天才子役から演技派俳優へ。 ヨ・ジングさん来日

【ライター桂まりの「すきあらば韓流」】

2016年11月8日
小さな名優として親しまれて来たヨ・ジングさん(19歳!)がファンイベントのために来日!
展開が早く、目の離せない脚本の秀逸さ、俳優たちの演技にもうならされる韓ドラ。続々登場するライジングスターたちもからも目が離せなく、蟻地獄のごとくはまってしまう、ヒーリング効果も抜群(?)の韓ドラ作品やスターを、ライター桂まりが、不定期でご紹介いたします!

 8歳でデビュー、観る人をぐっと惹きつける小さな名優として親しまれて来たヨ・ジングさん。彼もすっかり大人な19歳の俳優に。10月には、18歳のとき以来というファンイベントのため、久しぶりに来日しました。15歳の初主演映画「ファイ 悪魔に育てられた子」では、新人男優賞を総なめ。わたしが観たドラマだけでも、「イルジメ〔一枝梅〕」(2008年)、「幻の王女チャミョンゴ」(2009年)、「ジャイアント」(2010年)、「ペク・ドンス」、「根の深い木-世宗大王の誓い-」(ともに2011年)、「太陽を抱く月」、「会いたい」(ともに2012年)、「テバク」(2016年)、映画「ファイ 悪魔に育てられた少年」(2013年)と、どの作品もヨ・ジングさん出演シーンの演技には心奪われて来ましたし、また彼が出演する作品はヒットするとも言われています。実際の彼は、明るく努力家で、お茶目で、終始にこやか。前回のイベントに納得できず、今回は、約3ヶ月間、日本語、歌、ギターを猛特訓したそうで、感動的な成果を披露して、会場を沸かせました。

 休みの日は、「干物男で、部屋着でじっと動かずに、映画を観ています。最近は古い映画をよく観ていて、黒沢明やヒッチコックを観ています」、「友人達と会って、誰かの家で遊ぶ」など、いたって普通の大学生。座右の銘は「春は誰にも来るけれど、人生の春は努力した者だけに来る」と(日本語で、しかも自作!)。趣味は音楽、映画鑑賞(辞書で調べて漢字で紹介!)いったい、本当は何歳?と思ってしまうほど優秀すぎる息子を誇りに思う気分にさせられ、会場のファンの視線を最大限に熱くしていました。ちなみに、小さい時から時代劇で親しんで来ている乗馬も趣味だそう。
 
 また、現在、注目の時代劇映画「代立軍(仮題)」の撮影中で、いま、自分の年齢でしか演じることのできない光海王を演じたいと語っていました。子供の頃と今、演ずるときの違いは、「例えば怒りを表現するとき、怒ったあとの感情にどう結びつけて表現するか、などを考えるようになりました」といいます。化粧品の広告モデルも務める爽やかな笑顔、透明感のある低音ヴォイスも兼ね備え、これからもますます楽しみな俳優のひとりです。
 
 日本では、時代劇ドラマ「テバク」が再び放送されます。撮影現場では、同じく子役出身のチャン・グンソクさんとは、すぐに打ち解けたそうです。お見逃しなく!


チャン・グンソク主演「テバク~運命の瞬間(とき)~」(C)SBS
チャン・グンソク主演「テバク~運命の瞬間(とき)~」では  ヨニン君/のちの英祖(ヨンジョ)を演じました。(C)SBS
******************************************************************

チャン・グンソク主演「テバク~運命の瞬間(とき)~」

WOWOWプライムにて11月25日(金)スタート〔第1話無料放送〕

毎週金曜夜7:30~(2話ずつ放送)

******************************************************************

2008年放送『イルジメ〔一枝梅〕』
『イルジメ〔一枝梅〕』では主人公の幼少時代を演じました。(C)Chorokbaem Media Co., Ltd. / SBS Productions Inc.
『イルジメ〔一枝梅〕』
コンパクトDVD-BOX[スペシャルプライス版]
発売中
価格:¥5,000+税
発売・販売元:ポニーキャニオン



桂まりさん●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」

What's New

  • 映画『ゴールデンスランバー』のカン・ドンウォンさん降臨!

    1月12日公開の映画『ゴールデンスランバー』のプロモーションイベントのため、カン・ドンウォンさんが来日。この映画は、企画から関わったという、彼の想いが詰まった作品です。神々しいまでのプロポーションの良さでも知られるモデル出身演技派俳優ドンウォンさん。熱のこもった映画を観れば、新春からご利益ありそうです!

    韓流NEWS

    2019年1月8日

  • アジア最大級の音楽祭「2018 MAMA」のレッドカーペットが豪華すぎる!

    昨年に引き続き、アジア最大級の音楽祭として知られるMAMAが12月12日に日本でも開催されました。今回の日本公演の正式名称は「2018 MAMA FANS' CHOICE in JAPAN」で、韓国歌手初のアメリカ”ビルボード200”チャートで1位を記録するなどワールドワイドに旋風を巻き起こしているBTS、スーパールーキーのIZ*ONE、パワフルな歌唱力で知られるMAMAMOO、期間限定、今年いっぱいの活動のため集大成を披露したWanna One、日本でのドームツアーが決定しているTWICEらが集結。それだけでも贅沢なのに、ホストはパク・ボゴムさん、プレゼンターに旬の俳優たちが名を連ね、ドラマファンも見逃せない祭典に!レッドカーペットの盛り上がりからすでに神がかっていました!!

