上品見えも細見えもかなう! 3大人気ブランドのブラックデニム×秋の最旬コーデ

2018年10月1日
インディゴよりもきれいめに着こなせて、ほっそり見えると評判のブラックデニムが、この秋おすすめ

\ 私たちがプレゼンします! /

(上)ゲストリスト レッドカード PR担当武田泰輔さん。人気のデニムブランドを複数担当。マリソルでもおなじみの敏腕プレス (右)リエート AG PR担当 山内大希さん。デニムを熟知しているからこその、しっかりと的を射た視点が評判 (左)シンゾーン ディレクター 染谷真太郎さん。毎シーズン、おしゃれ通をうならせる、こだわりの新作デニムをリリース

3大人気ブランドのブラックデニム×旬コーデ!

ブラックデニム×白のニットコーデを着た五明祐子さん

1/3

ブラックデニム×赤いカーデガンコーデを着た五明祐子さん

2/3

ブラックデニム×シャツコーデを着た五明祐子さん

3/3

Brand 1 AG

腰まわりにやや余裕をもたせた美脚テーパード。「メリハリがきいた一本はスタイルアップ効果絶大です」(山内さん)

黒のモード感を生かしたキレのあるモノトーンスタイル

股上はやや深め、腰からヒップにかけてゆとりをもたせた、まさにアラフォーにうれしいシルエット。白と黒のコントラストでシャープな印象に。

デニム¥26,000/エージー ジャパン(エージー) ニット¥16,800/マーコート  デザインアイ 銀座店(ミディウミソリッド) シャツ¥28,000/ボウルズ(ハイク) ハット¥40,000/キジマ タカユキ ピアス¥19,000/アッシュ・ペー・フランス(アレックス・モンロー) バッグ¥14,800/ショールーム セッション(ヤーキ) 靴¥62,000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー)

Brand 2 THE SHINZONE

ヴィンテージを思わせる色あせたトーンがこなれ感にきく!ゆとりのある形も秀逸

グレーがかったブラックなら発色のいい赤ともなじみよし!

「腰から膝下にかけて、徐々に絞ったゆるめのテーパード。やや短めのレングスはヒール靴とも好バランスです」(染谷さん)。グレーに近い色落ちブラックは、鮮やかなきれい色ニットとも上品に決まる。

デニム¥19,000/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) カーディガン¥31,000/スローン サングラス¥36,000/プロポデザイン(プロポ) バッグ¥49,000/アマン(エレメ) ストール¥13,000/フラッパーズ(マニプリ) 靴¥22,000/ANAYI


Brand 3 RED CARD

ソフトな生地感と強力なストレッチ。「デニムということを忘れそうな快適なはき心地が自慢!」(武田さん)

スレンダーで潔いシルエットがシックな秋色シャツを洗練

よく伸びてよく戻る、新開発のストレッチ素材を使用しているので細身シルエットもノンストレス。さらにももまわりの色落ち加工が脚を立体的に見せてくれる。すっきりとした横顔だからオーバーサイズのシャツと合わせてもスマート。

デニム¥19,000/ゲストリスト(レッドカード) シャツ¥38,000(参考価格)/アマン(フィナモレ) 右耳のピアス¥18,000・左耳のピアス¥19,000/マユ アトリエ(マユ) バングル¥6,400/サイクロ バッグ¥45,000/コード(ヴァジック) 靴¥37,000/ザ・グランドインク(ロランス)
撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/池田メグミ モデル/五明祐子 取材・文/野崎久実子

What's New

Feature

Ranking