自然なのに、長く、太く、上向き。 “魔力全開”のまつ毛をワンストロークで!

2018年11月7日
「3本? いやもっと。5本はいくね!」ビューティエディターのハラチノさんの“破天荒スイッチ”を押したアイテムはこちらでした!

メイベリン ニューヨーク

スナップスカラ

 長い長い人間の歴史の中で、先人たちがいろんなトライ&エラーを繰り返してくれたおかげで、今の私たちの生活の中ではあたりまえになった「こと」や「もの」ってたくさんあると思うんですけど、なかには、その「こと」や「もの」の存在が常識化する前に、一番最初にトライした人って、実はかなり破天荒な人だったんじゃないかと思うこと、ありませんか?
 例えば、一番最初に「トゲトゲしたものの中に入っているオレンジ色のどろっとした身(※ウニ)を食べてみよう!」と思った人とか、一番最初に「背中のかゆみを解消するために、リアルな手の形をしたツール(※孫の手)を作ってみよう!」と思った人とか、あと、一番最初に「人のまつ毛の長さのほどを見るために、マッチ棒を載せてみよう」と思った人とかね。

あ! まつ毛についての破天荒先人としては、「まつ毛をより長くするために、あえてまつ毛をチョキチョキに切ってみる」という、普通の神経だったら怖すぎてできるはずもないことをやってのけた凄腕もいますよね。どうかしてる。ん? こう考えると、まつ毛って、なんかこう、人の中にある"破天荒スイッチ"を押す何かの魔力があるんですかね?

 とか、なぜそんなどーでもいいことをつらつらと考えてしまったのかというと、先日、とある集まりにおいて、にっこりと表題の言葉を口にしながら、私のまつ毛の上にマッチ棒を載せてみよう! と提案してきた知人がいたからです。「だって、それ、素まつ毛だよね!? ものすごく長くない? しかも濃い! マッチ載せてみたいよー!」とのこと。あらあら、まつ毛の魔力にやられ、先人の"破天荒"が伝染した人がここに。でもね、ごめんなさい、あなたを破天荒化させた私のまつ毛は素まつ毛なんかじゃなく、こちらのマスカラできっちりコーティングしたことで、長く太く上向きにあしらえた偽まつ毛なの……。なんで、そのむね、ご説明し「マッチ on まつ毛」遊びを固辞のうえ、帰宅した私でした。が、破天荒嬢の熱いアプローズが忘れられず、帰宅後、こっそりとマッチを載せてみちゃったりして……。えっ! 6 本も載っちゃった……って、やだ! 私もまんまと"破天荒"が伝染しちゃったYO! 伝染に伝染を呼ぶこのマスカラ……恐ろしい子! 

 ということで、最近、なんだかまつ毛が細ってきちゃって……とお嘆きのアナタ、ぜひこちら、お試しを。素まつ毛のように自然な毛流れはキープしながら、マッチの重みにも耐えられるまつ毛の"強度"と、長く密集したまつ毛印象をかなえられます! ま、そのせいで、なんらかの"破天荒先人"になっちゃっても責任は取れませんが。
ワックスフリーフォーミュラで、水のように軽いつけ心地のマスカラ液が、まつ毛をなめらかに繊細にコーティングするから、まるでまつ毛の一本一本が微妙に"太った"ような、自然な存在感をプラス。8000のパターンの中から選び抜かれた大きめのブラシ採用で、たったひと塗りで、バサバサしすぎない、でも、上品なインパクトのある目もとに。キリッとした目ヂカラが欲しい時はブラック、まなざしに少々の女らしい甘さを加えたい時にはブラウンがおすすめ。各¥1,200

ビューティエディター ハラチノ
キレイを育むうぬ惚れの一番の糧は断然、人からのアプローズ=ほめ言葉。マリソルのビューティエディターハラチノが、そんな言葉を採取解説!




【Marisol6月号掲載】撮影/国府 泰 

What's New

Feature

Ranking