SNSフォロワー1008万人!ナム・ジュヒョクさん単独来日初イベントレポート&コメント!

 SNSのフォロワーが1008万人を超え、世界中のファンに愛される俳優ナム・ジュヒョクさん。11月24日に、待望の、初めての日本でのファンイベントのために来日しました!「恋するジェネレーション 」「恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~」「ハベクの新婦」などヒットドラマで知られる彼ですが、映画初出演となった、2018年の興行成績2位というブロックバスター映画『安市城(アンシソン)』で新人賞を総なめ。来日前日の権威ある青龍賞でも新人賞を受賞しました。また、来年2月に放映予定で現在撮影中のドラマ「眩しくて(原題)」(キム・へジャさん、ハン・ジミンさん、ソン・ホジュンさん共演)も話題、人気俳優として期待を一身に浴びています。初めての日本での単独イベントで見せた、そんなジュヒョクさんの素顔をレポート!コメントもいただきました。
SNSフォロワー1008万人!ナム・ジュヒョクさん単独来日初イベントレポート&コメント!_1_1-1

1/9

SNSフォロワー1008万人!ナム・ジュヒョクさん単独来日初イベントレポート&コメント!_1_1-2

2/9

SNSフォロワー1008万人!ナム・ジュヒョクさん単独来日初イベントレポート&コメント!_1_1-3

3/9

SNSフォロワー1008万人!ナム・ジュヒョクさん単独来日初イベントレポート&コメント!_1_1-4

4/9

SNSフォロワー1008万人!ナム・ジュヒョクさん単独来日初イベントレポート&コメント!_1_1-5

5/9

SNSフォロワー1008万人!ナム・ジュヒョクさん単独来日初イベントレポート&コメント!_1_1-6

6/9

SNSフォロワー1008万人!ナム・ジュヒョクさん単独来日初イベントレポート&コメント!_1_1-7

7/9

SNSフォロワー1008万人!ナム・ジュヒョクさん単独来日初イベントレポート&コメント!_1_1-8

8/9

SNSフォロワー1008万人!ナム・ジュヒョクさん単独来日初イベントレポート&コメント!_1_1-9

9/9









イベント来日の翌週、ディオールのメンズプレ・コレクションのショーに参加するため再来日。ケイト・モス、デビッド・ベッカムらとともに招待されて話題に
 4月のKCONで「ハベクの新婦」のドラマイベントにも来日参加しましたが、単独ファンイベントでの来日は今回が初めて。渋谷の会場AiiA2.5 Theater Tokyoでのイベントは、チケット申し込み率はキャパシティの6倍を記録。即完売になったことからも彼の並々ならぬ人気ぶりがうかがえます。ランウェイなどでも活躍した塩顔のファッションモデル出身、身長187センチという人間離れしたスタイルの良さで歌を披露しながら舞台に登場すると、ファンの歓声が!普段から「カラオケで歌うのが好き」ということで、「キーが高い曲なので、高音が出るか心配、出なかったらすみません」と照れながら3曲、しかもイベントを締めくくるラストナンバーでは美しい日本語で尾崎豊の名曲「I LOVE YOU」も歌い上げていました!!

 トークコーナーでは、役者になったきっかけが、初めての日本、沖縄ロケで出演したMVを見た監督からのオファーだったことなどを明かし、映画の撮影エピソードでは、「時代劇だったため、重い鎧をつけて一日中馬に乗っていた日もあって、早く降りたいと思ったこともありました」「楽して稼いでいるんじゃないか、と幼馴染に言われたりしていたんですが、映画を観て、本当に大変なんだね、って言われました(笑)」と語ったり。

