アラフォー女性の9割以上にコンプレックスがある! コンプレックスとの付き合い方は?

アラフォー女性たちのコンプレックスについて調査。コンプレックスとうまく付き合っていくための方法とは?
コンプレックスを抱えている女性
版権:fizkes/Shutterstock.com

働くアラフォー女性320人にアンケート調査。

「コンプレックスがありますか?」という質問に「YES」と回答したのは93%でした。具体的に抱えているコンプレックスについて聞いてみると、断トツで多かったのが“身体”にまつわるコンプレックス。あがった回答とまとめました。

 

・胸が小さい

・身体が大きい

・背が高い

・背が低い

・色黒

・白髪が多い

・太りやすい、太っている

 

生まれ持ったものや努力ではなかなか変えられないことがコンプレックスになっているのですね。身体のこと以外ではこんな回答も。

 

「離婚後に再婚していないこと」(きねこさん)

「未婚で40代になったこと」(かりんこさん)

「大学入試に失敗したこと。『今どき大学を出ていないなんて』と言われたことがある」(へいぞうさん)

「高齢出産なので保育園ママの間では断トツに高齢。キラキラとした若いママたちの間で容姿の衰えに悩みます」(Ondinaさん)

 

“結婚していないこと”、“学歴”をコンプレックスに感じている人が1割ずついました。結婚をしない人生を選択している人もいると思いますが、結婚願望があってもなかなかご縁がない場合はコンプレックスに感じてしまうかもしれませんね。今なお学歴社会が根付いている日本では、学歴がないことで嫌な思いをすることもあるかも……。でも、学歴コンプレックスを吹き飛ばす努力をしているアラフォー女性もいました!

 

アラフォー女性たちはコンプレックスとどう向き合っているのでしょう?「コンプレックスとの付き合い方」について聞きました。

 

身体にまつわるコンプレックス

「メイクや着こなしでカバーする」(Satineさん)

「ほかに自分の魅力的なところを探し、そこを活かすようにしている」(reoさん)

「自信を持てるように努力する」(mikiさん)

「ほかの良いところに目を向ける」(マロンさん)

 

結婚してないコンプレックス

「結婚している人と比べない、今の生活を楽しむ」(satさん)

「自分は自分、他人と自分を比較しない」(おにちゃんさん)

「現状を肯定的に捉えて、『これでいいのだ』とバカボンパパの言葉を唱える」(かぽねーぜさん)

 

学歴コンプレックス

「資格を取得し自信をつける」(ゴーヤーちゃんさん)

「人間性を磨き、仕事で信頼を得る」(へいぞうさん)

「常に仕事のスキルアップをして、やりたい仕事ができるように努力している」(ミルクティーさん)

 

その他のコンプレックス

「落ち込むことはあっても、きちんと見つめ直し、前向きに捉えるようにしている」(ゆりさん)

「自分を知り、自分にできるベストを尽くす」(minaさん)

 

コンプレックスはネガティブなイメージが強いですが、コンプレックスがあるとそれを少しでも良くしよう、乗り越えようと努力するはず! コンプレックスがあるから人は成長できるのかもしれません。


あなたにオススメの記事:

文/Yuko Aoki

What's New

Read More

Feature

Ranking