モデル渡辺佳子さん旅ワードローブを拝見!3泊4日星のや京都へ【おしゃれプロの旅支度】

2018年7月25日
都会の喧騒を離れて、憧れの一人旅。今回の行き先は、京都・嵐山「星のや京都」へ。風情あるお宿でのんびり、気ままに街を散策……。佳子さんのリアルな旅ワードローブをご紹介。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

■D A Y – 1


「湿気のある場所でも涼やかなリネン素材が大好き。シワになってもそれすら味に見えるので、旅のワードローブの常連です」。ワイドシルエットのパンツに、ヴィンテージのブラウスを上までとめてコンパクトに。大人の余裕あふれる、コンフォートな着こなしがおしゃれ。

サングラス¥51,500/コンティニュエ(MYKITA) シャツ/ヴィンテージエルメス パンツ/セリーヌ サンダル/ステラマッカートニー トートバッグ/ロンシャン スーツケース/TUMI ピアス/ティファニー ラップブレスレット/エルメス(以上、佳子さん私物)

■D A Y – 1

リラックスコーデもワントーンで大人っぽく

小船を降り、昼すぎにチェックイン。ウエストゴムでストレスフリーなコスのスカートに、シルク素材のノースリーブニットを合わせ、ワントーンが大人っぽいリラックスコーデに。「カーキのシンプル服はいろいろな服に合うので、もし別のコーディネートの服が汚れても代打になれる旅の名選手。ワンセット作っておくと、いざという時に便利です」。

ノースリーブニット¥21,000/スローンカーキスカート/COS リング/カスカ ブレスレット/ティファニー(以上、佳子さん私物) ベージュストール/アソース メレ エスパフラット/マリサ レイ(ともにスタイリスト私物)

■D A Y – 2

カジュアルデニムもきれいめブラウスで女っぷりは忘れずに

Tシャツ合わせでカジュアルに、ブラウス合わせで少しきちんと感も出せる、万能なデニムは必ず一本持っていくそう。「最近のマイブームはリーバイス701。締めつけ感ゼロで、今っぽいシルエットなので、旅先でも重宝しています。趣のある場所が多いから、京都旅はちょっと女らしさのあるスタイルが気分。デニムには断然ブラウスを合わせます」。

ブラウス¥23,000/インターリブ(サクラ) かごバッグ¥49,000/エバゴス デニム/リーバイス ピアス・リング/カスカ ブレスレット/ティファニー サンダル/ジャンヴィト ロッシ(すべて佳子さん私物)

■D A Y – 3

さらりと着るだけでドラマティックに彩るサマードレスは必携

「カジュアル一辺倒では味けないので、気分が上がるワンピースを必ず持っていきます」。これは素材はラフなシャンブレーながら、歩くたびに脚がちらりとのぞき、ムード満点。黒のペタンコやラフな小物使いで観光仕様に仕上げるそう。

ハット¥24,000/キジマ タカユキ ニットタンク¥12,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) ワンピース¥62,000/マディソンブルーパールピアス/ヤマトヤ かごショルダーバッグ/Owen Barry トングサンダル/マノロ ブラニク(以上、佳子さん私物)

■Last Night

ツヤ感のある黒トップスで即席ドレスアップ

「ドレスアップの時に、あえてパンツをはくのも好き。さりげなく女らしさを足せる黒のツヤ感ノースリーブは鉄板です」。一見メンズライクながら、さりげなく薫る女らしさのギャップがより魅力的に映る。

タンクトップ¥6,500/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) パンツ¥32,000/ボウルズ(ハイク) ネックレス¥620,000/ミキモト(ミキモト)多連リング/ティファニー リング/カスカ バッグ/シャネル(以上、佳子さん私物) 


星のや京都
渡月橋から情緒あふれる小船に乗り、大堰川を遡った先に現れる水辺の私邸。心のこもったおもてなしの数々にも癒される。
住)京都市西京区嵐山元録山町11の2  

☎0570-073-066(星のや総合予約) 
http://hoshinoya.com/

【Marisol8月号2018年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物)魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/小澤実和 スタイリスト/池田めぐみ モデル/渡辺佳子 取材・文/塚田有紀子

What's New

Feature

Ranking