 中学生の頃バスケット選手を夢見ていたけれど、怪我で挫折。身長はそのバスケットのおかげで伸びたようです、と言い、一年生の頃158センチだったのが、卒業する頃には184センチに伸びていたそうです!また、好きな日本食はラーメン、ハイボール、生ビール。好きな色は、”暗い系統の色”で、黒、グレー、グリーンだそうです。そして、ストレス解消法は「3つあって、”ひとつめ(日本語)”はゲーム、”ふたつめ”は寝転んで天井を見てぼーっとする、”みっつめ”は散歩をする」。ゲームは準プロゲーマー並みらしく、「僕はバトルグラウンドというゲームで、アジアで1500位なんです、すごく誇らしいです」と自慢していました。

 「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」で共演した親友で俳優ジスさんからの応援ビデオメッセージもあり、「ジスとは、あ、BLACKPINKのジスじゃなくて(笑)、俳優のジスとは、さっきも出れなかったけど電話があったり、毎日連絡を取り合う仲なんですが、”僕も機会があったら日本でファンミーティングがしたい”って、応援メッセージなのに自分のPRしてましたよね(笑)!?」と突っ込みを入れていました。それから、ジュヒョクさんのオススメのソウルの美味しい店は、イテウォンのベトナム料理だそうで、気になります!

 また、幕間に流れた東京でのオフタイムの映像が洒落ていて秀逸で、さすがBIGBANG、WINNER、iKON、BLACKPINK、俳優ではチェ・ジウさん、カン・ドンウォンさんらが所属する大手芸能事務所、YG ENTERTAINMENT。映像からは、お化け屋敷で絶叫、怖がりがすぎるジュヒョクさんの素顔がうかがえました。彼が客席に降りて来てファンの質問に答えるコーナー、ファンのために選んだプレゼントありのゲーム、フォトタイムなど内容の濃い時間はあっという間に過ぎてしまいました。終始ファン思いの彼らしい温かさ溢れる、すてきなイベントでした。来年3月には、大阪でのイベント開催も決定したそうなので、要チェックです!

 イベント翌日、役者としての強みはどんなところにあると思いますか、と伺うと「常に成長しているところ、自分に厳しいところ、まだまだですが、ずっと努力し続けることができることです」と、迷うことなく答えてくれました。失敗を恐れず、むしろ糧にしながら邁進する、スポーツ選手を目指していた彼ならではの答え。映画で共演し、皆が憧れる理由がわかった、という、チョ・インソンさんのように、演技はもちろん、現場で常に周りに寂しい人がいないかなど、気を配れる役者になりたいとも。これからますます注目の、そして伸び盛りの24歳の俳優さんです。


桂まり●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!

What's New

  • 鳥肌ものの演技にハマる、イ・ジュンギさんの「悪の花」

    演技派そして努力家で知られるイ・ジュンギさん。映画『王の男』で、”女よりきれいな男”と注目され、「アラン使道伝」「TWO WEEKS」「無法弁護士〜最高のパートナー」などヒット作で知られる俳優です。彼の2年ぶりのドラマ復帰作となったのが、サスペンスラブストーリーの話題作「悪の花(原題)」。「2020 アジア アーティスト アワード」でもこの作品で、アジアセレブ賞と、「サイコだけど大丈夫」のソ・イェジさんと並びベストアーティスト賞を受賞(奇しくも「無法弁護士」カップル!)しました。イェジさんも「悪の花」のファンだと絶賛。授賞式でジュンギさんは「コロナ禍ですが、”悪の花”は、悪意に満ちたところにも花は咲く、ということです。もうすぐ全世界に花が咲く日が来るでしょう」とくくりました。そんな「悪の花」の日本放送がMnetでスタートします!14年共に暮らしてきた夫が、血も涙もない連続殺人犯なのでは?と疑い追跡する妻で刑事役を、「クリミナル・マインド: KOREA」でも共演したムン・チェウォンさんが演じます。息を飲む展開で、ジュンギさんの演技にグイグイ引っ張られる良作なのでぜひ!!

