使えるカラーが勢ぞろい!2018年秋の目元を彩る新アイテム

2018年8月29日
アイカラー、マスカラ、アイライナー…。アラフォーをキレイにみせてくれる旬アイテムは?
秋冬の新作コスメは色も質感もますます進化。絶対にはずさない2018年下半期に買うべきコスメをご紹介!
2018年秋新色 アイカラー ブラウン シャネル

1/6

2018年秋新色 アイブロウペンシル

2/6

2018年秋新色 アイカラー

3/6

2018年秋新色 マスカラ

4/6

2018年秋新色 アイカラー アイライナー

5/6

2018年秋新色 アイカラー ルナソル

6/6

■今年っぽブラウンは断然マットで決まり!
「そうはいっても、目もとはやっぱりブラウン系がいい」という人は、エレガントなマットブラウンを選択。マットとパール両方入ったパレットで、テクスチャー遊びするのも大人の愉しみ。

右)ため息が出るほど繊細な9色。同じブラウンでもマット、パール、ぬれツヤetc.と色と質感の微差が美しい。コンパクトアディクション シノワズリ 006¥9,000/アディクション(限定発売) 
左)雅やかなマットテクスチャー。肌にスラリとなじみ、ノーブルな陰影をつける。レ キャトル オンブル 308¥6,900/シャネル

■ガッツリ太眉は大NG。細ペンシルで抜け感を

渋柿色など、色が主役のメイクでは、眉は強くしないのが掟。軽やかに描けるペンシルで、ナチュラル&柔らかい眉を目ざそう。特に進化した細芯タイプに注目!

1)楕円形芯で濃くも淡くも楽々。ほわっと生えたような眉に。ブローパーフェクター 1134¥2,900/NARSJAPAN(8/10発売) 
2)とにかく芯が細く、毛を一本一本精密に描き足せる。ブロウクチュールスリム 3 ¥3,200/イヴ・サンローラン・ボーテ 
3)描きやすい薙なぎ刀なたカット。密着感が高く、キリリとした眉に仕上がる。クレヨン スルスィル 01¥3,600/ゲラン 
4)適度な硬さの芯で、こまやかに描けて自然な毛流れが完成。スーシデフィニ ペンシル07¥2,800/ランコム

■今秋の伏兵、赤アイテムで揺れるまなざし

赤のアイメイクなんてありえない!? いえ実は、ポイント的に使えば、簡単に女っぷりを上げられるカラー。シャドウベースにしたり、黒マスカラに重ねたり、シャドウを部分のせすることでちょっぴり妖艶な魅力に王手。

1)ポイント使いしやすいきっちり発色の赤。ダークな色をお供に。ミッドナイト・スカイ・パレット¥7,700・2)まつ毛に魅惑の赤いきらめき。まばたきするたび女が香るマスカラ。ラッシュ インク 5¥3,600/パルファム ジバンシイ〔LVMHフレグランスブランズ〕(限定発売) 
3)ニュアンスで色を感じさせたいなら赤のツヤベース。ほかの3 色もうっすら赤を帯びて。マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズD RD312¥2,800(編集部調べ)/資生堂

■まつ毛は軽く。“頑張っている感”を出すが負け

ボテッと太くorグインと上がったまつ毛の時代はもう終わり。今は素まつ毛の延長線上で太さと長さをプラスし、さりげなくカールしたまつ毛がいい感じ。すっきりした目もとが、肩から力の抜けた大人美を連れてくる。

1)長さ、ボリュームがありつつさりげない。ラッシュ クイーン フェリン エレガンス¥5,300/ヘレナ ルビンスタイン(9/21発売) 
2)使ううちに素まつ毛のカールを形状記憶して固定。ケイト ラッシュフォーマーWP(ロング)¥1,400(編集部調べ)/カネボウ化粧品 
3)塗りやすく、キレのいいカール&ロングが長続き。マスカラ ヴォリューム エフォシル カーラー SP¥4,400/イヴ・サンローラン・ボーテ

■脱・ブラック。カラーラインで今の風

まつ毛と同じく、アイラインも頑張りすぎは禁物。黒のリキッドは封印して、カラーのニュアンスラインを活躍させてみて。ダークブルー、モーヴ、ボルドー……どれも黒のニュアンスが含まれているから、目もとがぼやけず安心。

1)とに知性と奥行きを与えるネイビー。SHISEIDO マイクロライナーインク 04¥3,500/資生堂(9/1発売) 
2)ボルドーで誘惑のまなざし。暖色でも引き締め感があるので使いやすい。ディオールショウ オンステージ ライナー 886¥3,600/パルファン・クリスチャン・ディオール(限定発売) 
3)モードの極み、ありそうでなかったモーヴライナー。透明感を添えつつフェミニン度を上昇させる。シュアネス アイライナーリキッド C 01¥2,800/セルヴォーク

■凛然と、でも優しさも。カーキシャドウで印象爆上げ

オークル肌と相性のいいカーキは、引き締め感があるのに強くなりすぎないから、オフィスメイクにもうってつけ。ベーシックにつけこなしたいなら、ベージュを広く入れて、二重幅にカーキを入れると間違いなし。

1)浮きなし。これぞカーキの真骨頂。ディオールショウ モノ 478¥3,600/パルファン・クリスチャン・ディオール(限定発売)
2)クール感と柔らかさを見事両立。ゴールドカーキと濃淡いろいろブラウンのカルテット。ルナソル ニュアンスシェイドアイズ 03¥5,000/カネボウ化粧品
3)肌にのせ、指でこするとチラキラパールが表面に出て輝きが。スモーキーアイで女っぽさを高めて。アルカミストツイストフォーアイ 06¥3,500/THREE
4)のびのよさにうっとりする、メタリッククレヨン。アイラインにしても、ぼかしてシャドウにしても。アイクレヨン BR321¥2,700/コスメデコルテ(限定発売)
撮影/John Chan 取材・文/入江信子 構成/原 千乃

What's New

Feature

Ranking