今年のコートはこれ買い!おしゃれプロたちがキープした本命コートまとめ

2018年11月7日
おしゃれ上手な目利きの達人が、この冬展示会でチェックした私的買いコートから今季のトレンドをチェック!何枚も買い足すわけにはいかないコートこそ、とっておきの一枚を選んで。

【本命コート1】ネイビーコート

清潔感と上品さならネイビーに勝るものなし。グレー系やブラウン系のトレンドを経て、今季はネイビーを指名買いする人多数。長め丈でシックに着られるものが人気。
2018年冬の本命コートはオーラリーのコート

AURALEE(オーラリー)

☆エディター 東原妙子さんKeep!

「厚みのあるしっかりとしたメンズライクなつくりが好み。ピーコートをロングにしたような一枚で、白コーデに小物で色をきかせ、冬のマリンにも挑戦したい」。コート¥87,000/オーラリー

2018年冬の本命コートはボールジィのコート

BALLSEY(ボールジィ)

☆スタイリスト 田澤美香さんKeep!

「フードつきガウンコートは、ネイビーのノーブルさを差し引いてもリラックス感満載。さらっと着流すスタイルで」。コート(共布ベルトつき)¥64,000/TOMORROWLAND(ボールジィ)

2018年冬の本命コートはマルゴー ロンバーグのコート

MARGAUX LONNBERG(マンゴー ロンバーグ)

☆エディター 塚田有紀子さん Keep!

「今シーズンは久々にネイビーのコートばかりが気になって。これは大きめな襟が印象的で、そのぶん顔がコンパクトに見える効果も」。コート¥79,000/アマン(マルゴー ロンバーグ)

2018年冬の本命コートはドゥロワーのコート

Drawer(ドゥロワー)

☆マリソル 編集部K松Keep!

「とことん端正なものが欲しくて行きつきました。ウールカシミアの上質さが見て取れる品のよさが格別」。コート(共布ベルトつき)¥250,000/ドゥロワー  日本橋店(ドゥロワー)

2018年冬の本命コートはエイトンのコート

ATON(エイトン)

☆マリソル 編集部Y本Keep!

「メルトン素材のステンカラーコートはメンズライクな雰囲気に惹かれて。ほんの少しだけコクーンシルエットなのもツボ」。コート¥120,000/ヴァリアス  ショールーム(エイトン)

【本命コート2】チェック柄コート

今季、人気筆頭を走るチェック柄。シンプル好きが多いマリソルスタッフ陣もコートで果敢にトライしたいとの声も。大人に似合うデザイン選びが重要。

2018年冬の本命コートはイレーヴのチェック柄コート

YLÈVE(イレーヴ)

☆スタイリスト 徳原文子さんKeep!!

「一枚は欲しいと思っていたチェック柄コート。リバーシブルだからチェックを全面にしたり、袖口からのぞかせたりと、使い勝手もよさそう」。コート¥96,000/アングローバル(イレーヴ)

2018年冬の本命コートはマディソンブルーのチェック柄コート

MADISONBLUE(マディソンブルー)

☆エディター 伊藤真知さんKeep!

「メンズライクなグレンチェックながら、たっぷりとしたボリューム感で、着るとドレス感が強い、そのギャップに惹かれました」。コート¥230,000/エストネーション(マディソンブルー)

2018年冬の本命コートはレリタージュ マルティニークのチェック柄コート

l’heritage martiniqueレリタージュ マルティニーク)

☆マリソル 編集長 イシダKeep!

「旬色の赤とオレンジをきかせ、ほどよく華のある茶系ベースのチェック柄が上手。やや地厚で風合いのあるたたずまいに惹かれました」。コート(共布ベルトつき)¥148,000/レリタージュ マルティニーク

【本命コート3】大人のダッフルコート

トラッドブームの影響で、大人になった今、改めてダッフルが着たいという声が続々。あえて白やベージュなのど柔らかい色で脱・スクール風に取り入れるのが肝。

2018年冬の本命コートはGLOVERALLのダッフルコート

GLOVERALL(グローバーオール)

☆マリソル 編集長 イシダKeep!

「トグルの位置が横ぎみだったり、取りはずし可能なフードにスタッズがついていたり、王道と革新のバランス具合が絶妙」。コート「ELIZA」¥82,000/ゲストリスト(グローバーオール)

2018年冬の本命コートはミラオーエンのダッフルコート

Mila Owen(ミラ オーウェン)

☆マリソル 副編集長 SGUR Keep!

「ダッフルコートも今年らしいビッグシルエットに更新。汚れやすい白だからこそ、このコスパの高さもうれしい」。コート¥29,000/ミラ オーウェン ルミネ新宿2 店(ミラ オーウェン)

2018年冬の本命コートはマッキントッシュのダッフルコート

MACKINTOSH(マッキントッシュ)

☆マリソル 編集部K松Keep!

「畝のある素材感と、絶妙なグレージュの色みが素敵。トグル部分が白いのも、印象に軽やかさが加わり新鮮」。ダッフルコート¥138,000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ)

【Marisol11月号掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/田澤美香 取材・文/塚田有紀子
▼コート関連記事をもっと見る

What's New

Feature

Ranking