美女組No.123Mariのブログ

美女組:No.123 Mari

No.123 Mari

会社員

娘(14歳)と息子(12歳)、夫を連れて7年前に仕事と家庭の両立がしやすい香港に移住しちゃいました。
平日は外資金融でリスクマネジメントやってます。最近週末MBAを終了しました!

香港、アジアの魅力はもちろん、ママになっても盛りだくさん人生楽しんじゃってるコンテンツをお届けします!

Instagram:@ No.123Mari

弾丸出張最終章は安定のシンガポールで

2018年5月13日
香港と並んでアジア金融のハブとなっているシンガポールで出張シリーズを〆ました~♪
年に2-3回は仕事で訪れる機会のあるシンガポール。
以前は長期出張として1か月住み込んだこともあり、土地勘があるので到着と共に訪れる安心感!

東南アジアで困るのは言葉が通じないことやクレジットカードが使えないこと。
数日のステイだと通貨の感覚がつかめるまで少し時間がかかるし、タクシーからすでにげんなりしちゃいますからね。

その点シンガポールではほぼクレジットカードOKですし、ラクチンです。

台湾からのフライトは4時間強。到着すぐにシンガポールでミーティング。さすがシンガポール、インフラも整っているので遅れることなく午後会議に乗り込むことが可能なんです。

シンガポールは国の戦略としてイノベーションを掲げているだけあって、無人の床掃除機が街中でうろうろしていたり、ハイテクを痛感させられる国なのですが、最新ターミナル4の無人化が半端なくて衝撃でした。ほぼどの国でも税関での顔認証、指紋認証など当たり前になっている今日この頃ですが、荷物検査なども次世代って感じで素晴らしかったです。
乗客を退屈させないよう、ゲームコーナーやプラナカン博物館などもあって楽しめましたよ。

  • ターミナル4の博物館
  • 街中ではパステルカラーのプラナカン様式の建物が素敵
そしてそして、シンガポールで大人気のカフェ、P.S. Caféが金融街に。
オフィスからほどなく歩いたベイエリアに素敵なカフェ。
今回はタイサラダをいただきました。
このカフェではトリュフポテトが名物メニューですので忘れずに!
あと、暑苦しい東南アジアではライムソーダが激うまです。
シュワシュワとさわやかなライムソーダを飲みながらタイサラダをたっぷり堪能しました!
こちら、大人気のカフェのため、ベイエリアが一望できる素敵なテラス席を予約するのがオススメ♪

What's New

Feature

Ranking