「別れが去った」の演技で注目のアイドル、イ・ジュニョン(U-KISS ジュン)さんに直撃!

U-KISS、UNBのメンバーとして人気のアイドル、ジュンさん。俳優イ・ジュニョンとして出演し、アイドルとは思えない熱演も話題となったドラマが「別れが去った(原題)」です。この作品は、チェ・シラさんが演じる”母という立場が危うくなった女性”と、チョ・ボアさんが演じる”母になる準備のないまま子を授かる大学生”をめぐる物語。家族や愛について考えさせられる、リアリティ溢れるドラマで高く評価されました。前作「甘くない女たち〜付岩洞<プアムドン>の復讐者〜」で演技に開眼、今作ではチョ・ボアさんの彼を演じたジュンさんは、OST(ドラマ挿入歌)にも参加し大活躍。旬の俳優としてのジュンさんに直撃インタビュー!「別れが去った(原題)」は、9月26日からCS放送局衛星劇場でスタートです!
「別れが去った」の演技で注目のアイドル、イ・ジュニョン(U-KISS ジュン)さんに直撃!_1_1
●「別れが去った(原題)」はどんなドラマですか?

ー登場人物全員がつらい事情を抱えているんですが、その苦悩を全員で解決しながら成長していく姿を描いた、とても感動的なドラマです!

●彼女役のチョ・ボアさんも普段の愛嬌ある可愛らしい役を脱皮して、複雑な役を演じていましたが、共演はいかがでしたか?

ー僕は普段のボアさんの性格を知らなかったので、最初は静かな性格の方なのかな?と思っていたんですよ。でも撮影が進んで、全員が親しくなっていったある日、スタッフの方にボアさんが甘えるような可愛い仕草をしている姿を目撃したんです。その姿を見て、(劇中の姿とは異なるので)“あぁ~ボアさんは、すごく演技が上手な方なんだなぁ”と思いました。本当に素晴らしい女優さんです。それから、ボアさんには今でも申し訳ないと思っていることがあるんですが…。僕のほうが後輩なので、僕が積極的に話しかけて、親しくなる努力をするべきだったのに、いつも先輩であるボアさんが話しかけてくださってたんですよ(笑)。そのおかげで、本当に仲良くなることができました!

●世の中の女子を敵に回すようなチャラい(?)大学生を熱演しましたが、撮影中役にのめり込んで切り替えが大変だったりしませんでしたか?普段のジュンさんはどんなキャラクターですか?

ー最初の頃は、ミンス役を演じることに対して、“どうすればいいんだろう…”と、いつも思い悩んで、寝れなかったんです。普段の僕はミンスとは正反対で、そばに女性がいたら静かになってしまうタイプなんですよ。昔から男友達が多く、アイドルの練習生時代も周りに男しかいなかったので、女性を相手にして演技をするのは少し大変でしたね。

●好きなシーンや心に残ったセリフはありますか?

ーう~ん…、たくさんあるので…。特に記憶に残っているセリフは、僕がチョ・ボアさんが演じるジョンヒョに、“君は僕にとって愛じゃない。神からのお告げだ”というセリフがあったんです(笑)。でも、この言葉は日常生活では使わない言葉なんですよ。ドラマだから言えるセリフですし、撮影しながらすごく心に響いたんです。本当に、心がキュンとしました!僕にとってファンのみんなも“神からのお告げ”だよ。フフフ

●カリスマのあるチェ・シラさん、イ・ソンジェさん、チョン・ウンイさんらベテラン俳優陣と共演はいかがでしたか?

ー昔から先輩方が出演しているドラマや映画を観て育ってきたので、今作で先輩方と共演させていただいて、本当に光栄に思います。僕の人生に二度と訪れない機会だと思って、一緒に演技する一瞬一瞬を大切にしていました。

●成長したな、と感じるのはどんなとき?それはどんなところですか?

