どんなに疲れた夜でも、“洗いサボり”なし。 ふんわりモチモチのラグジュアリー洗顔

2018年9月10日
ビューティエディターのハラチノさんの真夜中の2択「歯か、顔か」を助けたのは、このアイテムでした!

ゲラン

オーキデ アンペリアル ザ ジェントル フォーム

残業でくたくた、もしくは、飲み会でべろべろ、な状態で夜、家にたどりついて、ああ、一刻も早くベッドの上に倒れ込みたい……と思う時、毎度頭を悩ませられてきたのが「肌か歯か問題」です。お心当たりがあるかたもいらっしゃるかもしれませんが、ほら、「コノママイクト、ワタシハマモナク、ネオチテシマウデショウ……」という局面において、せめてどこか1カ所だけでもぎりぎりクリーンナップするとしたら「顔を洗うか、歯をみがくか」の2択で迷う、という究極系のアレですよ。

どちらもキレイに清めてからベッドへ、が大人の女としての常識であることは100も承知ですけど、そうはいっても、時にはそんな常識など蹴散らさざるをえない状況に陥ることがあるのも大人の女の常ですし。で、わりと最近まで、この2択における私の選択はほとんどの場合「歯」でした。だって"洗い不足"でなんらかのトラブルが出る場合、くすむ、とかブツブツが出るとかの肌の症状は事後の集中ケアでなんとか挽回できそうだけど、痛むとか、抜ける(!)とかの歯の症状は、事後ではもう取り返しがつかない気がしていたし、また実際、そうやって洗顔を怠る夜が多少続いても、最新コスメによる事後のケアの力でなんとか肌を持ちこたえさせてきたのも事実で。

が、ここ最近、洗顔を怠って肌不調が出ると、それが長引いて、何をやってもなかなかリカバリーできない、という事態に直面することもしばしばに。このままではま・ず・い……。なので、どんな疲労困憊下にあろうとも、「肌も歯も」洗いたくなるには? と知恵を絞り、泡立ちも泡の弾力も香りも最高級のオーキデの洗顔料をひと月くらい前に投入し、"あまりの心地よさに気づいたら顔を洗ってしまう作戦"を敢行したのです。したところ、結果は上々。毎晩きちんとていねいにお顔を洗っているせいで、じめじめ不快指数の高いこの夏の環境下でも肌の揺らぎは少ない感触。そのせいか先日、新しく買ったご自慢の赤の前かけ状のホルターネックワンピースを着て友人に会ったところ、「なんだか肌、絶好調じゃない? でも、おかげでその服着てても、誰も金太郎だとは気づいてくれないね。せっかく山から出てきたのに残念だね」とディスりなのか、アプローズなのかわけのわからないお言葉をいただきました。

が、とにかく「肌は絶好調」認定をもらえたので、私はとても満足です。ということで、さらに高くなる温度と湿度で体力を奪われ、夜の肌の"お清めケア"がおろそかになり、どんより顔の金太郎になりそうなこれからの季節も、こちらがあれば、なんとか乗りきれそうです。皆さんもよろしければぜひ!
オーキッドの生命力に着目した、ゲランの最高級多機能エイジングケアライン"オーキデ アンペリアル"の最新作は、肌細胞の酸素不足の改善と酸素量の適正化を目ざし研究開発された"セル レスピレーション テクノロジー"を搭載した、クレンザー。洗うだけで"肌呼吸"にアプローチして、肌の低酸素症を改善しながら、ふんわり濃密な泡で肌に優しく、でもしっかりと不純物をオフ。独自の新複合成分"オーキッド エッセンス ウォーター"や低分子ヒアルロン酸の働きで、洗い上がりもしっとりなめらかに。125㎖¥11,700

ビューティエディター ハラチノ
キレイを育むうぬ惚れの一番の糧は断然、人からのアプローズ=ほめ言葉。マリソルのビューティエディターハラチノが、そんな言葉を採取解説!




【Marisol6月号掲載】撮影/国府 泰 

What's New

Feature

Ranking