新鮮な「色」を、カジュアルな素材で積極的に取り入れたい【おしゃれプロの「これ買っちゃいました!」】

2018年7月6日
スタイリスト福田亜矢子さんのこの春夏買った物を大公開! スカートや小物でキレと女っぽさを投入
おしゃれ好き&買い物好きの目利きたちから、この春夏に買ったワードローブを全力調査!

■スタイリスト 福田亜矢子さん

通年ネイビーや黒がスタイリングのべースですが、今シーズンは旬なカラーパレットを取り入れたい。シックで深いトーンと、フェミニンになりすぎないラフな素材感が、色のおしゃれを攻略するキーワードになりそう。ヴィンテージっぽいブラウスやデニム、辛口のシルバージュエリーなど、アップデートした自分の定番とミックスして楽しみたいです。

1/7

2/7

3/7

4/7

5/7

6/7

7/7

SOPHIE BUHAI
■ボリュームアクセサリー
「ボリュームのあるモダンなシルバージュエリーで、着こなしを辛口に仕上げたい」。バングル¥120,000・ピアス¥70,000/ザ リトル ショップ オブ フラワーズ(ソフィー ブハイ) 
ARTESANO
■ストローハット
「エクアドル発のハイクオリティなハットブランド。上質アイテムで色に挑戦」。帽子¥34,000/アマン(アルテサーノ)
ATON
■ノースリーブカットソー
「肩に少しかかるカッティングや、深みのある発色が理想的」。カットソー各¥11,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン)
RH Vintage
■クロップドデニムパンツ
「ももやヒップを丸く女らしく見せるシルエット。グレーを愛用中で、春夏はブルーも追加」。デニムパンツ¥25,000/ロンハーマン(RH ヴィンテージ)
AURALEE
■アイボリーチノパンツ
「ここのワイドは足が細く見える! 定番チノパンツを、春らしい淡いトーンに更新」。パンツ¥28,000/オーラリー
MARISA REY
■スエード×ジュートサンダル
「スエード素材でしっとり大人っぽく」。靴¥19,000/ブランドニュース(マリサ レイ)
ELIN
■白オープンカラーブラウス
「楊柳素材と襟もとのヴィンテージ感が今、新鮮」。ブラウス¥35,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ELIN)   
【Marisol6月号掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田めぐみ 取材・文/須藤由美

What's New

Feature

Ranking