マルチに才能を発揮するMINUE(ノ・ミヌ)さん 来日インタビュー

【ライター桂まりの「すきあらば韓流」】

2016年11月13日
見目麗しいだけでなく、才能あふれる俳優/ミュージシャンの、MINUE(ノ・ミヌ)さんが待望の日本デビューシングルをリリース!
展開が早く、目の離せない脚本の秀逸さ、俳優たちの演技にもうならされる韓ドラ。続々登場するライジングスターたちもからも目が離せなく、蟻地獄のごとくはまってしまう、ヒーリング効果も抜群(?)の韓ドラ作品やスターを、ライター桂まりが、不定期でご紹介いたします!

 「私の残念な彼氏」、「フルハウス TAKE2」、「神の贈り物-14日」、「最高の結婚」、「マイダス」、「僕の彼女は九尾狐」、「パスタ」、「剣と花」などのドラマや、映画で俳優としても活躍するMINUE(ノ・ミヌ)さん。デビューして12年になるこの長身の美青年は、演技だけではなく、ミュージシャンとしてもファンを魅了しています。ドラマ「私の残念な彼氏」、「剣と花」、「フルハウス TAKE2」、「最高の結婚」、「僕の彼女は九尾狐」などではOST(オリジナルサウンドトラック)でも作品を盛り上げていて、主演映画では音楽監督を務めたことも!
 そんな彼が、長い間夢だった、そしてファン待望の日本デビューシングルをリリース。本人がプロデュースし、作詞作曲はもちろん、ボーカル、ギター、ドラムなどすべての演奏をこなしています。
 
 「約束に遅れて、申し訳なく思う気持ちもあります。ずっと夢だった日本デビューに、時間がかかってしまったけれど、デビューすることができて本当にうれしいです。ずっと残るものだから、15曲ほど創ったなかから3曲に絞りました。作品作りで大切にしているキーワードは、夢、愛、恋。目標を達成するためには、痛みを伴うこともありますよね、ぼくはいつも、作品で愛や希望をファンのみなさんにあげたいし、また、ファンの方々から愛や希望をもらっています」と、完璧な日本語で、優しくふんわりと語るMINUEさん。

 K-POPや韓流ドラマがアジアや世界で注目されているのを、どう思いますかと聞けば、「ぼくは13歳のころから、木村拓哉さんやYOSHIKIさんに憧れて、目標や夢を追いかけることができたんです。アジア人でもロックバンドがかっこ良くできるんだな、って。ぼくたちも、そんな存在になれたらいいなと思います」。
 また、デビュー作の制作で日本に滞在中、映画「カノジョは嘘を愛しすぎている」が、「音楽も良くてすごいな」と思ったそうで、1人で京都や大阪を旅したり、ディズニーランドやディズニーシーに行ったりもしたそう。カラオケバーで人間観察(?)するのも勉強になるそうです(笑)。
 俳優としては、ツンデレな役が多いので、いつか痛みや悲しみを背負った役を演じてみたいとか。
 
 「ファンのみなさんが愛を贈ってくれているので、ここに立っていられると思うし、いいメロディの作品で感謝の気持ちを伝えられたらうれしいです」。マルチに活躍する彼の自信作は、11月16日にリリースです。

■日本デビューシングル 3仕様発売
「GRAVITY」 produced by MINUE
11月16日リリース
TYPE A CD+DVD¥1,800+税
TYPE B CD+DVD¥1,800+税
TYPE C CD+BOOK¥2,000+税
  • TYPE A
  • TYPE B
  • TYPE C
撮影:山下みどり スタイリスト:手塚陽介 ヘアメイク:仲田須加 

桂まりさん●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」



What's New

  • 「仮面の王 イ・ソン」で闘魂演技賞!エルさん(INFINITE)インタビュー

     俳優キム・ミョンスとしても活躍するアイドルグループINFINITEのエルさん。NHK BS プレミアムでも放送され話題となっている時代劇「仮面の王 イ・ソン」ではユ・スンホさんと共演。貧しい水売りの少年が王の影武者となる難しい役を熱演して注目されました。ちなみに、この美しい演技派二人の共通点は猫好き。2人とも(猫に仕える)執事の身なのだとか。グッと引き込まれるストーリー展開の物語と彼らの熱演を、ぜひDVDで堪能して!

    韓流NEWS

    2018年8月17日

  • 「仮面の王 イ・ソン」主演、名品俳優ユ・スンホさんの素顔

    7歳でドラマデビュー、10歳の頃公開された映画「おばあちゃんの家」で国民的名子役としてスターに。高校一年生で時代劇「善徳女王」の王子チュンチュを演じ、子役から見事に脱皮しました。以後たくさんの作品で活躍しているユ・スンホさんは今24歳。優しく、笑顔を絶やさず、こんなに美しい人間がいていいのかと思ってしまうほどで、眉目秀麗とは彼のためにあるよう。NHK BSプレミアムでも放送され人気を博している時代劇「仮面の王 イ・ソン」で主演、そのDVDのリリースに合わせ、来日した彼に直撃です!

