エディター三尋木奈保さんが選ぶ「この夏マストなきれい色スカート」を着回し!

2018年6月25日
今シーズン、マストで取り入れたい「こなれ系ミディ丈カラースカート」の今年らしい選びとスタイリングの極意を、エディター三尋木奈保さんが解説

解説してくれたのは・・・

三尋木奈保さん

現実的な上品ベーシックスタイルが、働くマリソル世代に人気。2 冊目となる著書『My Basic Note Ⅱ “きちんと見える”大人の服の選び方』(小学館)が好評発売中

エディター 三尋木奈保さん

今シーズン、マストで取り入れたい“働く日の夏スカート”

こなれ系ミディ丈カラースカート

ここをチェック!

□こっくりしたきれい色が今季のトレンド

□リネン混のこなれ感で甘さをセーブ

ミディ丈スカート
心弾むピンクは、長さと素材感で大人の余裕を加えて
「この夏マストなきれい色スカート。こっくり深めの色選びが今年っぽさのカギです。こちらはダークな赤みピンクが大人向きの華やかさ!通勤に取り入れるなら「遊びが許される日のアクセント要員」と割り切って、リネン混のリラックス素材、丈もぐっと長めを選ぶとおしゃれ感がきわだちます。膝丈だとコンサバ感が強く、甘さがトゥーマッチになりがちなので要注意(三尋木さん)」
スカート¥25,000/インターリブ(サクラ)

サクラの「こなれ系ミディ丈カラースカート」を着回し!

ニット×きれい色スカートコーデ

1/2

ジャケット×きれい色スカートコーデ

2/2

「今年っぽさ」を瞬時にアピール。濃い色同士の組み合わせ

ピンクのスカートに白トップスを合わせるのはありきたり? ならばこげ茶ニットを投入してみて。濃い色×濃い色の組み合わせは、今季大注目のトレンドのひとつ。ピンクというフェミニンカラーを大人っぽくシックな印象に導いてくれる。おしゃれ感度の高い着こなしは、アフター7 にもおすすめ。横広がりのVネックで女っぽい抜けをつくると、カラーonカラーも涼しげ&軽やかに。


スカート¥25,000/インターリブ(サクラ) ニット¥22,000/ショールーム セッション(アダワス) バッグ¥138,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ピアス¥3,000/ジューシーロック(ジューシーロック オリジナル)

ネイビージャケットの肩がけでオフィスにふさわしい甘×辛バランス

スカートのウエストは、デスクワークの日も着心地ラクな総ゴム仕様。幅広のしっかりしたつくりでデザイン性が高いから、トップスをインしてもきちんと感をキープできる。ギャザーが広がりすぎないシルエットバランスも秀逸。気張って見えないこなれ感と華やかさは、通勤のマンネリ解消に最適!

スカート¥25,000/インターリブ(サクラ) ジャケット¥55,000/ebure カットソー¥8,900/ビームス ハウス 丸の内(エイトン) ピアス¥7,000/メゾン イエナ(ソコ) 時計(フェイス)¥22,000・(ベルト)¥5,500/NOJESS バッグ¥16,000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) 靴¥56,000/エストネーション(デヴィット ビューセル)

撮影/三宮幹史(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/田澤美香 モデル/渡辺佳子 取材・文/三尋木奈保

What's New

Feature

Ranking