ほっこりさせず、女っぽく仕上げたい!「シャギーニット」を大人はどう着る?

2018年11月2日
体のラインの見え方や配色に気を配り、シャープな女らしさを目ざすことで、ぐっとこなれて見える!

■シャギーニット

ふわふわとした量感が特徴の毛足の長いニットには動きのあるニュアンスやクリアな色を加え、NOTほっこりに。

1/2

2/2

Coordinate 01:キレのいいモノトーンでクールないい女

マットなブラックにぬくもりと風合いをもたらすモヘア。シンプルなプルオーバーで、親指がのぞくようにカットされたロングスリーブが手もとにさりげないニュアンスを。ホワイトデニムとの潔い黒×白を選択したら、小気味よく仕上がって。ニットで楽しむ、冬のモノトーンがまた好きになる。ニット¥42,000/ボウルズ(ハイク) デニムパンツ¥26,000/エージー ジャパン(エージー) ストール¥19,000/ebure バッグ¥100,000/TOMORROWLAND(エレナ ギゼリーニ) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)

Coordinate 02:余韻のあるプリーツスカートと表情豊かに

両手をすっぽりと入れられるハンドウォーマーポケットがついた、保温性の高いカシミアニット。優しい素材感のおかげで、キャメルの柔らかさがいっそう増すよう。着こなしはモダンなチェックの揺れるプリーツスカートで今の気分を表現しつつ、“カジュアルになりすぎ”を回避。ニット¥54,000/マスターピースショールーム(サイ) スカート¥28,000/TOMORROWLAND(ボールジィ) バングル¥6,500/ジューシーロック バッグ¥19,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥40,000/エストネーション(チェンバー)
撮影/森脇裕介(人物)  ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/松村純子 モデル/高垣麗子 取材・文/陶山真知子

What's New

Feature

Ranking