ゴムパンに女っぷりを盛る!セオリーのとろみテーパードパンツ

2016年9月26日
ラクチンだけどキレイに見える!スタイリスト小川ゆう子さんが選んだゴムパンはこちら
ウエストまわりの快適さばかりに注目してしまって、実は太って見えることもあるゴムパン。そこで、「ウエスト全周がゴム」という条件の下、人気スタイリストが美しく見えるゴムパンを厳選!
スタイリスト 小川ゆう子さん
トレンドを感じながら、アラフォーカジュアルにリアルに落とし込むスタイリングが人気

【小川さんが選んだのはこちらのパンツ】

■セオリー(THEORY) とろみテーパードパンツ

「ゴムパンなら、ハリのあるものより、落ち感のあるとろみ素材のほうが断然キレイに見える!
ドロストタイプなのでトップスインしてウエストを見せても様になります。」
トリアセテート 80%、ポリエステル 20% ¥28,000

■配色で、ヒールで、肌見せで。 ゴムパンに女っぷりを盛る3つの技

小川さんは秋気分が深まるダークグリーンのパンツをチョイス。細身のテーパードシルエットで脚長効果は絶大。「レンガ色のリブニットで上半身をコンパクトに、そして女らしい配色にしました」(小川さん)。
足もとはヒールパンプス、そして手首や足首を見せたことで、ラクチンなゴムパンに正装感がプラス。
ゴムパン¥28,000・ニット¥28,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) サングラス¥30,000/ブリンク・ベース(アヤメ) ピアス¥26,000/アッシュ・ペー・フランス(セルジュ・トラヴァル) レザーバングル¥16,900/エヌディーシージャパン(メゾン ボワネ) シルバーバングル¥16,000(シンパシー オブ ソウル スタイル)・靴¥46,000(ネブローニ)/フラッパーズ バッグ¥37,000/CPR トウキョウ(フリン) 

What's New

Feature

Ranking