天才子役から演技派俳優へ。 ヨ・ジングさん来日

【ライター桂まりの「すきあらば韓流」】

2016年11月8日
小さな名優として親しまれて来たヨ・ジングさん(19歳!)がファンイベントのために来日!
展開が早く、目の離せない脚本の秀逸さ、俳優たちの演技にもうならされる韓ドラ。続々登場するライジングスターたちもからも目が離せなく、蟻地獄のごとくはまってしまう、ヒーリング効果も抜群(?)の韓ドラ作品やスターを、ライター桂まりが、不定期でご紹介いたします!

 8歳でデビュー、観る人をぐっと惹きつける小さな名優として親しまれて来たヨ・ジングさん。彼もすっかり大人な19歳の俳優に。10月には、18歳のとき以来というファンイベントのため、久しぶりに来日しました。15歳の初主演映画「ファイ 悪魔に育てられた子」では、新人男優賞を総なめ。わたしが観たドラマだけでも、「イルジメ〔一枝梅〕」(2008年)、「幻の王女チャミョンゴ」(2009年)、「ジャイアント」(2010年)、「ペク・ドンス」、「根の深い木-世宗大王の誓い-」(ともに2011年)、「太陽を抱く月」、「会いたい」(ともに2012年)、「テバク」(2016年)、映画「ファイ 悪魔に育てられた少年」(2013年)と、どの作品もヨ・ジングさん出演シーンの演技には心奪われて来ましたし、また彼が出演する作品はヒットするとも言われています。実際の彼は、明るく努力家で、お茶目で、終始にこやか。前回のイベントに納得できず、今回は、約3ヶ月間、日本語、歌、ギターを猛特訓したそうで、感動的な成果を披露して、会場を沸かせました。

 休みの日は、「干物男で、部屋着でじっと動かずに、映画を観ています。最近は古い映画をよく観ていて、黒沢明やヒッチコックを観ています」、「友人達と会って、誰かの家で遊ぶ」など、いたって普通の大学生。座右の銘は「春は誰にも来るけれど、人生の春は努力した者だけに来る」と(日本語で、しかも自作!)。趣味は音楽、映画鑑賞(辞書で調べて漢字で紹介!)いったい、本当は何歳?と思ってしまうほど優秀すぎる息子を誇りに思う気分にさせられ、会場のファンの視線を最大限に熱くしていました。ちなみに、小さい時から時代劇で親しんで来ている乗馬も趣味だそう。
 
 また、現在、注目の時代劇映画「代立軍(仮題)」の撮影中で、いま、自分の年齢でしか演じることのできない光海王を演じたいと語っていました。子供の頃と今、演ずるときの違いは、「例えば怒りを表現するとき、怒ったあとの感情にどう結びつけて表現するか、などを考えるようになりました」といいます。化粧品の広告モデルも務める爽やかな笑顔、透明感のある低音ヴォイスも兼ね備え、これからもますます楽しみな俳優のひとりです。
 
 日本では、時代劇ドラマ「テバク」が再び放送されます。撮影現場では、同じく子役出身のチャン・グンソクさんとは、すぐに打ち解けたそうです。お見逃しなく!


チャン・グンソク主演「テバク~運命の瞬間(とき)~」(C)SBS
チャン・グンソク主演「テバク~運命の瞬間(とき)~」では  ヨニン君/のちの英祖(ヨンジョ)を演じました。(C)SBS
******************************************************************

チャン・グンソク主演「テバク~運命の瞬間(とき)~」

WOWOWプライムにて11月25日(金)スタート〔第1話無料放送〕

毎週金曜夜7:30~(2話ずつ放送)

******************************************************************

2008年放送『イルジメ〔一枝梅〕』
『イルジメ〔一枝梅〕』では主人公の幼少時代を演じました。(C)Chorokbaem Media Co., Ltd. / SBS Productions Inc.
『イルジメ〔一枝梅〕』
コンパクトDVD-BOX[スペシャルプライス版]
発売中
価格:¥5,000+税
発売・販売元:ポニーキャニオン



