昔と同じブラだと、そげ・垂れ・離れが加速!アラフォーはブラの見直し時です【キレイになる活】

2018年5月4日
アラフォーになってもブラは若いころのままという人、案外多いのでは?でもブラは年齢に合わせて変えるべき!
合わないブラをつけていることや、間違ったつけ方をしていることは、バストのそげ・垂れ・離れを加速させる大きな原因。アラフォーだからこそ、ブラ選びとつけ方の見直しを!

☆私たちが解説します!

  • ワコール広報・宣伝部 白鳥貴子さん
  • 美乳研究家 MACOさん

年齢や自分のサイズに合うブラを 正しく選んで美乳を目ざして

「加齢が進むと上胸の肉が落ち、乳房内部では脂肪が増え、柔らかくなります。そのため20代用に開発されたブラを40代の女性がつけると、ブラのパワーが全体に伝わらず、上胸まで美しく整えることができません」(白鳥さん)

 下の画像のように、40代が20代のブラをつけるとバスト上部にすき間ができ、パカパカと浮いてしまう状態に。
「40代向けのブラは、カップ内側に乳房を大きな面で押し上げて上胸までふっくらさせる工夫がされていたり、アンダーベルトやストラップが太くなっていて肌に食い込みにくくなっていたり、ワイヤーの曲線が緩やかで外に流年齢や自分のサイズに合うブラを正しく選んで美乳を目ざしてれるのを優しく抑えたりといった工夫が施されています。こういったブラを選ぶことが、バストのエイジング対応のコツです」(白鳥さん)
※個人差があります 提供:ワコール人間科学研究所

 また、自分に合ったサイズのブラを正しく選ぶことも大切。
「多くの女性が自分の胸を過小評価していて、実際より小さめのブラをつけてバストを押さえつけていますが、これではバストは育ちません。お店で実際につけてみて、息を吸って胸をふくらませた時にきつくなく、カパカパもしないブラを選んで」(MACOさん)
 選び方のポイントは下の図をチェック。
「ブラは言わば〝第2の皮膚〟。アラフォーの胸をしっかりホールドできる補整ブラを選んで形状記憶させれば、バストは必ず変わります。また、夜寝る時にもバストが横に流れないよう、夜用のブラをするのも理想的。ブラで美乳を育てましょう」(MACOさん)

MACOさんがアドバイス

■アラフォー向け 正しいブラ選びのポイント

アラフォー ブラ選び MACO

MACOさんがアドバイス

■改めて知りたい! 正しいブラジャーのつけ方

ブラ つけ方

1/4

ブラ つけ方

2/4

ブラ つけ方

3/4

ブラ つけ方

4/4

1.ブラに腕を通したら、体を前傾させて、カップに乳房を入れてからホックをとめる
2.そのままの姿勢ではみ出した肉を手でカップの中に流し込む。なるべくバストトップは高い位置に収めて
3.鏡を見ながらストラップのアジャスターを調整。長すぎるとバストが垂れやすく、短くしすぎると食い込んで肩こりの原因になるので調整を
4.ブラの背面のベルトが水平になるように調節。両腕を上げ前面を動かして、ハミ乳していないかチェック。はみ出していたらしまい込む。
【Marisol 5月号2018年掲載】イラストレーション/きくちりえ(Softdesign) 取材・文/和田美穂

What's New

Feature

Ranking