崩れやすい季節に、「崩さないベースメイク」の仕込みはスキンケアから!

2018年5月14日
ヨレずくずれず、仮にくずれてきてもキレイに見える。肌とファンデーションを一体化させるステップの始まり、スキンケアのポイントをご紹介
この〝くずれ〞、ファンデーションが悪いの? 下地が悪いの?それとも私が悪いの!? せっかく仕上げたファンデーションが、またたく間にくずれゆくこの時期恒例のお悩みを、プロ直伝の鉄壁のベースメイク術で解決! 今年こそ、朝作ったキレイな肌を夜までくずさず守り抜こう。

☆教えてくれたのは・・・

ヘア&メイクアップアーティスト レイナさん

スキンケアにも精通。見ればその人の肌状態が把握できる、マルチアーティスト

☆スキンケアのポイントはこの3つ!

1/3

2/3

3/3

①朝のスキンケアは〝保湿〞に重点を!

化粧水をたっぷり一度なじませた後、まだ乾きが気になる部位には重ねて、軽い使用感の乳液、美容液などで油分を補い、うるおいを密閉。

②目のまわりだけジェル状のアイクリームをon

乾燥しやすい目もとは、保湿を徹底。ベースのノリをじゃましない、軽くベタつきのないテクスチャーのジェルタイプを指で目まわり全体に。

③目肌の上に〝すべるところ〞がないかチェックon

内から外へ指の腹を優しくすべらせて、ピタッと手が止まったら肌内部に適量のうるおいが入った印。すべるところがあった場合、ティッシュを肌にのせて手で押さえ、肌表面に残った余分な油分をオフ。
【Marisol 6月号2018年掲載】撮影/八木 淳(SIGNO/人物) 国府 泰(物) ヘア&メイク/レイナ スタイリスト/程野祐子 モデル/田中マヤ 取材・文/橋本日登美 構成/原 千乃

What's New

Feature

Ranking