    韓流NEWS

    2021年1月1日

  • 「愛の不時着」が話題をさらった2020年。締めくくりの年末、韓国ドラマの沼にハマるのもいい!話題作のまとめ

    寒さきびいしいこの時季、ホットドリンクを片手に韓流ドラマにどっぷりハマってみませんか? 日本のNetflixで2020年人気作品ランキング2位の「梨泰院クラス」、最後まで緊張感が続くサスペンス、人間模様を温かく描いた医療ドラマなど、ハマる人続出の話題作をMarisol ONLINEライブラリーから7本リストアップしました!

    韓流NEWS

    2020年12月30日

  • 中毒性の高い韓国映画がおもしろい!グイグイ引き込まれる話題作のまとめ

    一度ハマったら病みつきになる中毒性の高さも魅力の韓国映画。韓国映画というとラブコメのイメージが強いかもしれませんが、痛快アクションコメディや人間ドラマも完成度の高い作品がたくさんあります! ドラマは長すぎるという人にも映画はおすすめ! グイグイ引き込まれてしまう話題の韓国映画を、Marisol ONLINEライブラリーから6本ご紹介します。

    韓流NEWS

    2020年12月29日

  • おうちでゆっくり観たい!心温まる大ヒット韓流ドラマのまとめ【ラブストーリー&ラブコメディ】

    今冬はおうちでゆっくりと韓国ドラマを観て過ごしませんか? 笑えて泣けて胸キュンする韓国ドラマで、心を温めましょう! ドラマの面白さを決めるのは、ストーリー、脚本、演出などさまざまな要素がありますが、韓国ドラマにおいて重要な要素は俳優! 俳優のインタビューから観たいドラマを決めるのもおすすめです。それでは、Marisol ONLINEライブラリーから、心温まる韓流ドラマをご紹介します。

    韓流NEWS

    2020年12月27日

  • 話題作『新感染半島 ファイナル・ステージ』のヒーロー、カン・ドンウォンさん降臨

    2016年、度肝を抜かれ、ゾンビ映画の未来を感じたヨン・サンホ監督の『新感染 ファイナル・エクスプレス』。その4年後の世界を描いた『新感染半島 ファイナル・ステージ』が1月1日に公開されます!!パワーアップしてさらに痛快、そして前作同様深く考えさせられるウェルメイドな作品で、韓国やアジア、欧米では7月に公開され大ヒット。前作同様、カンヌ国際映画祭公式作品に選出され、映画祭の総代表も「『パラサイト 半地下の家族』のポン・ジュノに続く韓国を代表する監督による素晴らしい映画」と絶賛しています。今作の主演は、韓国では誰もが認めるイケメンの代名詞で、神懸かった十頭身の演技派カン・ドンウォンさん。魅力満載なので、さらにファンが増えそうです。彼は、是枝裕和監督の初の韓国映画演出となる『ブローカー(仮)』が来年クランクイン予定!しかも共演はペ・ドゥナさんとソン・ガンホさんだそうです。また、娘たちを守り戦う女性を、マリソル世代のイ・ジョンヒョンさんが演じています。彼女の長女で、異次元のハンドルさばきを披露するジュニを演じたのは、14歳のイ・レさん。2014年の『犬どろぼう完全計画』から、「六龍が飛ぶ」「アルハンブラ宮殿の思い出」『ガール・コップス』『無垢なる証人』などで注目して来た女優さんです。ちなみに、ドンウォンさんの義理の兄を演じたキム・ドユンさんとイ・レさんは、ヨン・サンホ監督の次回作となるドラマ「地獄」でユ・アインさん、パク・ジョンミンさん、ヤン・イクチュンさん、キム・ヒョンジュさん、ウォン・ジナさんらと共演するそうで、こちらも楽しみです!

    韓流NEWS

    2020年12月15日

  • 「偶然見つけたハル」の注目株イ・ジェウクさんに大接近!!

