しっとりつややかな質感で、“めぐらない”肌も、“めぐる肌”へと格上げ!

2018年8月7日
ビューティエディターのハラチノさんが“お疲れ肌”に見えなかったのは、このアイテムのおかげでした!

シャネル

レ・ベージュ アンベリスール ベル ミン

毎月、それなりの額を設定しているのにもかかわらず、お小遣いが1銭も残りません。これといった大きな買い物などせず、つつましく暮らしているというのになぜだ!
 なんで、節約方法を考えるべく、自分のお小遣いが具体的にはどこに流れていっているのか、についての精査を少し前に敢行しました。結果、マイ・浪費先のベスト3が「飲む関連」「着る関連」「もまれ関連」であるという事実が判明。「飲む」=外食、「着る」=服装品、については、そもそもどちらかが最位にくるであろうと予想していたものの、3位に「もまれる」=マッサージなどメンテナンス、ががっちり食い込んでくるとか、アンタ、どんだけ疲れてんの!? と思わず自分に突っ込みを入れちゃったYO ! 

ま、でも考えてみると、ここ数年、ちょっとしたあき時間があると、迷わず近隣のマッサージ店を検索し、即予約のち、小走りで向かう、というパターンが日に日に定着してきたうえ、バッキバキに凝り固まった体を大至急なんとかしたい時に駆け込む"腕利きもみ師"のリストも日に日に増強されているのは確かで。だってほら、固まりまくった首肩を的確にほぐしてもらうと、体がラクになるのはもちろん、顔まわりの凝りによる血行不良でどんよりしていた顔色もぱっと明るく晴れ、むくみも取れてシュッと締まるじゃないですか。いろんなものが"めぐりにくく"なっているお年ごろ、こんな"もまれコンシャス"なお小遣いの使い道は案外、健康的観点からも美容的観点からも間違ってないのかもしれない。ということで、結局、節約の道すじもまったくつけられぬまま、先週末も腕利きのもみ師(※女性)のところにいそいそと出かけました。
さて、いつものように腕利き嬢の手にすべてを委ね、5分で眠りに落ちたのですが、薄れゆく意識の中でうすらぼんやり聞こえたのが、静かな声で彼女が放った表題の台詞。そして、マッサージ終了後に彼女と交わした会話にて、その意味が判明です。いわく、「いつもいらっしゃる時はお疲れマックス、って感じのお顔色されているのに、今日はなんだかツヤッと、スキッとしていらしたから、あまり凝っていないのかな、と思ってさわりましたら、変わらずバキバキでいらしたので、あら? と思って。お顔、何かされました?」とのこと。
ううん、何もしてません、新作のティントをつけただけ、と答えつつ、ちょちょっと肌になじませただけで、"めぐり不足"のどんより肌を、クリアでシャープなツヤ肌に格上げしてくれたその威力に心の中で喝采を送ったのでした。そして、これさえあれば、"もまれ"回数を減らして節約しても、健康的な肌感はキープできる?  という希望で、首肩の血行もよくなりそうデス!
フレッシュなツヤと、ソフトフォーカス効果で、肌そのものの質感や色調がレベルアップしたかのように整えてくれる、ティンテッド モイスチャライザー。テカテカしすぎない、ほどよい光感が顔の立体感をきわだたせ、肌の表面をつるりと見せてくれるから、つけたそばから"絶好調"な肌印象に。さっと簡単にのばすだけでムラにならず均一に広がる"肌なじみ効果"や、肌を長時間しっとり保つ高い保湿効果も優秀。SPF30・PA++ 全3色各¥6,000

ビューティエディター ハラチノ
キレイを育むうぬ惚れの一番の糧は断然、人からのアプローズ=ほめ言葉。マリソルのビューティエディターハラチノが、そんな言葉を採取解説!




【Marisol6月号掲載】撮影/国府 泰 

What's New

Feature

Ranking