美女組No.127 Akaneのブログ
美女組:No.127 Akane

No.127 Akane

職業:ウェブショップ経営

元国内線CA。現在、パリ・ロンドンの商品を扱うネットショップを経営。男女2児の母です♪
「40代がいちばん楽しかった!」と言えるよう、今日を思いっきり楽しみます!

パリで今行きたい穴場カフェ厳選3店

2018年8月18日
今、ツウが通うのは街中ではなく意外なところに隠れてます
 早いもので、もうすぐパリのバカンスも終わろうとしています。こちらで毎日欠かせないものはやはりカフェ。毎日さまざまな場所のカフェに行っています(^^)

 シャンゼリゼのゴージャスな伝統カフェで道行く人を眺めるのも楽しいですが、街を歩いていると小道に突然素敵なカフェに出くわすことがあり、それがMYカフェになったりして。

パリ便り第3回めは、私のお気に入りの素敵なカフェを3つご紹介させていただきます♪

 まずは道に迷った時に偶然みつけた小さなカフェ。パリの中心とは思えないほど静かで雰囲気がよく、気に入って何回か行ってます。パリのど真ん中、観光客でごった返す「市庁舎」の裏道1本入っただけなのに、ここだけ別世界の静まり返った小道にあります。
まるで南仏の田舎のような小道の名は「Rue des Barres」。小さすぎて地図に載っていないことも
 
 石畳の静かな坂道には雰囲気のあるカフェやお店が点在しており、歩いていると突然かわいらしいブルーのカフェが。

 お店の名前は「L'Ebouillanté(レブイヤンテ)」(6, rue des Barres 75004 Paris )。

観光客の姿はほとんどなし。みんな地元の人ばかりです(撮影に快く応じてくれました)

 決して新しくはない古めかしい雰囲気が、またパリっぽくて素敵。小道にはかわいらしい椅子とテーブルが並べられ、太陽と爽やかな風の中気持ちよくランチやお茶ができます。

 レモンジュースを頼むと、本物のレモンを絞った果汁とお水のボトルのみが運ばれ、自分で割って作ります。
お砂糖なしの本当にレモン果汁だけ。
 パリの人混みの喧騒に疲れたらおすすめの場所です。南仏にトリップできますよ!
 
 続いては街中のカフェではなく、ある場所に併設された意外なところにあります。美術館の中にあるカフェです。ひとつめは「ルーブル美術館」。こちらは静かに仕事ができると、地元パリジェンヌに教えてもらったところです。

 ちなみにルーブルは入場券をeチケットで事前購入し、できれば開館の9時に予約して入るのがオススメです。そうでないと長蛇の行列に並ぶことに↑

9時に入るとこんな名画も貸切り状態で見られます。あと30分〜1時間もすると大混雑に巻き込まれ、前で見られないことも多いです。

(ルーブルは写真撮影が自由です)
「モナ・リザ」の前に人がいない!あとほんの数十分でこの前はものすごいことに!
「サモトラケのニケ」を貸し切り状態で見れるのは開館直後の特権です。
 ルーブルはとにかく広い(o_o) 見ていると自然にかなりの距離を歩いています。なので館内には途中で立ち寄れるカフェがいくつかあります。

 オススメされたのは2階にある2つのカフェ、リシュリュー翼にある「Le Café Richelieu(カフェ・リシュリュー)」と、ドゥノン翼にある「Le Café Mollien(カフェ・モリアン)」 。どちらも気持ちの良い外のテラスがあり、絶景の中庭のピラミッドを眺めながらゆっくりお茶ができます。
大混雑する美術館の中でホッと一息落ち着ける場所は、静かなので仕事にも最適。エッフェル塔の頭も見えます

 美しいルーブルの建物や彫刻を間近で見ながらの休憩はまた格別です。
何時間いてもOK!
 「カフェ・リシュリュー」の隣はモンブランで有名な「アンジェリーナ」のサロン・ド・テ。こちらで極上のスイーツを頂きながら休憩を取ることもできますよ(^^)

 最後のひとつも美術館。こちらはバスに乗っている時に偶然見つけ、あわてて途中下車して入りました。「パリ市立近代美術館」の外にあるオープンカフェです。

 
建物の吹き抜け部分がオープンカフェに
 
 広々としたテラスカフェはエッフェル塔を臨む好立地。観光客の姿はあまりなく、地元の人々がデッキチェアで本を読んだりしながらくつろいでる静かな場所です。
秋冬は葉が枯れて、エッフェル塔も丸々見られます

 開放的な中央のカウンターでドリンクをピックアップするリゾート的なスタイル。
カクテルからコーヒーまで品揃えも多くて良心的な価格

 「ピエール・マルコリーニ」のアイススタンドもあるので、テイクアウトして席につくこともできます(。☌ᴗ☌。)
パリではけっこう見かけるこのスタンド
 
美術館のカフェは、ちょっぴりインテリでおしゃれなパリジャンに人気の場所。観光向けのカフェに飽きたらぜひ訪れてみて下さい★

それにしても、以前よりパリの人がものすごく優しく感じます。今日本ブームだから??
現在、日本企画がいたるところで開催されてます
 自分だけのカフェやお店を見つけるなら、メトロを使わず歩くかバスに乗ることです。窓から街をじっくり眺めながら、ピンと来たら途中下車。バスはパリをよく知る良い手段です。
美しい車窓は観光バス代わりにもなります!乗りこなせればきっとパリ通♪
 到着したら、迷わず ICカードを作って乗り放題にするのがオススメ。
金額をチャージするのではなく、1日、1週間乗り放題をチャージします

 パリのレポートも次回は最終回。最後は欠かせない「アレ」についてご紹介いたします(*^-^*)

↓Clickで移動します

What's New

Feature

Ranking