    韓流NEWS

    2018年8月1日

  • 「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」で年下の彼を演じ人気急上昇、チョン・ヘインさんインタビュー

    「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」「あなたが眠っている間に」「刑務所のルールブック(原題:賢い監房生活)」などで注目され、さらに、ワンシーン、ワンシーンが絵葉書のように美しい、ドラマ「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」でソン・イェジンさんと共演して大ブレイク。目下絶大な人気を誇る若手俳優チョン・ヘインさん。仔犬のような塩顔の癒し系の彼は、まさに無敵の時の人。好感度の塊で、CM王にも躍り出ました。話題作「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」のプロモーションで来日した彼にさっそくインタビュー!ドラマはCSチャンネル衛星劇場で7月26日(木)夜11時より放映開始です!

    韓流NEWS

    2018年7月6日

  • これぞ人生ドラマ、「私のおじさん」のイ・ジウン(IU)さん&イ・ソンギュンさんインタビュー

    「ミセン-未生-」「シグナル」のキム・ウォンソク監督の作品というだけでもワクワクするのに、期待以上の温かな人間ドラマに魅了される「私のおじさん(原題)」。役者たちが「観て後悔させない自信がある」というだけある素晴らしい作品です。セリフのひとつひとつが心に響き繰り返し観たくなる、不思議なチャームを持つこのドラマが、7月13日より日本でも放映スタート!!歌手としても多くの人の心を掴むIUさんが、女優イ・ジウンとして高く評価された作品でもあります。

    韓流NEWS

    2018年7月4日

  • T2U(from:Block B)、ユグォンさん&テイルさんインタビュー

    個性豊かな7人7色の魅力で人気のアーティスト、Block B(ブロック ビー)。楽曲が好きでコンサートやイベントにも何度か足を運んでいますが、毎回彼らの才能に圧倒されます。スペシャルユニット、T2U(トゥーユー)のツアーで来日した美声で知られるテイルさんと日本語が堪能なユグォン(ユグ)さんにインタビュー!6月20日発売されるデビュー7周年記念の日本オリジナル・ベストアルバム「Block B THE BEST」のお話も伺いました!T2Uの新曲、ソロ曲も含むこのアルバムは、Block Bの軌跡を音、映像、写真で楽しめる超豪華版で、入門編としてもマスト!ぜひ聴いて、観て下さい!!

    韓流NEWS

    2018年6月15日

  • 鼓膜彼氏ソン・シギョンさん、気概を見せる

     韓流ドラマが好きならきっと耳にしたことのある、心奪われるOST(挿入歌)の数々でも知られる国民的歌手ソン・シギョンさん。バラードの皇帝、鼓膜彼氏の異名を持ち、作詞作曲も、そしてスマートで機知に富む人柄から、芸能大賞やゴールデンディスク賞授賞式、バラエティ番組のMCとしても活躍中。そんな彼が日本活動にも本腰を入れ、その気概を高めています。7月には新譜もリリース予定、日本語も堪能で、気さくで面白いシギョンさんにお話を伺いました。

    韓流NEWS

    2018年6月1日

  • 社会現象となったアイドル、Wanna One旋風!

    2017年に放映され韓国で社会現象を巻き起こしたサバイバル番組「PRODUCE 101 シーズン2」。101人の中から”国民プロデューサー”による人気投票で選ばれたメンバーで昨年8月にデビューしたのが、11人組のWanna One(ワナワン)です。2018年12月までの期間限定のプロジェクトアイドルグループというのもユニーク。デビュー3週間で各チャートを席巻、15冠を達成。モンスター級のアイドルとして注目を浴び続けています。そんな彼らが初めてのファンイベントのため来日。5,000人のファンが駆けつけ、会場は熱気に包まれました!楽曲もつい口ずさんでしまうものばかりなので、ぜひ聴いて、観て!

    韓流NEWS

    2018年5月14日

  • 映画『名もなき野良犬の輪舞(ロンド)』ビョン・ソンヒョン監督に聞く

     37歳という若手、才能溢れる『名もなき野良犬の輪舞』のビョン・ソンヒョン監督。彼の商業映画での2作目となるこの作品に出演した、ソル・ギョング、「ミセンー未生ー」のイム・シワン、キム・ヒウォン(「ゴハン行こうよ2」)ホ・ジュノ(「仮面の王 イ・ソン」)といった錚々たる演技派俳優も一目置く存在です。国内外で高く評価された映画で、フィルムノワールと聞くと、暗くて重いイメージですが、この作品は、美しく、ときに笑えて爽快、心にしみる人間ドラマでもあります。先入観なしに多くの人に観てもらいたい!フィルムノワールのイメージとはまったく異なる、シャイで静かな語り口の監督にお話を伺いました!

    韓流NEWS

    2018年5月1日

Feature

Ranking