トレンドの「花柄」アラフォーならどう着る?【おしゃれのピンポイント小悩み】

2018年9月19日
アラフォーが着てイタく見えずセンスよく素敵に着こなすコツを徳原文子さんが徹底レクチャー!

Q.花柄を大人が甘すぎず素敵に着るなら?

大人の花柄トップス

1/2

大人の花柄トップス

2/2

Answer①
→大人の花柄は「黒ベースのトップス」一択。辛口レザーやスカートでキレよく

花柄を「甘さ一点投入」として使い、シャープな女っぷりを表現

「前ボタンがきいたネイビースカーや黒のライダース、型押しレザーのバッグなど、辛口な女っぽさを宿すアイテムを駆使。花柄から甘さを引き算しつつ、女らしさを生かしたスタイルを目ざします」。
ブラウス¥19,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) ジャケット¥120,000/アングローバル(イレーヴ) スカート¥13,000/フレームワーク ルミネ新宿店(フレームワーク) ピアス¥8,000/ジャーナル スタンダード 表参道店(フィリップ オーディベール) ブレスレット¥23,000/プラージュ代官山店(ニナ アンド ジュールズ) バッグ¥30,000/デ・プレ 丸の内店(デ・プレ)

Answer②
→ボトムでカジュアルダウンしつつ、ヴィンテージ風小物で旬の気分を表現

黒の繊細な素材感のブラウスで柄の「ヴィンテージ感」を主役に

身頃と袖で違う花柄に切り替えたデザインや、透けるシフォン素材が繊細な印象のブラウス。ワイドパンツでカジュアルさを足し、甘さをセーブ。「ゴールドサンダルやクラシカルなバッグでブラウスのヴィンテージっぽさを盛り上げ、旬の着こなしに」。
ブラウス¥16,000/フレームワーク ルミネ新宿店(ヌキテパ) パンツ¥30,000/アングローバル(イレーヴ) サングラス¥36,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ノイズ) バッグ¥359,000/アパルトモン 青山店(マーク クロス) 靴¥82,000/プラージュ 代官山店(ミッシェル ヴィヴィアン) インナー/スタイリスト私物
【Marisol9月号2018年掲載】撮影/金谷章平 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/RINA 取材・文/須藤由美

What's New

Feature

Ranking