白と黒の自分定番をそろえつつ、グリーンで新要素に挑戦【おしゃれプロの「これ買っちゃいました!」】

2018年6月29日
スタイリスト池田めぐみさんのこの春夏買った物を大公開! スカートや小物でキレと女っぽさを投入
おしゃれ好き&買い物好きの目利きたちから、この春夏に買ったワードローブを全力調査!

■スタイリスト 池田めぐみさん

いつでも自分らしいのは、クリアな白と黒のシンプルな形の服。そんな基本ワードローブを強化しつつ、新顔のアイテムに挑戦してみたいと思っています。この春は「リネン」と「色」。ほっこり可愛くなりそうで見送っていたリネンは、今年は大人っぽく着られる服が豊作。甘くも派手にもなりすぎないグリーンのアイテムから、色に慣れていきたいです。
リネンストライプ ワンピース

1/7

2/7

3/7

4/7

5/7

6/7

7/7

THE SHINZONE
■黒ロックTシャツ
「昨シーズン買い逃し、今季再販と聞いてお店にダッシュ。女性が着てかっこいい本気っぷりが絶妙」。Tシャツ¥9,800/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) 
NEBULONI E.
■グリーンサテンバーサンダル
「シルクサテンの色と上品シンプルな形に、展示会で即決」。靴¥42,000/フラッパーズ(ネブローニ)
SIA TAYLOR
■ドットモチーフネックレス
「イビサ発のジュエリーブランド。プレート状のドットがさりげなくて可愛い」。ネックレス¥113,000/RHC ロンハーマン(シア テイラー)
SLOANE
■白コットンダブルフェイスニット
「秋冬のウールも春夏のコットンも、このニットはもはや私の制服。毛羽立たず毛玉ができず最高」。ニット¥24,000/スローン 
tomas maier
■サングラス
「信頼を置くアイウエアショップで発見。シンプルなのに圧倒的にモダン」。サングラス¥43,000/コンティニュエ(tomas maier)
ELENDEEK
■グリーンフレアスカート
「ボトムで色に挑戦。フレアでもグリーンなら甘くならず新鮮」。スカート¥19,500/エレンディーク  
THE NEWHOUSE
■グレークロップドデニム
「薄すぎない濃いめグレーが好み。ハイウエストで腰やももの肉感を拾わない絶品シルエット」。デニム¥36,000/アーク インク(ザ・ニューハウス) 
【Marisol6月号掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田めぐみ 取材・文/須藤由美

What's New

Feature

Ranking