このアイテムはココで指名買い!おしゃれプロの「かぶりブランド」

2018年5月28日
「このアイテムはココで探す&買う!」という声が多く集まった4ブランドと、それぞれのおすすめアイテムをご紹介

1/4

2/4

3/4

4/4

■SLOANE(スローン)の上質シンプルニット

素材がいいからこそ、定番色もインパクトカラーもさらっとおしゃれに

①「つい手に取るネイビーニットは毎年更新。今年はこのシルクリブで一歩先のクラス感を演出」(マリソル編集ハラチノ)。ニット¥25,000
②「シルクリブの陰影が美しく、きれい色も上品に着られる。旬のグリーンを選択」(マリソル編集長スギノ)。「色ものはシンプルな形で。素材感もいい。私は秋冬のパープルに続き購入」(東原)。ニット¥29,000
③「ベーシックな形もピンク杢で新鮮に」(マリソル編集長スギノ)。ニット¥26,000/スローン
■ebure(エブール)のリネンフレアスカート

大人の洗練と女っぷりが一気に手に入る

①「リネンの服に憧れはあるものの、ナチュラルおばさんに見えそうで挑戦できず……。でもこのスカートは、前立てのフラットなメタルボタンがシャープな雰囲気をプラス。リネン、さらにフレアでもほっこり見えない、まさに欲しかった一枚」(マリソル副編SGUR)。スカート¥58,000・
②「ベージュのワントーンで着たくて購入。腰まわりがすっきり見え、女っぽい」(スタイリスト松村さん)。スカート¥38,000/ebure
■ISABEL MARANT ÉTOILE(イザベル マラン エトワール)の大人フォークロア服

アラフォーに似合う「大人可愛い」をパリのセンスで体現

①「ネイビーの繊細な柄と透け感が大人っぽい」(マリソル編集K松)。「すとんと落ちるラインで、着やせして見える魔法のデザイン。リピ買いです」(エディター須藤さん)。ワンピース¥66,000
②「大人仕様の刺繡ブラウス。よくほめられます」(スタイリスト森さん)。ブラウス¥30,000(ともにイサベル マランエトワール)
③「パリの女の子っぽいクラフト感が絶妙!」(編集カゲモン)。バッグ¥72,000(イザベル マラン)/イザベル マラン
■ATON(エイトン)のこだわり素材の服

着た時の動きから形と生地を作る、シンプルに差がつく服

①「白Tシャツは形ごとに素材を変えるという信念に心酔。今季は後ろすそが長い新型Tシャツを買い足し。細身ボトムでアウトして着たい」(エディター塚田さん)。Tシャツ¥14,000 
②「透け感のある生地をバイアスに使い、揺れ感がすごく印象的。メンズっぽいチェック柄とフェミニンな形の組み合わせがいい」(マリソル副編S田)。スカート¥59,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン)
【Marisol6月号掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田めぐみ 取材・文/須藤由美

What's New

Feature

Ranking