敬老の日のお食事会。仕切り役はドレッシーかつ動きやすいパンツで【2018/9/17コーデ】

2018年9月16日
ダークグレーとディープグリーン。これはアラフォーにとってフレンドリーな色の組み合わせ!
フェイクスエードワンピース×パンツコーデ
敬老の日は仲良しの親族を集めて恒例のお食事会。仕事柄お店のアレンジはお手のものなので、今年から私が仕切り役を仰せつかることに。お年寄りから子どもまで一堂に会するので、あれこれ要望に対応できるよう気合いをいれたパンツスタイルが鉄則。とはいえ、祝いの席なのでドレス感ももたせて。フェイクスエードのワンピースをコートのようにアレンジすることで、パンツコーデをドレッシーに仕上げる着まわしテクは、かなり使える!
パンツ¥18,000/エリオポール代官山(エリオポール) ワンピース¥31,000/ウィムガゼット ルミネ新宿店(ウィム ガゼット) 帽子¥16,200/カシラ ショールーム(カシラ) イヤリング¥7,000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(ALEXANDRINE) ネックレス¥207,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) バッグ¥24,000/エレメントルールカスタマーサービス(エルベールフレールスール/バビロン) 靴¥24,000/フラッパーズ(スペルタ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵

※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります
▼バレエシューズコーデをもっと見る

What's New

Feature

Ranking