体がきれいに見えて気分が上がる「最旬ニット×デニムコーデ」。今年のBest3はこれ!

2018年10月24日
一枚で華やかに着映えするトレンドニットを主役に、旬デニムで着こなしを女っぷり高く盛り上げて!
揺れ感ニット×色落ちデニムコーデを着た蛯原友里さん

1/3

薄手カラーニット×リジッドデニムコーデを着た蛯原友里さん

2/3

ビッグサイズニット×黒スキニーデニムコーデを着た蛯原友里さん

3/3

Trend Knit Style 01

揺れ感ニット×色落ちデニム


“ニット一枚”のおしゃれを思いきり楽しむなら、すそや袖が動くたびにさりげなく揺れるふんわり肩落ちニットを選びたい。優しげな淡いベージュに、カジュアルな色落ちデニム。この甘辛バランスも心地いい。

シンプル、なのに女っぽい。理想の「ニット×デニム」スタイル
ボートネックやゆったりしたドロップショルダー、後ろが長めのすそデザインなど、体をきれいに見せる工夫のつまったベージュのニット。ウォッシュのかかったダメージデニムと合わせて淡カラー同士のニュアンスを堪能したい。

ニット(二子玉川店限定)¥58,000/サザビーリーグ(デミリー) デニムパンツ¥39,000/ロンハーマン(リダン) 帽子¥38,000/アパルトモン青山店(スーパー デューパー) イヤリング¥42,000/ドゥロワー 青山店(グーセンス) バッグ¥165,000/J&M  デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)

Trend Knit Style 02

薄手カラーニット×リジッドデニム


袖を通すたびに心ときめくきれい色のニット。今年は、スモーキーなピンクにおしゃれ心を託すのが気分。なめらかで上質な薄手タートルとラフな風合いのリジッドデニム。“カジュアル”なだけじゃない、ニットとデニムの新しい関係性を、肌で感じて。

ハンサムな女性像へ導くくすみピンク×インディゴカラー
長め丈のジャケットをさらりと肩がけし、きれいめ仕上げに。

ニット¥19,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) デニムパンツ¥44,000/ドゥロワー 青山店(ゴールドサイン) ジャケット¥129,000/ゴールデン グース デラックス ブランド 青山(ゴールデン グース デラックス ブランド) メガネ¥32,000/オプティカルテーラークレイドル 青山店(BJ クラシック) バッグ¥175,000/ミューズ  ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(J&M デヴィッドソン) 靴¥46,000/アマン(ペリーコ)

Trend Knit Style 03

ビッグサイズニット×黒スキニーデニム


ざっくりとしたオーバーサイズのニットに身を包むのも、秋冬おしゃれの醍醐味。トレンドの黒スキニーとの“ゆる×ぴた”シルエットでALLブラックコーデがぐっとモダンに、女っぽく。

メリハリのきいた黒コーデにチェックストールで華やぎを
首まですっぽりと隠れるハイネック、わずかに指先がのぞく長めの袖、表情のある編み地。面積の大きな黒にほんのり甘いニュアンスが加わり、切りっぱなしのデニムとの合わせもどこかフェミニンな印象に。

ニット¥78,000/ebure デニムパンツ¥31,000/サザビーリーグ(マザー) ピアス¥30,000/プラージュ 代官山店(リジー フォーチュネイト) ストール¥73,000/ドゥロワー 日本橋店(ジョシュア  エリス) バッグ¥274,000/エイチ アイ  ティー(ロウナー ロンドン) 靴¥34,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ジャラン スリヴァラ)

撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物)  ヘア&メイク/森ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里

What's New

Feature

Ranking