ー涙を流すシーンの時、以前は“このタイミングで涙を流さなきゃ!”と思いながら演じていたんですけど、今回お母さん役のチェ・シラさんとのシーンで、そう思わなくても自然と涙がこぼれたんです。僕自身もビックリしましたし、本当に“やった~!”と思いましたね。個人的に、成長を感じてすごく嬉しかったです。

●憧れの先輩はいますか?またそれはどうして?

ー好きな先輩は、U-KISSのメンバーです。なぜかと言うと、僕はU-KISSのメンバーとして加入して5年なのですが、兄貴たちは今年で10周年なんです。10年間もグループを守っていくこと自体、すごく大変なことなので、そんなカッコいい兄貴たちには本当に感謝していますし、すごく尊敬しています!

●ドラマでは済州島での撮影もありましたが、済州島やソウルなど、韓国でマリソル読者にオススメの食べ物や場所などはありますか?

ー今作の撮影で行った時も食べましたが、済州島のトンベコギがオススメです!トンベは済州島の方言で、まな板という意味なのですが、そのまな板の上に豚肉がのって出てくるんですよ。初めはただの蒸し豚だと思っていたのですが、そのお肉は黒豚肉なんです!(黒豚は済州島の名物)すごく美味しいので済州島に行ったら、ぜひ召し上がってみてください!

●最近気になっている、よく聴くアーティストは?

ー清水翔太さん!僕は韓国にいる時でも、日本の曲をよく聴いているんですけど、特に清水翔太さんの曲が好きですね。

●日本での活動で楽しみにしていることはありますか?

ー日本では、U-KISSとして活動しているんですが、U-KISSのアルバムでもう一度、オリコンチャート1位をとりたいです!以前、1位をいただいたことがあるのですが、あの瞬間は今でも忘れられないですね。あの喜びをもう一度、ファンの皆さんと分かち合いたいです。それから、U-KISSは過去に2回、日本武道館で公演したことがあるのですが、もう一度、武道館でコンサートをやりたいです!!
「別れが去った」の演技で注目のアイドル、イ・ジュニョン(U-KISS ジュン)さんに直撃!_1_2
  • 「別れが去った」の演技で注目のアイドル、イ・ジュニョン(U-KISS ジュン)さんに直撃!_1_3-1
  • 「別れが去った」の演技で注目のアイドル、イ・ジュニョン(U-KISS ジュン)さんに直撃!_1_3-2
「別れが去った」の演技で注目のアイドル、イ・ジュニョン(U-KISS ジュン)さんに直撃!_1_4


桂まり●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!

What's New

  • ライジングスター、チャン・ギヨンさんの初主演ドラマ「ここに来て抱きしめて」

    「ゴーバック夫婦」、「私のおじさん」と心に響くドラマで脚光を浴びたチャン・ギヨンさん。彼の初主演ドラマが「ここに来て抱きしめて」です。サイコパスの息子という難しい役を熱演、今月1日には韓国のゴールデングローブ賞とも言われる百想芸術大賞で、新人賞を受賞!相手役のチン・ギジュさんも、名作「ミスティ」での助演が光っていた女優さんです。「ちょっと暗いんだけど面白いから観て」と友人に勧められたのですが、グッと引き込まれるストーリーで一気観してしまいました!カリスマ俳優、ホ・ジュノさんの存在感もものすごいです。次回作の「検索ワードを入力してください:WWW(原題)」(制作が「トッケビ」や「ミスターサンシャイン」と同じ!)も期待されている彼は、身長187センチのモデル出身で、制服姿がとにかく凛々しい!「大丈夫、愛だ」や「最高の結婚」でも目を引きました。ファッションブランドの広告モデルにも抜擢される26歳のライジングスターで、8月にはファーストファンミーティングも開催予定です!

