美しさの6〜7割は肌の印象で決まる。ベースメイク前の肌を作る4つのスキンケアステップ

2018年10月23日
美しいアラフォーとそれなりのアラフォー。同じ年代でも差がついてしまうのは実は、肌と眉が大きなポイントだった!
その人の暮らしぶりを映す肌と、女性像を自在に操れる眉。巨匠、千吉良恵子さんが、アラフォーのキレイを確約する洗練された旬の肌と眉のつくり方を伝授!

教えてくれたのは・・・

ヘア&メイクアップアーティスト 千吉良恵子さん

ヘア&メイクアップアーティスト 千吉良恵子さん

cheek one主宰。雑誌や映像、広告などで幅広く活躍する、美容界を牽引するひとり。洗練された透明感のあるメイクで、モデルや女優などからも引っぱりだこ
「女性の美しい印象って、肌と眉が担っている部分が大きいですね」と千吉良さん。特にアラフォーになるとこの2つのパーツがよりポイントとなってくるそう。でも、なぜ?
「肌は、その人の透明感や清潔感、聡明さが表れる場所。そして、それらの要素はその人の暮らしぶりまで想像させてしまう。肌がキレイだったら、たとえ不摂生しても、すごく素敵な生活をしているように見えるじゃないですか。人の印象の6〜7割を決めるのが肌だと思うんです。一方、眉は顔の額縁。だから、眉ひとつで女性像がすごく変わるんです。眉の描き方によって、老けてしまったり、反対に若返らせたり、優しく見せたり、きちんとして見せたり、年齢もイメージも自在に変化させられる場所なんです。しかも肌も眉も、実は一番流行が出るパーツなんですよ」

 だからこそ、この2つを更新することが、美しいアラフォーへの一番の近道。
「目ざすのはいきいきとして女らしい印象。肌はツヤと血色感と湿度感を、眉は生命感、ふんわり感、エッジの三位一体が大切です」

 それって、ちょっとむずかしそう……?
「それぞれ1つのアイテムでだけでは、それなりのテクニックが必要です。でも、例えば肌なら、下地、ファンデーション、練りチーク、ハイライト、例えば眉なら、パウダー、ペンシル、マスカラと、アイテムを使い分けることで、意外に簡単にかないます」

■美しい肌作りのために、まずはここからスタート!【スキンケア編】

1/4

2/4

3/4

4/4

#1 化粧水前にはオイル仕込み

オイル仕込みでうるおい持続力が断然違う

化粧水前には浸透性の高いオイルを肌全体にひと塗り。うるおいに満ちた肌のパーンとした状態が続く。千吉良さんが大人の女優さんたちに必ず実践するプロセス。
(右から)
●ビタミンEの約2倍の抗酸化力をもつイモーテルエッセンシャルオイルを高濃度配合。イモーテル ディヴァインインテンシヴオイル30㎖¥12,000/ロクシタンジャポン 
●天然由来成分100%。肌と一体化するようになじむ上質オイル。エミング フェイシャル  オイルエッセンス28㎖¥13,500/THREE 
●皮脂量と水分量をバランスよく増やすライスパワーNo.7配合。ベタつかずすっとなじんで浸透。理想の艶肌実感へ。米肌 肌潤トリートメントオイル25㎖¥4,300/コーセープロビジョン

#2 化粧水で入念に水分を仕込む

化粧水はていねいにパッティング。うるおいでパンと肌を膨らませる

オイル仕込みとともにアラフォーの肌に欠かせないのが水仕込み。貯水効果のある化粧水をコットンで優しくていねいに肌全体をパッティング。うるおいでパーンと満たされた肌に。
(右から)
●超微細ナノカプセル化技術で肌深部にまで水分を送り届けてロングキープ。うるおい続ける肌の実感がスゴイ。モイストバランス ローション360㎖¥5,500/アクセーヌ 
●独自の浸透テクノロジーで濃密なうるおいを奥深くまで満たす。ルシェリ リフトグロウ ローション3 種各160㎖¥2,700(編集部調べ)/コーセー 
●希少なグランヴィルローズの濃密エキスを贅沢に配合したとろみ化粧水。プレステージ ラ ローション150㎖¥14,000/パルファン・クリスチャン・ディオール

#3 乳液マッサージで柔軟&リフトアップ

マッサージのひと手間で肌の仕上がりが変わる

撮影時に実践する千吉良流はここで乳液マッサージ。量は多めに、フェイスラインを引き上げるようにマッサージ。肌も柔らかく上向きに。最後にティッシュで押さえる。
(右から)
●硬くなりがちなアラフォーの肌にもとろけるようになじんで、しなやかなハリとツヤが復活。AQ エマルジョン200㎖¥10,000/コスメデコルテ 
● どんな肌質もベストな状態が続く肌に生まれ変わらせる乳液。軽やかなコクのある感触で、プルプルしなやか肌に。エクサージュ  モイスト アドバンス ミルクⅡ200g¥5,000/アルビオン 
● 再生医療研究から生まれた進化したクリーム状乳液。エピステーム ステムサイエンスエマルジョンa 45g¥15,000/ロート製薬

#4 リッチなクリームで水分油分にフタ

仕込んだ水分と油分は仕上げのクリームで閉じ込める

スキンケアでたっぷりと入れ込んだ油分と水分は最後にフタをして閉じ込めるのが正解。乾きやすいアラフォー世代は、プレミアムな上質クリームへの切り替えがおすすめ。
(右から)
● 多くの栄養素を含むアルファルファの濃縮エキスを配合。表皮・真皮にふっくら弾力をもたらすクリーム。ル  リフト クレーム リッシュ50㎖¥16,000/シャネル 
● 高度な技術を駆使して得られる月下香培養エッセンスαを高濃度配合。過酷な環境に打ち勝つ弾力肌がかなう。エスト ザ クリームTR¥30,000/花王(11月10日発売) 
● 厳選されたローズから抽出した成分を贅沢配合。変化するテクスチャーにも思わずうっとり。アプソリュ ソフトクリーム60㎖¥34,000/ランコム(11月2 日発売)
撮影/菊地泰久(vale./人物) 久々江 満(物) ヘア&メイク/千吉良恵子(cheek one) スタイリスト/程野祐子 モデル/樋場早紀(マリソルビューティ専属) 取材・文/山崎敦子

What's New

Feature

Ranking