1901年創業『北原美顔』の伝統の技はスゴかった【マーヴェラス原田の40代本気美容 #14】

2018年8月22日
むくみもくすみも、そして全身の疲れも一掃! 100年超え、伝統の「バイブトリートメント」でもちっとプリッと若返る!
北原美顔 
艶やかな“美”ロゴが目印の「北原美顔」外観。最寄り駅はJR御茶ノ水や秋葉原。

毎回毎回、記事で「暑い…」とぼやいていますが、まだまだこの暑さ、続きそうですね。

日中は室内外の温度差にクラクラし、夜も空調なしには眠れない。そんな生活を続けていると、別に無茶はしていないのに日々の疲れがたまるもの。代謝も下がり、ちょっと飲んでしまった翌日は顔はパンパン、指輪を外すのもひと苦労、と大惨事。

そんな折、ご紹介いただいたのが「北原美顔」の「むくみ解消スッキリコース」。今の私にぴったりじゃないか!ということで駆けつけました。

施術してくださったのは「北原美顔」院長の北原邦子先生。見てください、この明るいハリ肌! 先生の美肌に、ますます施術への期待が高まります。

というわけで、トリートメントの一部始終をどうぞ!

1/7

2/7

3/7

4/7

5/7

6/7

7/7

まずは洗顔。伝統の「北原石鹸」でメイク落とし。軽い泡ですっきりさっぱり。軽いメイクなら充分オフできることに驚き。その後、その人に合ったアイテムでトリートメントが施されます。
ドイツの医療機器に発想を得た「北原美顔術」の真髄、オリジナル機器によるトリートメント。1分間に数千回転という振動を施術者の「手」を介して送り込み、全身をほぐしきります。あまりの気持ちよさに私、口が開いてます(笑)。
「あなた、頭皮も首筋もガチガチね!」と、念入りに振動を送ってくださる先生。いわゆるマッサージとは違う、全身の細胞が震えるようなバイブレーションにすっかり夢心地、睡魔と戦うのが精一杯の状態に。
もちろんフェイシャルも丹念に。手のひらでふんわり包み込まれると、もう「幸せ」のひとこと。肌に“垂直の振動”を与えることで、表情筋を引き締めて肌を内側から活性化。シワ、たるみといったエイジング悩みに有効だそう。

こんなふうに、鼻筋までしっかりバイブトリートメントを。実際に肌に触れながら手のひら・指先、と強弱をチューニングすることで、一人ひとりの悩みや肌質に合う施術ができるのかな……と考えながらも沈没寸前。
お次は真空の機器からのエアー吸引&放出。こちらもやはり、垂直の刺激ですね。明らかに血色が良くなって透明感が出ているの、お分かりいただけますか? この頃にはすっかり、肌がつるっつる! 肌が息を吹き返したのを実感。
仕上げに赤外線照射でさらに代謝を促進した後は、伝統の「練白粉」でベースメイクを。下地にクリームを塗った後、化粧水を含ませた刷毛でくるくるくる……。「慣れたら朝のメイクは2分で済みますよ!」ですって。

こうして約60分の施術が終了。全身のリフレッシュ感、もっちりスベスベの肌を楽しむのもそこそこに、私がまず放った言葉はなんと「お化粧室貸してください!」でした。

そう、「むくみ解消スッキリコース」の本領発揮。全身に滞っていた不要な水分が振動により、ばっちり振るい落とされたのです。おかげさまで体が軽い軽い! 最寄りの駅までスキップしそうな勢い。

帰り際、先生が「明日の朝起きると、もっと効果が分かるわよ」と謎めいた微笑みを見せましたが、翌朝も確かに「ほうれい線が浅いまま!」「頭皮が柔らかい!」と嬉しい発見が続発。そして丸1日以上“水はけのいいカラダ”が続いたのに、何より驚きました。これは通い詰めたい!!



●「北原美顔」の公式サイトはこちら! >>>

*今回ご紹介した「むくみ解消スッキリコース」は、9月29日(土)までの夏季限定。約60分、¥14500(税別)。

  • WEBエディター 原田千裕
  • ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。
イラスト/ユリコフ・カワヒロ

What's New

Feature

Ranking