    韓流NEWS

    2019年5月13日

  • 今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」

    韓国人の友人が、「今まで観たドラマの中で最高の人生ドラマ」と絶賛していた「眩しくて(原題)」の日本初放送がいよいよ始まります。期待をはるかに上回る心に響く良くできた脚本のドラマで、「国民のお母さん」と言われる大女優キム・ヘジャさん、昨年映画『ミス・ペク(原題)』で女優賞を総なめしたハン・ジミンさん、同じく昨年時代劇映画『安市城 グレート・バトル』で新人賞を総なめしたナム・ジュヒョクさんの3人が主演。脇を固めるベテラン俳優さんたちも素晴らしく、それぞれのキャラクターが生き生きときめ細やかに描かれています。映像も美しく、主人公の家の美容室のインテリアまですべてチャーミング。年齢を問わず、今いちばん観て欲しい深みのある人生ドラマです。この作品でジュヒョクさんは、憂いのあるジュナ役を好演し一目置かれる俳優に。25歳になったばかりの若手俳優の彼が、人生を考え直すきっかけとなったこの作品を振り返り語ります。3月に出した日本初となる写真集も好評発売中で、出版記念のイベントも盛況、SNSのフォロワーは1050万人に!また、ドラマ「保健教師 アン・ウニョン(原題)」や、来年公開予定のリメイク版映画『ジョゼと虎と魚たち』の主演も決まり、快進撃が続きます。

    韓流NEWS

    2019年5月1日

  • 演技の神童から名優へ。ヨ・ジングさんの素顔

    8歳でデビュー、演技の神童と言われてきたヨ・ジングさん。神がかった演技力から、”ゴッドジング”の異名を持つ21歳だ。日本でも6月から放送される「王になった男(原題)」で、ひとり二役の主人公を熱演し話題に。ジングさんの代表作品と絶賛されたこの注目のドラマで、百想芸術大賞最優秀演技賞にもノミネートされ、演技派若手俳優として圧倒的な存在感を放っています。そんな彼が2年半ぶりにファンイベントで来日!「イルジメ」や「ジャイアント」から、『ファイ』『1987』など、ずっと印象的な作品を届けてくれているジングさん。素顔の彼にはどこか気品があり、太陽のように朗らかでチャーミング。日本語もだいぶわかるようで、時折話す日本語もなめらか!今回のファンミーティングではピアノの弾き語りでback numberの「ヒロイン」を披露してくれ、魅力的な美声にとても似合っていました。映像も美しく、イ・セヨンさんをはじめキャストも秀逸な「王になった男」は必見、IUさんと撮影中だという「ホテルデルーナ(原題)」も楽しみです!

    韓流NEWS

    2019年4月20日

  • 「屋根部屋」で悲願のNo.1!N.Flyingの初アルバムとツアーに期待!

     N.Flyingは、2013年10月に日本でインディーズデビュー後、2015年に韓国デビュー。デビュー曲「キガマッキョ」がヒット、翌年日本でもメジャーデビューを果たし、先輩バンド、FTISLANDやCNBLUEの次世代バンドとして注目されてきた実力派です。今年2月には「屋根部屋」で、デビュー4年目にして韓国で悲願の音源チャート1位に輝きブレイク中。5月には初となるアルバム『BROTHERHOOD』をリリース予定、6月には東京、大阪、名古屋でツアーが控えています。先輩バンドのライブの前座、昨年の単独ライブにも2度、リーダーがゲストで参加したイ・ホンギさんのファンイベントで彼らの活躍を見てきたので、チャートナンバーワンのニュースに胸が熱くなりました。元気でパワフルな魅力が炸裂の彼らの熱いライブをぜひ体感してみて!!来日した4人のトークからも仲睦まじさが伝わりました。

    韓流NEWS

    2019年4月7日

  • EXOのド・ギョンスさん時代劇初主演、ドラマ「100日の郎君様」が眼福!

