洗濯王子がゼロから徹底レクチャー! お仕事服を洗ってみました!

2018年6月27日
あなたはちゃんとできている? 意外と知らないことも多い自宅洗いの基礎を、洗濯王子と一緒にイチからおさらい
自宅洗いOKなジャケットを利用して、実際に洗ってみました。

洗濯王子 中村祐一さん

洗濯家。長野県伊那市のクリーニング店「芳洗舎」3代目。「洗濯で世界を変える」との信念のもと、日本中の家庭に洗濯の本質を伝え続ける

☆これを洗ってみました!

M7daysの洗い可能なジャケットを実際に洗濯機で洗って検証!

M7days for Office ウォッシャブルノーカラージャケット ¥23,000

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.まずは洗濯表示をチェック!

まずは洗濯表示を確認することがなによりも大事。これは手洗い表示なので自宅洗いは可。

2.たたんでネットに入れ、洗濯機へ!

小さくたたみすぎると、内側の汚れが落ちにくく、すすぎ残しの心配も。2つ折りで収まるくらいのネットが◎

3.洗濯機の「ドライ」か「手洗い」コースで!

1)手洗い表示の時は、洗濯機の「ドライ」か「手洗い」コースで丸洗い。泡立ちもソフト。「手洗い」や「ドライ」コースは脱水も少なめ。取り出した時は少ししっとりした状態
2)シワがこれ以上増えないように、まずはネットから出す。この時点では細部がヨレヨレ

4.シワが減るようにしっかりと伸ばす

1)まずは両袖を伸ばす。この時、肩の高い位置と袖口を持ってしっかりと引っぱる
2)次に背中の縫い合わせをしっかり伸ばす。両サイドから力を加えることでキレイに。縫い目がヨレやすいので、前身頃やポケットなども伸ばしておくと、乾いた時に差が

5.肩の位置をそろえてハンガーに!

1)ハンガーにかける時は肩の位置を合わせることが大事。これだけでかなり型くずれ予防に
2)色落ちを防ぐために、直射日光は避けて。洗濯物同士の間隔をあけて干すのがベスト

【Marisol 2018年7月号掲載】 撮影/魚地武大(TENT/物) 冨樫実和(取材) スタイリスト/池田めぐみ 取材・文/塚田有紀子 撮影協力/ビュロー品川

What's New

Feature

Ranking