ぷちぷちスパイラルが止まらない美味しさ!イクラととんぶりのお寿司【平野由希子のおつまみレシピ #38】

12月はシャンパーニュに合うおつまみレシピを3回に分けてご紹介。2回目は、イクラととんぶりのお寿司
【今月のお酒】シャンパーニュ
日本の赤ワイン
(右)ラルマンディエ べルニエ ロンジテュード プルミエ・クリュ ブラン・ド・ブラン
(左)ダヴィッド レクラパール ラマトゥール プルミエ・クリュ ブラン・ド・ブラン
(右)ブラン・ド・ブランの聖地といわれるコート・デ・ブ ランにあるレコルタン・マニピュラン(小規模自家栽培・醸造業者)。ビオディナミ農法、手摘み、天然酵母発酵。シャルドネ100%。750㎖¥7,800(希望小売価格)/木下インターナショナル 

(左)トレパイユにある小さな蔵元。ビオディナミ農法、単一品種、単一ヴィンテージ。高品質なぶどうを得るため、収穫量を平均の30%に抑えている。門出のリキュール無添加。ピュアで奥深い味わい。シャルドネ100%。750㎖¥9,200(希望小売価格)/ヴォルテックス
「大人は寿司シャン!」と話す平野さん。お寿司とシャンパーニュという魅惑的な組み合わせは、誰もが好きな味。「赤と黒のこのお寿司は華やかで見栄えがいいですね。しかも寿司めしに具をのせるだけだから、とっても簡単! プチプチした食感のとんぶりは、キャビアのイメージで。自然派のブラン・ド・ブランのシャンパーニュなら、魚卵も生ぐさみを感じることなく楽しめます」
【レシピ】イクラととんぶりのお寿司
シャンパンに合わせたいいくらととんぶりのお寿司

【材料(作りやすい分量・4人分)

米 2合
イクラ 100g
とんぶり 70g

A 米酢 大さじ3
 砂糖 大さじ1
 塩 小さじ1

B しょうゆ 小さじ2
 オリーブオイル 大さじ1

【作り方】
① 米は普段より1割減らした水加減でかために炊く。Aを混ぜ合わせておく。

② ①が炊き上がったらすぐ大きなボウルなどに移し、熱いうちにAを加えて混ぜ、うちわであおいで冷ます。

③ とんぶりにBを加えて混ぜ合わせる。

④ ②の寿司めしを器に盛り、③とイクラをのせる。好みで適宜混ぜながらいただく。


【Point】

ぷちぷちスパイラルが止まらない美味しさ!イクラととんぶりのお寿司【平野由希子のおつまみレシピ #38】_1_3

ご飯が炊き上がったら大きめのボウルなどに移し、熱いうちにAを加える。飯台があれば、よりベター。余分な水分が吸収されて粒の立った寿司めしになる。

 
次回は12月15日(土)19時半更新予定。お楽しみに。
  • 平野由希子
  • 料理研究家、日本ソムリエ協会認定ソムリエ、フランス農事功労章シュヴァリエを叙勲。ワインバー「8 huit.」オーナー。フレンチをベースにしたおしゃれな料理とワインのペアリングを学ぶ、少人数制の料理教室「cuisine et vin」を主宰。詳細はホームページで。https://www.yukikohirano.com/
撮影/邑口京一郎 スタイリスト/駒井京子 取材・文/海出正子 

What's New

Read More

Feature

Ranking