雅楽を楽しむ大人のお月見は母と一緒に。カジュアルシックな装いで【2018/9/24コーデ】

2018年9月23日
純粋に古式ゆかしい雅楽のしらべを楽しむために荷物は最小限に。コンパクトなバッグひとつで
ジャケット×黒デニムコーデ
中秋の名月、今年は恋人ではなく母と二人でお出かけする予定。父のお世話で大変な母をたまには外に出して気分転換させてあげるのも娘の務め。とか言いながらちゃっかり私も母とのデートを楽しみにしていたり。毎年、日枝神社で催される中秋管絃祭はシックな雰囲気できれいめな格好を心がけて。バッグはじゃまにならないように小ぶりなものをチョイス、面積は小さくてもグリーンの洒脱感は絶大なので、ほどよい存在感に。
バッグ(縦15cm×横18cm×マチ8cm)¥101,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) ジャケット¥63,000/エリオポール代官山(ラスパイユ) カットソー¥8,000/ebure デニム¥26,000/エージー ジャパン(エージー) サングラス¥38,000/アイヴァンPR(アイヴァン) 靴¥77,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)
撮影/西原秀岳(TENT) スタイリスト/室井由美子 文/加藤理恵

※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

What's New

Feature

Ranking