「定番紺&ベージュを素材で鮮度アップ」エディター須藤由美さん【おしゃれプロの「これ買っちゃいました!」】

2018年6月1日
エディター須藤さんのこの春夏買った物を大公開! スカートや小物でキレと女っぽさを投入
おしゃれ好き&買い物好きの目利きたちから、この春夏に買ったワードローブを全力調査!

■エディター 須藤由美さん

トレンドを問わず、結局着るのはネイビー&ベージュ。主軸の色が変わらない(変えられない……)ぶん、シーズンの気分は素材感で楽しもうと思っています。ということで、今季はざらっとドライなリネンや、立体感と光沢のあるジャカードなど表情豊かな素材に更新。パキッと白い小物やアートピースのようなジュエリーで、モダンなニュアンスをプラスしたい。
リネンストライプ ワンピース

1/8

2/8

3/8

4/8

5/8

6/8

7/8

8/8

BLAMINK
■リネンストライプ ワンピース
「上質なリネン素材もシルエットも最高。ウエストリボンでニュアンスが変わり、ラフにもきれいめにもなる」。ワンピース¥110,000/ブラミンク
SLOANE
■シルクハイゲージニット
「素材感といい発色といい、ないと困る一枚。新色のブラウンとリピ買いのベージュを追加」。ニット各¥29,000/スローン
SOPHIE BILLE BRAHE
■右)はしごモチーフブレスレット 左)パール&ダイヤモンドピアス
右)「アート作品から着想を得たという新作。腕を通すとはっとするほどきれい」。ブレスレット¥659,100
「初上陸当時から憧れていた定番的存在」。ピアス(左から)¥81,100・¥742,000・¥80,600(すべて参考価格)/ステディ スタディ(ソフィー ビル ブラーエ)
Seya
■ネイビーポロニット
「シーズンごとに少しずつ買い足している大好きなブランド。ミックス感のあるネイビーとドライな質感が決め手」。ニット¥58,000/スーパー エー マーケット(セヤ)
DELVAUX
■「クールボックス」白バッグ
「久しぶりにときめいたバッグ。すっごく小さいけど収納力があり、かっちりモダンな形と美しい白で、着こなしがぐっと締まる」。バッグ¥301,000/デルヴォー・ジャパン(デルヴォー) 
BLAMINK
■オリーブ系ジャカードスカート
「ジャカード生地が大好物。渋いゴールドで甘くならず、凛とクリーンな白いラインも好み」。
スカート¥85,000/ブラミンク
WESTOVERALLS
■チャコール×白ロゴTシャツ
「黒だと強すぎるけど墨黒ですごく合わせやすい。ロゴもモダンで新鮮」。Tシャツ¥6,800/RHC ロンハーマン(ウエストオーバーオールズ)  
右)BAUDOIN & LANGE 左)ATP
■ブラウンスエード
ローファー&白レザートングサンダル

右)「メンズっぽくて上質なたたずまいにひと目惚れ」。靴¥75,000/ドゥロワー 梅田店(ボードワン・アンド・ランジ) 
左) 「昨年ベージュを買い、シンプ
ルかつききがよくて愛用したので白を追加」。靴¥28,000/TOMORROWLAND(ATP)
【Marisol6月号掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田めぐみ 取材・文/須藤由美

What's New

Feature

Ranking