美女組No.106 Aiのブログ
美女組:No.106 Ai

No.106 Ai

会社員&POINTS OF YOU®認定エバンジェリスト

はじめまして。東京で会社員をしているAiです。
皆様から良い刺激を頂きつつ、自分の内面・外面を磨いて”女っぷり”を上げていきたいです。好きなことは旅行、庭園・公園散歩、ヨガ、バレエ、読書。日常を通じて感じたこと、気づきのあったことを発信していけたら嬉しいです♡

Instagram:aichi_0410

夏休み旅行 day1:ドイツ フランクフルト

2018年9月3日
8回にわたって夏休み旅行を。ゲーテハウス、レーマー広場
今年の夏はドイツとオーストリアに行ってきました。

事前にジャーマンレイルパスの1か月間で任意の5日間使用できるタイプを購入し、基本的には電車移動の旅。
(チケットを持っていれば、2等席であれば空いている席なら予約なしで使用できます)

ブログはしばらく「旅シリーズ」となりますが、お付き合い頂けると幸いです。
(なんだか「〇〇の車窓から」のようである。。)

今後の旅シリーズの全体感を先にお伝えしておきます。

********************************************************************************
夏休み旅行目次

ドイツ
day1.フランクフルト:ゲーテハウス、レーマー広場←今回のブログ
day2.ライン川近郊:ボッパルドのチェアリフト、ライン川クルーズ、リューデスハイム
day3.ローデンブルク:木組みの建物による美しい街並み
day4.ミュンヘン:アルテ・ピナコテーク、レジデンツ、マリエン広場
day5.バイエルン:ノイシュヴァンシュタイン城、ヴィース教会

オーストリア
day6.ウィーン:カフェ巡り
day7.ウィーン:美術史美術館、シェーンブルン宮殿、
day8.ウィーン:国立図書館、国立オペラ座

********************************************************************************

ドイツ国鉄DBでフランクフルト中央駅に到着したのは夜20時過ぎ。
24線をかまぼこ状の屋根が覆う駅は、夕陽に照らされてとても綺麗でした。


1/2

2/2






フランクフルトでは「若きウェルテルの悩み」で有名な文豪ゲーテの生家がフランクフルト旧市街にあり、見学してきました。

裕福な家庭だったようで、4フロアある家の各部屋を音声ガイドに沿ってじっくり見ていたら、すべて見るのに2時間強かかりました。

7歳で病気になってからは実家で家庭教師について語学、図画、乗馬、演奏を学んだようです。特に語学が得意で、母国語以外に6か国語を話していたようです(!!)

豪華な邸宅はどの部屋も素敵でしたが、特に絵画が4面に飾られたお部屋や、本で埋め尽くされた部屋が印象的でした。

ここで吸収した知識がのちのゲーテの作品の一部になっているのかと思うと感慨深かったです。


1/10

2/10

3/10

4/10

5/10

6/10

7/10

8/10

9/10

10/10














ゲーテの生家から少し歩くと欧州中央銀行が。





そこからもう少し歩くと、市庁舎の近くにレーマー広場が。
木組みの建物が素敵でした。冬に来るとクリスマスマーケットが開催され、ホットワインなどを提供する可愛い屋台が並ぶようです。
冬にもまた来てみたい。





遅めのランチはInstagramでnabeswellさんに教えて頂いた「Walden」でパスタを。とても美味しかったです。





次回はライン川のクルーズへ出かけます。


What's New

Feature

Ranking