女同士のランチは色、ツヤ、ボリュームともちょっと冒険!

2018年8月10日
大人の女性として季節感を楽しみつつ、派手になりすぎないリップ選びを指南
気持ち高ぶる夏本番! 照りつける日射しにマッチするメイクにトライしたくなるけど、マリソル世代の場合、ジューシーな質感や鮮やかな発色のリップはどこまでがOK?

■休日のランチは落ちないピンクルージュで

「ファースト デート」と名づけられたカラーは、優しいサーモンピンク。食事をしてもウルトラグロッシーな質感は見事に持続。ラプソリュ ラッカー 312¥3,900/ランコム

☆Point

リキッドルージュはワンストロークでいったん乾かす
高発色のリキッドルージュは、乾く前に上下の唇をこすり合わせてしまうとムラになってしまう危険性が。直塗りした後は一度色が定着するのを待ち、そこから微調整を。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

液体化したピグメントが唇に密着して、瞬時にマットな仕上がりに変化。一度ステイすると、美発色を長時間キープ。パワーマットリップピグメント 2784¥3,500/NARS JAPAN
リップラインがとりやすいスマートなアプリケーターを採用。思いどおりのフォルムが描ける。フェミニンな印象のコズミックローズ。リリカルリップブルーム 07¥3,500/THREE
従来に比べてパールの配合率がアップ。多面的な輝きが実現。ルージュ ピュールクチュール ヴェルニ ザ ホログラフィックス 504¥4,300/イヴ・サンローラン・ボーテ(限定)
使いやすいクレヨンタイプのマットリップ。思いどおりに発色し、唇へのフィット感も抜群。ル ルージュ クレイヨン ドゥ クルールマット 257¥3,900/シャネル
唇をふっくら見せるオイルを配合。鮮烈な発色とボリューム感、両方がかなう。ディオール アディクト ラッカー プランプ 456¥3,900/パルファン・クリスチャン・ディオール
【Marisol8月号2018年】撮影/菊地泰久(vale./人物) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/岡野瑞恵(ストーム)スタイリスト/辻村真理 モデル/樋場早紀(マリソルビューティ専属)構成・文/前野さちこ 企画/原 千乃

What's New

Feature

Ranking