、めくるめくiKONワールドに浸れる一枚となっています。ぜひ聴いてみて!!

    韓流NEWS

    2019年2月27日

  • 「私の後ろにテリウス」のソン・ホジュンさんが愛される理由

    昨年東京でのファンイベントが自身初のもので、その時はとても緊張しました、と話すソン・ホジュンさん。今年も日本に来ることができてありがたく、そしてとても嬉しいといいます。共演したソ・ジソプさんが演技大賞を受賞するなど話題となったドラマ「私の後ろにテリウス(原題)」では、初の悪役を好演。さらにユ・ヨンソクさんと始めた寄付イベントを番組化した「コーヒーフレンズ」と、2月に放映されるドラマ「眩しくて(原題)」の撮影を終え、これから映画『最後の宿題(原題)』(感動的な映画だそう)が始まるのだとか。そんな忙しいスケジュールの合間を縫っての2度目のファンイベントのため来日、もちろん会は盛況でした。また、ホジュンさんは取材を終えても幾度も挨拶し、まわりの人々を癒し、幸せにしてくれる優しさに満ち溢れていました。東方神起のユンホさんの親友としても知られ、同業の友人も多い彼。「応答せよ1994」でブレイクして以来、人々を惹きつけてやまないその理由がわかった気がします!

    韓流NEWS

    2019年2月15日

Read More

Feature

Ranking