    視聴者による人気賞も受賞した話題作「偶然見つけたハル」で、SF9のロウンさん演じるハルのライバル、ベクヒョンを演じたのがスーパールーキー、イ・ジェウクさんです。ストリートファッションをまとい軽やかにスタジオに登場した彼は、フレッシュな魅力のオーラに包まれていました。「アルハンブラ宮殿の思い出」でデビュー。「恋愛ワードを入力して下さい〜Search WWW〜」の若手俳優役で注目され、「偶然見つけたハル」でも心に傷を負い、ヒロインに冷たくあたってしまう青年を繊細に演じ、その存在をアピール。「天気が良ければ訪ねて行きます」を経て、最新作「ドドソソララソ」では初主演を果たしました。その撮影現場には事務所の先輩、あのヒョンビンさんからコーヒーカーの差し入れも!この愛すべきニューカマーは、「偶然見つけたハル」でロウンさんとともにMBC演技大賞新人男優賞を受賞、百想芸術大賞でも新人男性演技賞にノミネートされ、11月29日には2020Asia Artist Awardsで「夫婦の世界」のハン・ソヒさんとともに新人賞を受賞、快進撃を続けています。そんなジェウクさんの素顔に大接近です!

    韓流NEWS

    2020年12月1日

  • 人気急上昇!「偶然見つけたハル」で初主演、ロウンさん(SF9)インタビュー

    初主演作「偶然見つけたハル」でライジングスターとなったSF9のロウンさん。韓国では演技もできるアイドルを演技ドルといい、彼がそのひとりとして認められた作品でもあります。名もなきエキストラだったハルを好演、ハルは次第に「こんなイケメンうちのクラスにいたっけ?」と言われる”漫画を破って出てきたような男=マンチンナム”として注目を集めていきます。ヒロインのへユンさんも初主演だったのですが、ドラマが始まるやいなや、その面白さに瞬く間に視聴率を上げた話題作。身長差にもときめくと言われたカップルには、その身長差でお互いの声がよく聞こえなかったとのエピソードも。とにかく、ロウンさんの代表作となったこのドラマ。ただの学園ものではなく深く共感でき、最後まで引き込まれる謎解きもありと緻密なストーリーなので要チェックです!!美しいカメラワークや映像にも心奪われます。このドラマの大ヒットで時の人となり多忙を極めるロウンさん。マリソルの質問にひとつずつ丁寧に、真摯に答えてくれる姿が印象的でした。190.5センチの神スタイルで、スーツも素敵に着こなしていました!9月に授賞式のあったソウルドラマアワード2020でも、「梨泰院クラス」「愛の不時着」などと並び優秀賞に輝いた作品。放映から一年以上経った今でもファンの「オハル」(タイトルの略)愛は深く、宝物のようなドラマなのでお見逃しなく!

    韓流NEWS

    2020年11月13日

  • 待望のアーティストデビュー!イ・ミンヒョクさんに聞くK-POP&K-Beauty

    12歳から両親の仕事の関係で日本在住であり、ダンサー、イベントMC、youtubeの活躍などで注目されているマルチタレント、イ・ミンヒョクさん。人気大型オーディション番組でもファンを増やし、11月に待望のアーティストデビュー、オンラインファンミーティングも控えています。コロナ禍でも変わらず世界で注目を浴び、ビルボードを賑わせているK-POPアーティストたち。10月のBTSのオンラインコンサートは2日間で99.3万人が視聴、Netflixで配信中のBLACKPINKのドキュメンタリー「BLACKPINK~ライト・アップ・ザ・スカイ~」ではシャネルのアンバサダーも務めるジェニーが、厳しい練習や競争の繰り返しだった練習生時代が一番”K-POP”だったと語っていたのが印象的でした。韓国コスメ、VTやNATURE REPUBLICなどいくつもの韓国コスメのイメージモデルも務めたり、熱心なスキンケア通でも知られるミンヒョクさん。K-POPの話や、美肌の持ち主の彼のオススメコスメなどをうかがいました!

    韓流NEWS

    2020年11月1日

Read More

Feature

Ranking