夏のシンプルコーデにプラスしたい、カラフルカゴバッグ

2018年7月17日
夏コーデに欠かせないカゴバッグは、素材や形によって印象がまったく異なる。今年らしいカゴバッグの中から、カラフルなバッグをご紹介。
かごバッグ ファティマ モロッコ

1/5

かごバッグ ディミヌティーボ

2/5

かごバッグ エンシャーラ

3/5

かごバッグ マチャコス

4/5

かごバッグ センシ スタジオ

5/5

色鮮やかなフリンジや手の込んだ刺繍がエキゾチック。

バッグ(27×34×15.5㎝)¥9,800/ファティマ(ファティマ モロッコ)
プラスチックやビニール素材のカラフルバッグは、ビーチにもぴったり。

(左)使いやすい横長の形。色ち買いしたくなるお手頃プライス。バッグ(20×31×13㎝)¥3,900/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店(グリーンレーベル リラクシング)
(右)持ち手が長いので肩がけしやすいビッグトート。(29×38×19㎝)¥12,000/TOMORROW LAND(ディミヌティーボ)
ラフィア素材とネオンカラーの市松模様がユニーク。

バッグ(30×41×10.5㎝)¥16,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(エンシャーラ)
着こなしのアクセントになるビビッドなレッドとブルー。ケニア・マチャコス地域の女性による手作り。

(左)(32×61×25㎝)¥8,800
(右)(21×33×21㎝)¥5,800/ガリャルダガランテ 表参道店(マチャコス)
パナマ帽にもよく用いられるトキヤ草で作られたバッグ。軽くて丈夫なので日常使いにぴったり。

バッグ(30×37×17)¥27,000/ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア(センシ スタジオ)
撮影/魚地 武大(TENT) スタイリスト/池田めぐみ 取材・原文/伊藤真知

What's New

Feature

Ranking