今っぽく、スタイルアップもかなう働く日の夏スカートは?

2018年6月18日
今どきのおしゃれ感も抜群!「辛口ハイウエストタイトスカート」の今年らしい選びとスタイリングの極意を、エディター三尋木奈保さんが解説

解説してくれたのは・・・

三尋木奈保さん

現実的な上品ベーシックスタイルが、働くマリソル世代に人気。2 冊目となる著書『My Basic Note Ⅱ “きちんと見える”大人の服の選び方』(小学館)が好評発売中

エディター 三尋木奈保さん

今っぽく、スタイルアップもかなう働く日の夏スカートは・・・

「辛口ハイウエストタイト」

ここをチェック!

□ 旬のベルトつきハイウエストは脚長効果も

□ タック&スリットのディテールで脱・地味

タイトスカート
デザイン性の高いタイトなら、今っぽくスタイルアップ!
「タイトスカートも、今年はふくらはぎが隠れるくらいの長め丈が主流です。ハイウエスト&ベルトつきを選べば自然と腰位置が高く見えて、気になるおなかまわりをカモフラージュ、今どきのおしゃれ感も抜群! 長いタイトはもっさり地味に見えそう……なんて心配は皆無です。私も以前はタイトが苦手でしたが、このタイプに目を向けるようになってから大好きなアイテムに!(三尋木さん)」
スカート(共布ベルトつき)¥17,000/アーバンリサーチ ロッソ ルミネ有楽町店(ロッソ)

ロッソの「辛口ハイウエストタイト」を着回し!

白タンクトップ×タイトスカートコーデ

1/2

半袖ブラウス×タイトスカートコーデ

2/2

デザインタイトの持ち味が生きるシンプルコーディネート

働くシーンにふさわしい、知的でキレのいい女っぽさを演出できるのがタイトスカートの醍醐味。ベルトつきの今どきデザインだから、プレーンなトップスを合わせるだけで着こなしが決まる。

スカート(共布ベルトつき)¥17,000/アーバンリサーチ ロッソ ルミネ有楽町店(ロッソ) ニット¥12,000/ビームス ハウス 丸の内(ルトロワ×デミルクス ビームス) メガネ¥48,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ディータ) ネックレス¥15,000/ヴェルメイユ パー イエナ 天神ヴィオロ店(コンチー) バングル¥18,000/essence of ANAY(I MAISON BOINET) バッグ¥37,000/レリタージュ マルティニーク(メアリー オル ターナ) 靴¥35,000/アンタイトル(チェンバー)


サファリ風シャツでドライなかっこよさを引き立てて

このスカートは、左サイドに深めのタック入り。ピタピタにならないストレートシルエットが今っぽく、アラフォーの体型をきれいに見せてくれる。おなかまわりにほどよいゆとりがあるから、シャツをインする着こなしもOK。スモーキーグレー×黒の都会的な色合わせで、カジュアルになりがちな夏通勤にピリッとスパイシーな色気を加えて。

スカート(共布ベルトつき)¥17,000/アーバンリサーチ ロッソ ルミネ有楽町店(ロッソ) シャツ¥24,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) シルバーリング¥4,500/サイクロ 時計¥300,000/DKSHジャパン(ベダ&カンパニー) バッグ¥37,000/エス.アイ.エム(ジャンニ キアリーニ) 靴¥42,000/フラッパーズ(ネブローニ)
撮影/三宮幹史(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/田澤美香 モデル/渡辺佳子 取材・文/三尋木奈保

What's New

Feature

Ranking