    韓流NEWS

    2018年12月20日

  • SNSフォロワー1008万人!ナム・ジュヒョクさん単独来日初イベントレポート&コメント!

     SNSのフォロワーが1008万人を超え、世界中のファンに愛される俳優ナム・ジュヒョクさん。11月24日に、待望の、初めての日本でのファンイベントのために来日しました!「恋するジェネレーション 」「恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~」「ハベクの新婦」などヒットドラマで知られる彼ですが、映画初出演となった、2018年の興行成績2位というブロックバスター映画『安市城(アンシソン)』で新人賞を総なめ。来日前日の権威ある青龍賞でも新人賞を受賞しました。また、来年2月に放映予定で現在撮影中のドラマ「眩しくて(原題)」(キム・へジャさん、ハン・ジミンさん、ソン・ホジュンさん共演)も話題、人気俳優として期待を一身に浴びています。初めての日本での単独イベントで見せた、そんなジュヒョクさんの素顔をレポート!コメントもいただきました。

    韓流NEWS

    2018年12月4日

  • 愛すべきライジングスター、「愛の温度」のヤン・セジョンさんインタビュー ②

     「師任堂(サイムダン)、色の日記<完全版>」で、ソン・スンホンさんの少年時代を演じるヤン・セジョンさんを初めて観て、「どこからこんな大型新人が出てくるのでしょう??奥深すぎる!」と感心したのが昨年冬。続いて日本で放映された「浪漫ドクターキム・サブ」でも存在感が隠せず、ひとり3役を演じた「デュエル〜愛しき者たち〜」、そして初主演「愛の温度」、先ごろ韓国で放送が終わったばかりの「30なのに17(原題)」と快進撃が続きます。10月に「愛の温度」のファンイベントのため初来日したヤン・セジョンさんは、正直でピュアで、ほんのり天然で自然体。応援せずにはいられないキャラクターで、ファンを魅了。そんなセジョンさんのインタビューを2回に分けてアップします!

    韓流NEWS

    2018年11月15日

  • 愛すべきライジングスター、「愛の温度」のヤン・セジョンさんインタビュー ①

     「師任堂(サイムダン)、色の日記<完全版>」で、ソン・スンホンさんの少年時代を演じるヤン・セジョンさんを初めて観て、「どこからこんな大型新人が出てくるのでしょう??奥深すぎる!」と感心したのが昨年冬。続いて日本で放映された「浪漫ドクターキム・サブ」でも存在感が隠せず、ひとり3役を演じた「デュエル〜愛しき者たち〜」、そして初主演「愛の温度」、先ごろ韓国で放送が終わったばかりの「30なのに17(原題)」と快進撃が続きます。10月に「愛の温度」のファンイベントのため初来日したヤン・セジョンさんは、正直でピュアで、ほんのり天然で自然体。応援せずにはいられないキャラクターで、ファンを魅了。そんなセジョンさんのインタビューを2回に分けてアップします!

    韓流NEWS

    2018年11月1日

  • 再始動!超新星改めSUPERNOVAインタビュー

    来年日本デビュー10周年を迎える人気ダンスヴォーカルグループが、グループ名をSUPERNOVAに改名。第二幕を開け新たなスタートを切り、11月6日に待望のファーストシングルが発売されます!ライブ、堪能な日本語を生かしたTV番組などグループでの活躍はもちろん、ミュージカル、ドラマ、映画と、個人でもマルチに活躍する彼らから目が離せません!

    韓流NEWS

    2018年10月17日

  • ラブコメ王パク・ソジュンさんのオーラ全開!「キム秘書がなぜそうか?」インタビュー

     最新作「キム秘書がなぜそうか?(原題)」のヒットでその人気を不動のものにしたパク・ソジュンさん。9月の”ソウルドラマアワード2018”では「サム、マイウェイ〜恋の一発逆転!〜」の演技で、韓流ドラマ男性演技者賞を受賞、ラブコメのヒット作品が続いたので、ラブコメ王の名をほしいままにしています。リアリティ番組でも注目されCMにも引っ張りだこ、快進撃の続くトップスターに、このドラマのお話と近況を伺いました。質問に丁寧に真摯に答えてくれ、愛犬シンバの話となると屈託ないトレードマークの笑顔を見せるソジュンさん。致命的に完璧なイ・ヨンジュンを演じ、彼の魅力満載の「キム秘書がなぜそうか?」の日本初放送は、Mnetで10月19日からです!

    韓流NEWS

    2018年10月1日

  • 「別れが去った」の演技で注目のアイドル、イ・ジュニョン(U-KISS ジュン)さんに直撃!

    U-KISS、UNBのメンバーとして人気のアイドル、ジュンさん。俳優イ・ジュニョンとして出演し、アイドルとは思えない熱演も話題となったドラマが「別れが去った(原題)」です。この作品は、チェ・シラさんが演じる”母という立場が危うくなった女性”と、チョ・ボアさんが演じる”母になる準備のないまま子を授かる大学生”をめぐる物語。家族や愛について考えさせられる、リアリティ溢れるドラマで高く評価されました。前作「甘くない女たち〜付岩洞<プアムドン>の復讐者〜」で演技に開眼、今作ではチョ・ボアさんの彼を演じたジュンさんは、OST(ドラマ挿入歌)にも参加し大活躍。旬の俳優としてのジュンさんに直撃インタビュー!「別れが去った(原題)」は、9月26日からCS放送局衛星劇場でスタートです!

    韓流NEWS

    2018年9月20日

Read More

Feature

Ranking