桂まりさん●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」

What's New

  • ドラマ「ハベクの新婦」で好演のコンミョン(5urprise)さんインタビュー

    2015年11月の5urprise の日本CDデビュー時にも、インタビューに応じてくれたコンミョンさん。その後、ドラマ「華政(ファジョン)」、「タンタラ〜キミを感じてる」、「おひとりさま〜一人酒男女〜」などに立て続けに出演。ドラマだけでなく、バラエティ、MCなど多忙を極めている。そんなコンミョンさんが自由奔放な神役に挑んだ、最新作ドラマ「ハベクの新婦」が日本でも初放映中だ。次回作「ピョンヒョクの愛」も、「また、オヘヨン」の監督の注目作。ちなみに、弟のドヨンさんもアイドルグループNCT127で活躍中。「ハベクの新婦」撮影直前の、東京でのファンイベントでも、「最近ドヨンは忙しい」と勉強中の日本語で繰り返し話し、笑いを誘っていた。12月に5urpriseでの来日も決定している。

    すきあらば韓流

    2017年10月13日

  • 映画『あなた、そこにいてくれますか』でも注目のピョン・ヨハンさんインタビュー

    ドラマ「ミセン-未生-」や「六龍が飛ぶ」でも、その圧倒的な存在感で知名度を上げた俳優ピョン・ヨハンさん。彼の出演する待望の映画『あなた、そこにいてくれますか』が10月14日(土)より公開となる。韓国で『ラ・ラ・ランド』超えした大ヒット作だ。ヨハンさんが、この映画はもちろん、次回作の予定まで、語ってくれた。温かく、懐かしく、考えさせられるすてきな映画なので、ぜひ映画館に足を運んで!

    すきあらば韓流

    2017年10月4日

  • アイドルから人気俳優へ。 パク・ヒョンシクさんファンイベントで来日!

     2010年K-POPグループZE:A(ゼア)のボーカル担当としてデビュー、最近は俳優としても活躍中のパク・ヒョンシクさんが、8月末に、ファンイベント「2017 PARK HYUNG SIK FANMEETING IN JAPAN 夏の日、僕らの一歩 」で、約1年ぶりに来日。ソウルでのイベントに続き、大盛況だった。

    すきあらば韓流

    2017年9月26日

  • チャンソンさん(2PM)らが初挑戦!ミュージカル「ALTAR BOYZ」

    2005年にNYのオフ・ブロードウェイで上演されて以来、韓国や日本でも公演を重ね、愛されて来たミュージカル「ALTAR BOYZ」。チャンソンさんらが、ミュージカルに初挑戦して話題に!

    すきあらば韓流

    2017年9月4日

  • 次元を超えた面白さ!「秘密の森」、サスペンスの沼にハマる

    またもや、ハマってしまった。毎話終わり場面に「えええええっ!」と声を上げてしまうほど、止まらなくなる全16話のサスペンスドラマ。「映画より映画」と称賛されるなど、いま最も話題の大ヒットドラマが、この「秘密の森」だ。

    すきあらば韓流

    2017年8月2日

  • ”演技の化身”チョ・ジョンソクさん、 3年5ヶ月ぶりに来日ファンイベント開催!

     このコラムで、映画『あの日、兄貴が灯した光』インタビューにも真摯に応えてくれ、その優しい人柄が伝わったチョ・ジョンソクさん。久しぶりのファンイベントは、初のアジアツアー!最終日の東京公演のパファーマンスと熱気はさすがのひとこと!!

    すきあらば韓流

    2017年7月25日

  • 「太陽の末裔」から「被告人」まで、 ヒット作が続くキム・ミンソクさんの素顔

     「美男<イケメン>バンド~キミに届けるピュアビート」で2012年にドラマデビュー。ソンソンカップル結婚のきっかけとなった「太陽の末裔」でブレイク、日本で放映中の話題作「被告人(原題)」でも存在感を発揮しているキム・ミンソクさんが、単独初ファンイベントで来日。素顔のミンソクさんとは?

    すきあらば韓流

    2017年7月12日

Magazine

Instagram

Facebook

Twitter

Feature

Ranking

Keywords