天才子役から演技派俳優へ。 ヨ・ジングさん来日

【ライター桂まりの「すきあらば韓流」】

2016年11月8日
小さな名優として親しまれて来たヨ・ジングさん(19歳!)がファンイベントのために来日!

展開が早く、目の離せない脚本の秀逸さ、俳優たちの演技にもうならされる韓ドラ。続々登場するライジングスターたちもからも目が離せなく、蟻地獄のごとくはまってしまう、ヒーリング効果も抜群(?)の韓ドラ作品やスターを、ライター桂まりが、不定期でご紹介いたします!

 8歳でデビュー、観る人をぐっと惹きつける小さな名優として親しまれて来たヨ・ジングさん。彼もすっかり大人な19歳の俳優に。10月には、18歳のとき以来というファンイベントのため、久しぶりに来日しました。15歳の初主演映画「ファイ 悪魔に育てられた子」では、新人男優賞を総なめ。わたしが観たドラマだけでも、「イルジメ〔一枝梅〕」(2008年)、「幻の王女チャミョンゴ」(2009年)、「ジャイアント」(2010年)、「ペク・ドンス」、「根の深い木-世宗大王の誓い-」(ともに2011年)、「太陽を抱く月」、「会いたい」(ともに2012年)、「テバク」(2016年)、映画「ファイ 悪魔に育てられた少年」(2013年)と、どの作品もヨ・ジングさん出演シーンの演技には心奪われて来ましたし、また彼が出演する作品はヒットするとも言われています。実際の彼は、明るく努力家で、お茶目で、終始にこやか。前回のイベントに納得できず、今回は、約3ヶ月間、日本語、歌、ギターを猛特訓したそうで、感動的な成果を披露して、会場を沸かせました。

 休みの日は、「干物男で、部屋着でじっと動かずに、映画を観ています。最近は古い映画をよく観ていて、黒沢明やヒッチコックを観ています」、「友人達と会って、誰かの家で遊ぶ」など、いたって普通の大学生。座右の銘は「春は誰にも来るけれど、人生の春は努力した者だけに来る」と(日本語で、しかも自作!)。趣味は音楽、映画鑑賞(辞書で調べて漢字で紹介!)いったい、本当は何歳?と思ってしまうほど優秀すぎる息子を誇りに思う気分にさせられ、会場のファンの視線を最大限に熱くしていました。ちなみに、小さい時から時代劇で親しんで来ている乗馬も趣味だそう。
 
 また、現在、注目の時代劇映画「代立軍(仮題)」の撮影中で、いま、自分の年齢でしか演じることのできない光海王を演じたいと語っていました。子供の頃と今、演ずるときの違いは、「例えば怒りを表現するとき、怒ったあとの感情にどう結びつけて表現するか、などを考えるようになりました」といいます。化粧品の広告モデルも務める爽やかな笑顔、透明感のある低音ヴォイスも兼ね備え、これからもますます楽しみな俳優のひとりです。
 
 日本では、時代劇ドラマ「テバク」が再び放送されます。撮影現場では、同じく子役出身のチャン・グンソクさんとは、すぐに打ち解けたそうです。お見逃しなく!


チャン・グンソク主演「テバク~運命の瞬間(とき)~」(C)SBS

チャン・グンソク主演「テバク~運命の瞬間(とき)~」では  ヨニン君/のちの英祖(ヨンジョ)を演じました。(C)SBS

******************************************************************

チャン・グンソク主演「テバク~運命の瞬間(とき)~」

WOWOWプライムにて11月25日(金)スタート〔第1話無料放送〕

毎週金曜夜7:30~(2話ずつ放送)

******************************************************************

2008年放送『イルジメ〔一枝梅〕』

『イルジメ〔一枝梅〕』では主人公の幼少時代を演じました。(C)Chorokbaem Media Co., Ltd. / SBS Productions Inc.

『イルジメ〔一枝梅〕』
コンパクトDVD-BOX[スペシャルプライス版]
発売中
価格:¥5,000+税
発売・販売元:ポニーキャニオン



桂まりさん●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」

What's New

Magazine

Instagram

Facebook

Twitter

Feature

Ranking

Keywords