肌のエイジングは待ってくれない!5分で寝たい時の夜・時短美容

2018年11月29日
【アラフォー的時短美容】お疲れでも、この5分をやるかやらないかで未来永劫、あなたの肌に影響すると思って
仕事で忙しい、子育てで忙しい。理由は人それぞれあれど、日々時間に追われているアラフォーに時短美容は必修科目! あなたの時短美容のレベルを上げるノウハウを今一度、総ざらい!

☆私たちがジャッジ!

ヘア&メイクアップ アーティスト 広瀬あつこさん

ヘア&メイクアップ アーティスト 広瀬あつこさん

マニアックな美容テクや時短でもキレイになれるメイクなど、常に技術を更新!
トータルビューティ アドバイザー 水井真理子さん

トータルビューティ アドバイザー 水井真理子さん

女性それぞれのライフスタイルに合った美容テクを提案。大人時短美容に一家言アリ

■5分で寝たい時の夜・時短美容

1.クレンジング
W洗顔不要のクレンジングでしっかりクレンズ
時短美容でもメイクオフはマスト! 洗い流せてW洗顔不要、薄いポイントメイクなら落とせるタイプを選べば、クレンジング時間が短縮に。夜スキンケアで最も大切なのは、一日の肌の汚れをきちんと落とすことと心得て。

  • 美容液成分を58%配合。ぷるぷるジェリー状。コクのある感触でメイク汚れとよくなじむ処方。エスト クレンジングエッセンス エンリッチド ジャータイプ190g¥4,500/花王
  • オーガニック認証を受け、100%自然由来成 分のミルクがメイクとなじむとオイル状に変化、メイクオフ力の高さが自慢。保湿成分もたっぷり。モイスチャー クレンジングミル ク 100㎖¥3,000/ヴェレダ・ジャパン

2.保湿

step 1 手で温め
高機能クリームを通常の使用量の1.5倍手に取り、手のひらで体温に温め、ゆるませる。肌への滑りとなじみのいい状態にして素早く浸透させるのが時短ケアには大切。

step 2 内から外へとのばして
クリームを塗布するのは、通常のスキンケアと同等に内側→外側へ。乾燥する部分からスタートし、時短テクでも効率よく潤いを与えられるように工夫を。

step 3 ハンドプレスで入れ込み
ハンドプレスをして、ぐっと肌へクリームを入れ込んで。早く眠りにつきたいなら、ベッドに移動しながらでもOK。この工程を省きたいなら、化粧水をつけるべき!

☆こんな日こそ、とっておきの高機能クリームをたっぷり

  • 肌のエイジングの根源、慢性炎症を予 防するクリームがパワーアップ。オールージュクレームリッシュ 50㎖¥41,000/イヴ・サンローラン・ボーテ 
  • 肌荒れを予防し、ハリとツヤのある肌に導く最高級クリーム。カネボウ ザ・クリーム 40㎖¥120,000/カネボウインターナショナルDiv. (医薬部外品) 
  • コラーゲン、エラスチンを建てなおし、質の高い状態にしてくれる。オバジ ダーマパワー X ステムリフト  クリーム 50g¥10,000/ロート製薬

■ただし…夜時短を選ぶならこれ、マストです!

Point 1)通常モードのケアはエイジング4ステップケアを
「時短美容はあくまで、どうしても時間がない日の緊急ケアなので、ふだんのスキンケアはクレンジング→化粧水→美容液→クリーム (または乳液)のエイジング4STEPケアで! 肌を育てておけば、たまの時短ケアでもダメージを受けにくいんです」(水井さん)

Point 2)皮膚温を上げるための血流アップを心がける
「肌が冷えたり、めぐりが悪い状態だとスキン ケアが効きにくい。ふだんから血流を上げるスキンケアやマッサージなどで"肌の冷え予防"を。めぐりのよい肌なら、時短美容でも成分を引き込む力がプラスに働きますよ」(水井さん)

微細な高密度炭酸泡で出てくる美容液。血管力をサポートし、奥から元気でツヤのある肌へ。洗顔後の肌に使うブースター。ソフィーナ iP ベースケアエッセンス  90g¥5,000(編集部調べ)/花王

Point 3)アイクリームを絶対に使う!
「時短美容では目もとケアまで行き届きにくい。すぐに乾燥や小ジワなど、年齢が出やすいパーツなので、毎日のお手入れでアイクリームは必須です。時短スキンケアを陰ながらサポートしてくれます」(水井さん)

  • 目もとのハリ密度を高め、エイジング悩みにストレートに働きかける黒のクリーム。ソワン ノワール クレーム ユー 15㎖¥25,500/パルファム・ジバンシイ〔LVMHフレグランスブランズ〕 
  • 肌を引き上げるような使用感で、エイジングだけでなく、スマホやPCで酷使している目もとに栄養を与え、クリアな肌へ。B.A アイゾーンクリーム 26g¥18,000/ポーラ
【Marisol12月号2018年】撮影/藤澤由加(人物) 大石葉子(TENT/物)ヘア&メイク/広瀬あつこ スタイリスト/程野祐子 モデル/ななみ 取材・文/松井美千代 構成/原 千乃

What's New

Feature

Ranking