40代のきれい色ルール。「小物」は ワントーンにしか合わせない!

2018年5月15日
単なる"派手な人"にならない、アラフォーのための取り入れ方をスタイリスト福田亜矢子さんがレクチャー

スタイリスト 福田亜矢子
マリソルを牽引する人気スタイリスト。ベーシックを基調に、トレンドアイテムを大人も着やすいコーディネートに落とし込む達人!

Ayako Fukuda
「小物に関しては、きれい色を“きかせる”のがやっぱり素敵だと思います。おすすめなのは、印象が“ぼわん”とするパステル系より、アラフォーをパキッとフレッシュに見せてくれる強めのカラー。コーデがごちゃつかないよう、ワントーンに1点だけ、が上品に見せるポイントです。(福田)」

1/3

2/3

3/3

■Navy×Blue

さわやかなブルーのバッグは同系色のネイビーにさりげなくなじませて

「女っぽすぎるのが苦手な人にもおすすめの配色。バッグは大きいと悪目立ちするので、トレンドの小さめサイズを選んで」。

バッグ¥65,000/エドストローム オフィス(サイモン ミラー) シャツ¥44,000/マディソンブルー スカート¥78,000/モールド(チノ) スカーフ¥16,000/フラッパーズ(マニプリ) メガネ¥45,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー(バニー オプティカルズ バイ オリバーピープルズ) イヤリング¥7,000(ベック・ペッティーナ)・バングル¥9,000(ヨキ)/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店 靴¥27,500/アマン(ペリーコ サニー)

■Gray×Red

クールなグレーに足もとの赤で女らしさをひとさじ

「足もとに赤って定番だけど意外とむずかしい。モノトーンにヒール靴の赤、だと強い女になりすぎてしまうので、あえてのバレエシューズで可愛げを」。

靴¥19,000/アッシュ・スタンダード二子玉川ライズ店(ファビオ ルスコーニ) カーディガン¥28,000・カットソー¥8,500/ボウルズ(ハイク) デニムパンツ¥22,000/ヴェルメイユ パー イエナ 名古屋店(ヴェルメイユ パー イエナ) サングラス¥31,000/モスコット トウキョウ(モスコット) バングル¥4,200/ジューシーロック(ジューシーロック オリジナル) バッグ¥73,000/エドストローム オフィス(サイモン ミラー)

■Beige×Yellow

レディなムードのブラウンコーデにイエローで遊び心を

「バッグの形をバケツ型にしたのもひそかなこだわりポイント。これがカチッとしたハンドバッグとかになってしまうと、急にマダム感が出て老けて見えてしまうので。足もとのサンダルで抜け感を意識しました」。

バッグ¥124,000/ドゥロワー 青山店(パコ・ラバンヌ) ジャケット¥78,000/アパルトモン 青山店(カルメイヤー) シャツ¥35,000/トヨダトレーディング プレスルーム(ジャンネット) スカート¥26,000/オーラリー バングル¥6,500/ジューシーロック(ジューシーロック オリジナル) 帽子¥25,000(アルテサーノ)・靴¥18,000(マウロ・デ・バーリ)/アマン
撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/RINA

What's New

Feature

Ranking