    EXOのD.O.ことド・ギョンスさんは、その演技力でも知られる存在。ドラマや映画でも高く評価され、ドラマ「100日の郎君様」では時代劇での初主演に挑戦、そしてもちろん大ヒット。ギョンスさんの演技は、映画『純情』でも、船の縁に腰掛けているだけでもものすごい存在感で驚愕したことがあり、この主演ドラマでもその魅力が全開。ヒロインのナム・ジヒョンさんは、「善徳女王」の子役時代から注目している女優さんで、安定の演技力でとってもチャーミング。脇を固めるベテラン俳優たちはもちろん、キム・ソノさん、キム・ジェヨンさん、ホン・ユンジェさんなど若手俳優たちも見目麗しい!そしてこのドラマの撮影は全羅道順天にある「楽安邑城(ナガンウプソン)」でも行われたのですが、ここは朝鮮時代の土城と草葺き屋根の家などが400年以上も原型のまま保存されためずらしい史跡。今も85世帯が暮らす、金銭山を望む美しいこの村に、なんと偶然ドラマ撮影中に旅の取材で訪れたため、ドラマが始まるまえから注目していた作品でもあります。映像も美しいラブコメなのでぜひ!!

    韓流NEWS

    2019年3月15日

  • 「ボーイフレンド」で2年ぶりにドラマ復帰、別格人気のパク・ボゴムさんが来日!歌手デビューも!

    爆発的にヒットした「雲が描いた月明り」で”アジアのプリンス”となったパク・ボゴムさんが、ドラマ「ボーイフレンド(原題)」で2年ぶりに待望のドラマ復帰。"アジアのボーイフレンド”となり、アジアツアーの一環で、約1年ぶりのファンイベントのために来日したボゴムさん。なんと3月20日にはシングル「Bloomin’」で日本歌手デビューも!!さいたまスーパーアリーナを沸かせ、ひとつずつ夢を叶えていく、華やかなオーラで輝くスター。壮大なファンイベントで多くのファンを魅了する、彼の人気はやはり別格でした。

    韓流NEWS

    2019年3月6日

  • 走り続けるアーティストiKONが、昨年最大のヒット曲を含むアルバム『NEW KIDS』をリリース!

     BIGBANGの系譜を継ぐiKONが、2月27日に”NEW KIDS”プロジェクトの集大成となるアルバム『NEW KIDS』をリリース。これに合わせた記者会見に行ってきました。このアルバムには、2018年韓国の年末賞レースで、ベストソング賞を総なめした「LOVE SCENARIO」、新曲「I’M OK」「KILLING ME」 「GOODBYE ROAD」の日本語バージョンを含む全21曲を収録。いちど聴いたらループにハマる、めくるめくiKONワールドに浸れる一枚となっています。ぜひ聴いてみて!!

    韓流NEWS

    2019年2月27日

  • 「私の後ろにテリウス」のソン・ホジュンさんが愛される理由

    昨年東京でのファンイベントが自身初のもので、その時はとても緊張しました、と話すソン・ホジュンさん。今年も日本に来ることができてありがたく、そしてとても嬉しいといいます。共演したソ・ジソプさんが演技大賞を受賞するなど話題となったドラマ「私の後ろにテリウス(原題)」では、初の悪役を好演。さらにユ・ヨンソクさんと始めた寄付イベントを番組化した「コーヒーフレンズ」と、2月に放映されるドラマ「眩しくて(原題)」の撮影を終え、これから映画『最後の宿題(原題)』(感動的な映画だそう)が始まるのだとか。そんな忙しいスケジュールの合間を縫っての2度目のファンイベントのため来日、もちろん会は盛況でした。また、ホジュンさんは取材を終えても幾度も挨拶し、まわりの人々を癒し、幸せにしてくれる優しさに満ち溢れていました。東方神起のユンホさんの親友としても知られ、同業の友人も多い彼。「応答せよ1994」でブレイクして以来、人々を惹きつけてやまないその理由がわかった気がします!

    韓流NEWS

    2019年2月15日

Read More

Feature

Ranking