ワントーンで、あか抜け&しゃれ見え!美肌度の高い「カシスモーブ」メイクにチャレンジ!

2018年12月11日
たおやかな色香あふれるミステリアスな女性を演じて
アラフォーに大人気の「ワントーンコーディネート」だけど、この秋はメイクもワントーンで仕上げるのがおすすめ!

私が教えます!

ヘア&メイクアップアーティスト 岡野瑞恵さん

ヘア&メイクアップアーティスト 岡野瑞恵さん

ヘア&メイクアップアーティスト。トレンド感を取り入れながら、女性一人ひとりの個性を引き出すメイクと、わかりやすい解説でおなじみ

目、唇、頰。均等バランスがセンスの決め手
 まとえば誰でも女っぽく。そのうえ知的さやミステリアスなムードも醸し出せるのがカシスモーヴ。「青みが入った色を日本人の黄み肌に合わせると洗練されて見えるんですよ。肌がくすみそうでくすまない、ちょうどいいかげんになじんで上品顔に」と岡野さん。目もとはカシスモーヴを中心としたグラデーションでしっとりと。リップはマット質感を選んで、ふっくら描き、チークで高揚感を。「目もと、口もと、頰とすべてが同程度の強さで、ほどよく寄り添っているほうがキレイ。特にチークが浮きすぎると昔っぽくなるので注意」。優しいけれど、一筋縄ではいかない……そんな一面を感じさせてこそアラフォーの魅力全開!

[カシスモーブ]
カシスを連想させる赤系パープル。肌なじみを上げる赤みトーン、透明感を出す青みトーンが混じっていて、美肌度が高い。ただし青っぽすぎる色は不健康なので避けて

こんな時にはカシスモーブ

☆定番服に今年っぽさを加えたい時に

☆ブラウンやカーキ系のファッションに

☆ニットなどカジュアルな服にも

カシスモーブを使ったアイメイク

\目、頬、唇は同じくらいの強さに/


使用アイテム&HOW TO ワントーンメイク

【EYE】
カシスモーヴ(左から3 番目)を黒目の上から周囲に広げる。ベージュ(左から2 番目)をアイホールに、淡ベージュ(一番左)を上まぶた全体に。パープルブラウン(一番右)をキワに入れ、黒のリキッドラインを引く。カシスモーヴを下まぶた全体に細く入れ、ベージュでぼかす。

スモーキートーンで女っぷりをアップ。締め色からベース色まで入ってグラデも簡単。SHISEIDO エッセンシャリスト アイパレット 06¥4,000/資生堂インターナショナル 


【LIP】
カシスモーヴの口紅を唇がふっくら見えるように塗る。

マット質感が今年らしい。深く引き込まれそうな唇になるソフトなカシス色。ルージュ ドゥ アルマーニ マット 501¥4,200/ジョルジオ アルマーニ ビューティ


【CHEEK】
カシス色を頰の高い部分から外側にふわっとのせる。

カシスモーヴで頰を染めれば、とたんに秋冬モード。パール効果で濃色でも適度な色づき。ブラッシュクチュール 10¥6,000/イヴ・サンローラン・ボーテ 
ワンピース¥26,000/ドロワット・ロートレアモン ネックレス¥6,000・リング¥3,000/ライフズ 代官山(トゥデイフル)
撮影/向山裕信(vale./人物) 河野 望(物) ヘア&メイク/岡野瑞恵 スタイリスト/程野祐子 モデル/樋場早紀(マリソルビューティ専属) 取材・文/入江信子

What's New

Read More

Feature

Ranking